シードアーのダイビング日記   
(ダイビングの話でない時も有りますが、本部とシードアーの最新情報を・・・)

今月のページ     トップページ

※グーグルクロムの場合、正しく見れない場合が有ります。

2024年 1月 2月 3月 4月 5月
2023年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2022年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2021年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2020年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2019年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2010年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2009年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2008年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2007年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

 2024年 6月 17日 (月)     
 【 水納島で4ダイブの日。  】
   
天  候    曇 雨
気  温     26度
水 温    24度
透視度    30m


今日のゲスト様は、シードアーに十数年も来て下さっているゲスト様です。

私よりも人生の先輩ですが、初めてお会いした頃と変わらず、とてもお元気です。

今日も、雨予報ですが、少し晴れ間が出てきましたので、皆さんで「梅雨明け宣言。」をしました。


普段、あまり興味を持つ事の無いツノダシも、群れるととてもきれいです。


しばらく会うことの出来なかったハナヒゲウツボの成魚と出会えました。

とても臆病な個体で、今にも引っ込みそうでした。


本部でダイビング! GO DIVE!

 2024年 6月 16日 (日)     
 【 霧のサンフランセソコブリッジ 。  梅雨明け宣言をしちゃいました。  】
   
天  候    曇 雨
気  温     26度
水 温    24度
透視度    30m


今朝は、濃霧に包まれました。

外は真っ白な世界です。

雪の降らない沖縄では、周りが白くなる事が少ないので、心が惹かれます。

まさに「霧のサンフランセソコブリッジ。」

ロードパークに車を止めて、写真を撮りました。


大雨警報が出ていますが、何故が晴れ間が出ました。

随分、久しぶりです。


空を見上げて、思わず「梅雨明けですね。」と、皆で梅雨明け宣言した日でした。


本部でダイビング! GO DIVE!

 2024年 6月 10日 (月)     
 【 水納島 ・ 瀬底島で4ダイブの日  。  】
   
天  候    曇 雨
気  温     26度
水 温    24度
透視度    30m


以前、水納島に居たプレデターの様に、周りの景色に同化しているオオモンカエルアンコウを思い出すようなクマドリカエルアンコウです。


去年6月は黒色でした。〔下の写真〕。
7月になって赤になり、8月にはオレンジと変わっていきました。
9月頃になると、体に凹凸が出始めて、今年の2月ごろにはコブがあちこちに出てきました。

やがては、現在の上の写真の様になりました。

こんなに変化して、ビックリします。




本部でダイビング! GO DIVE!

 2024年 6月 9日 (日)     
 【 空振りで終われない最終日  】
   
天  候    曇
気  温     26度
水 温    24度
透視度    30m


4日間、ご一緒したゲスト様のダイビングも今日が最終日です。

今日も、水納島と瀬底島でダイビングをしています。



瀬底島では、ジョーフィッシュを見つけに行きましたが、ことごとく巣穴から出ていなくて、空振りです。

ゲスト様の最終ダイブなので、このまま空振りで終わる訳に行かないので、石をめくってやっとキンチャクガニを見つけました。

ゲスト様に、満足して頂けた1日でした。

夜は、本部に繰り出して、4日間の思い出話に夜が更けていきました。

本部でダイビング! GO DIVE!

 2024年 6月 8日 (土)     
 【 水納島 ・ 瀬底島で4ダイブの日    】
   
天  候    曇
気  温     26度
水 温     23~24度
透視度    25~30m


最近、少し深く潜ると水温が23度になっています。

天気が悪いせいか、気温が上がらないから水温も追いついてこない感じです。

天気が悪くても、スカシテンジクダイの群れはとても綺麗でした。

瀬底島では、ハダカハオコゼがしっかり居てくれます。

残念ながら私は、ウデフリツノザヤウミウシを見つけられませんでしたが、ゲスト様は写真を撮る事が出来てホッとしました。


太陽の砂は、いたって簡単に見つける事が出来ます。

角が折れないで、全て揃っている太陽の砂を見つけると嬉しくなります。

本部でダイビング! GO DIVE!

 2024年 6月 7日 (金)     
 【 水納島 ・ 瀬底島で3ダイブの日  40年が経った日。  】
   
天  候    曇
気  温     26度
水 温    24度
透視度    30m


梅雨らしい天気に戻りました。

南西の風のお陰で水納島は、べた凪です。

オオクリイロナマコらしき物を、サザナミフグが食べていました。

初めて見たシーンなので少し驚きました。

すると、遠くからゴマモンガラがサザナミフグを追い払い自分が食べています。

まるでハイエナを追い払うライオンの様です。

面白いのは、私たちが近づくとゴマモンガラは逃げていきます。

そうするとダイバーが気にならないサザナミフグがまたやって来て、ナマコを食べます。

すると、ゴマモンガラが「そうはさせまい。」と、戻ってきて、その繰り返しです。


ハナゴイの色が出るように綺麗に撮るのは、中々難しいですが、とてもきれいでした。ダ


大きいサイズのハダカハオコゼも、ずっとこの場所に居てくれます。

他にもハダカハオコゼが居るはずなので、明日も頑張りたいと思います。

最近フェイスブックに、PADIからメンバー表彰された方の記事をよく見かけていました。

そんな、今日、私の元にもPADIから40年表彰の記念品やバッジが送られてきました。

特別に、凄い事をして来た訳でもないですし、ただ健康に少し気を付けて長くダイビングをして来ただけなのに、こんなバッジを頂いて良いのかなー?と、思う所もありますが嬉しく思います。

次の5年後のバッジも、頂けるように体力を維持して、頑張りたいと思います。

今まで、支えて来て下さった皆様。

本当に有難うございます。

どうぞ、これからも宜しくお願い申し上げます。

本部でダイビング! GO DIVE!

 2024年 6月 6日 (木)     
 【 眼を真ん丸に大きくして被写体探しをした日。   】
   
天  候    曇 ・ 雨
気  温     26度
水 温    24度
透視度    30m


写真の仕事をされて50有余年のゲスト様と今年も、ダイビングです。

こんなベテランの方が来られると、「さあ、何を捜そうか?」と私も気合が入ります。


ゲスト様の被写体を捜す眼が、とても真剣で、私も眼の面積を倍にして捜しました。
 

光が上手く当たらず残念な写真になりましたが、ここにはハナミノカサゴが7匹写っています。

ハナミノカサゴ山と呼んでも良い感じです。


ハナミノカサゴが集まって居る訳は、このスカシテンジクダイの群れです。

数えきれないほどのスカシテンジクダイが居ました。

本部でダイビング! GO DIVE!

 2024年 6月 5日 (水)     
 【 太陽が出ると、こんなに明るい日   】
   
天  候    晴
気  温     28度
水 温    24度
透視度    30m


今日は、水納島と瀬底島でダイビングをしています。

昨日の港での作業とは、一変して鮮やかな世界になりました。


曇の予報ですが、日が出て海の中がとても明るいです。

今日のゲスト様は、私と同じぐらい古いダイバーです。

「海は、幾つになっても潜っていたいです。」と、気持ちは夏の少女の様な方です。


このハマクマノミは、白線がまるで眉毛の様な位置に有り、ダイバーの人気者です。

久々に、陽の出てるダイビングを楽しみました。

本部でダイビング! GO DIVE!

 2024年 6月 4日 (火)     
 【 視界不良潜水 透視度がボトムで20cm 水面で1~2mの日。   】
   
天  候    晴
気  温     26度
水 温    24度
透視度    ?m


今日は、風が少し強い日になりました。

今日は、作業で警備艇のメンテナンスをします。

この港は、川の水が流れ込んでいるで、「連日の雨で水温が下がっているだろうな。」と、覚悟しながらの作業です。


この作業は、毎年行っていますが、今日の港の水の色は果てしなくコーヒーに近いです。

連日の雨で、川から様々な物が流れ込みます。

船底の異常や、付着物を取り除く作業は、ずっと上向きなので、レギから排気する僅かなタイミングですが、排気弁の隙間から水が入ってきます。

「絶対にこの水はレギの中に入れたくない。」と、レギをかみしめる口元にも、力が入ります。

遥か昔、横浜の山下公園の、ゴミ撤去作業で潜ったことを思い出します。

水の綺麗さ?は、ほとんど同じです。

約2時間で、午前の作業が終わりました。

昼に一旦休憩を取りました。

昼食のチキン南蛮弁当の美味しい事、汁の代わりのソバもとても美味で、冷えた体にソバの温もりが沁みわたっていきます。

やっぱりチキン南蛮弁当は、とてつもなく美味しいです。

午後から、作業を続けました。

水面近くは、透視度は2m程ですが、海底まで降りると透視度は20cmほどで、作業している自分の手を見るのも、大変です。

ロープの先端の輪になっている部分をアイと呼びますが、これから海底に張ってあるロープのアイとシャックルの点検です。

アイがヘドロに埋もれているので、引き上げるとヘドロが舞い上がり、一気に透視度が0cmになり、全く見えません。

浮き上がったヘドロが少し沈下してやっと手元が見えますが、少しでも動くとすぐにヘドロが舞い上がるので、シャックルとアイの確認するためには、微動だにせず5分程じっとしてやっと見えてきます。

「沖縄で潜っているとは、全く思えない。」と、つくづく感じた1日でした。

本部でダイビング! GO DIVE!

 2024年 6月 3日 (月)     
 【 津波警報が出た日、 地震雲でしょうか?   】
   
天  候    曇
気  温     26度
水 温    24度
透視度    30m


ブログの更新が追いつかず、事後更新となりました。

今日の写真です。





ラッキーな事に、又マダラエイに出会いました。


本部でダイビング! GO DIVE!

 2024年 6月 2日 (日)     
 【  すっかり梅雨の沖縄  】
   
天  候    曇 雨
気  温     26度
水 温    24度
透視度    30m


ブログの更新が追いつかず、事後更新となりました。

今日の水納島です。


雨でも陽気な皆様で、ボートの上はいつも笑い声が聞こえました。

沖の根です


海の中では、黄色がとても目立ちきれいでした。

水納島と瀬底島でダイビングした1日でした。

本部でダイビング! GO DIVE!

 2024年 6月 1日 (土)     
 【 水納島 瀬底島で3ダイブの日 】
   
天  候    曇 
気  温     25度
水 温    24度
透視度    30m


ブログの更新が追いつかず、事後更新となりました。

ダイブナッツさんやブルーダイブさんにもご協力いただき、PADIフラッグを囲んで1枚撮りました。


懐かしいPADI カレッジのTシャツを着ました。

仲の良い知り合いが次男の海月にくれましたが、息子に「お父さんに頂戴っ。」と、おねだりして貰いました。
PADIカレッジは、インストラクターを更に鍛え上げる目的で、1987年頃に創られました。


昼食の後は、気持ち良すぎて寝落ちしてしまいます。


スカシテンジクダイの群れが、一段と大きくなっていました。


本部でダイビング! GO DIVE!

トップページ