シードアーのダイビング日記
(ダイビングの話でない時も有りますが、本部とシードアーの最新情報を・・・)

2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2010年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2009年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2008年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2007年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 欠落 8月 9月 10月 11月 12月

  トップページ

※グーグルクロムの場合、正しく見れない場合が有ります。

※ お願い。
  
メールでご連絡頂いて、シードアーから3日経過しても返信が無い場合は、台風で停電や電話線が切れていたり、
  何かの原因でメールが見れておりません。
  その時は、お手数でございますが、シードアー0980-47-4837または、携帯090-6865-0773までご連絡ください。
  何とぞよろしくお願い申し上げます。
  シードアー 関口正樹。

 2018年 10月 10日 (水)      
 【   ひ弱そうな生き物も、実は強い! 水納島  瀬底島 2島ツアー 】

 ハナヒゲウツボの幼魚が戻っていました。



 瀬底島のジョーフィッシュ。



 瀬底島のラビリンスも普段通りでした。


 「私は、弱くない!」
天 候    晴。 

波 高    1.5m  

気 温    29度
  

水 温    26度  

透視度    20m


北西の風  3m。

潮 汐    大潮  満潮 07時51分  干潮 13時53分
(渡久地)


潮 流    水納島 東方向にあり 瀬底島 南方向に弱くあり

今日は、台風25号の西からのうねりも消えて、水納島と瀬底島でダイビングが出来る様になりました。

水納島の砂地は、波紋が大きく残りハゼ類やチンアナゴたちの巣穴を砂嵐が襲ったようになっていました。

波高11mの大波が来ている時は砂地も大荒れでチンアナゴやハゼたちの巣穴も全て舞い上げられた砂に埋め尽くされていたと思います。

今は、普段通りに生活しているハゼやチンアナゴですが、その時は一体どの様に避難しているのか、48時間使えるバッテリーが有るなら、海底にビデオを設置して台風時の海底の様子を見てみたいものです。

9/30の陸上の様子をブログに載せていますが、海の中では風速50mはあり得ませんが、空気の密度の800倍の水が動くわけですから、陸上で暴風に対抗して歩けても、水中では絶対に不可能です。

風速3mの風は、そよ風にもならない位で歩く事も全く難はないですが、流速3mと言えば、1秒で3m流されるわけですから、泳ぐ事さえできません。

そんな厳しい環境を耐え抜いている魚たちの生態は、とても興味が有ります。

ひ弱なハゼ・チンアナゴ・クマノミと言うイメージが有りますが、実はとても強い生き物だと分かります。

是非48時間使えるバッテリーが開発された時は、海底の岩に台風でもビデオが取れないいように固定して、台風時のクマノミやハゼたちの生態を観察してみたいと思った1日でした。

本部でダイビング! GO DIVE!

 2018年 10月 9日 (火)      
 【   えっ! それって私の事です。  】

 瀬底大橋から見た今日の海。


水納島は穏やかでした。




 「それは、私です。」 昔こんな番組が有りました。

天 候    晴。 

波 高    1.5m  

気 温    29度
  

水 温    26度  

透視度    20m


北東の風  3m。

潮 汐    大潮  満潮 07時09分  干潮 13時17分
(渡久地)


潮 流    水納島 東方向にあり 西からのうねり有り

今日は、恩納村と那覇のダイビングショップ様が、シードアー号を御利用になられました。

今日も水納島でダイビングをしています。

水納島のダイビングポイントは島の北側に集中しているので、強い北風が吹くと潜れなくなるのですが、今日の様に風速3mほどの北寄り風なら、海も穏やかでダイビングが楽しめます。

今日、ご乗船された恩納村のショップ様のゲスト様と話をしている時の事です。

ゲスト様が「私の仕事の先輩の〇山さんの友達が沖縄でダイビングショップしているらしいのです。」と、話されました。

私は「そうですか? 沖縄のどちらですか?」
と、お聞きするとゲスト様が「本部近辺です。」と、言われたので、私は「えーっと、本部近辺で新しくオープンしたショップさんは、あまり聞きませんが、本部のどの辺か分かりますか?」と、お聞きするとゲスト様は「先輩は、瀬底島と言ってました。」言うので、瀬底は私が住んでいる所だから、絶対に間違いと、思いました。

ですが、しばらく良く考えるとゲスト様が言う「〇山さん」と言う名前の人は、私の高校の同級生にいます。

まさかっと思いながら「あれ? それって仕事が〇〇の〇山さんですか?」と、聞き返すと、「そうです!」と言うので口が開いたままになってしまいました。

「それなら私の事ではないですか?」と、思わず叫んでしまいました。

そう言うとゲスト様は、「そうじゃないかなと、思ったので話してみました。」と言うのでびっくりです。

そんな偶然ってあるのかな?と思い、すぐその場で私の友人でゲスト様の先輩の〇山さんにラインすると、その通りだったのでさらにびっくりしました。

年に一回、本土に帰った時に一緒に温泉旅行に行ったりしている友人でした。

その後はさらに和気あいあいの感じでとても和やかな1日を過ごしました。

※海の話が全くなくて申し訳ございません。
何しろ、この偶然に感動してしまい一番印象に残った1日でした。

本部でダイビング! GO DIVE!

 2018年 10月 8日 (月)      
 【   水納島 2ダイブの日  】

 今日のゲスト様。


 セジロクマノミは、無事でした。


 カクレクマノミも元気で安心しました。


ミカドチョウチョウウオが居ました。

天 候    晴。 

波 高    1.5m  

気 温    29度
  

水 温    26度  

透視度    20m


北西の風  3m。 多少うねり有り。

潮 汐    中潮  満潮 06時23分  干潮 12時38分
(渡久地)

潮 流    水納島 西方向に弱くあり 西からのうねり有り。

今日も、台風一過で良い天気になりました。

水納島でダイビングしていますが、台風の傷跡は大きくリーフの下にはサンゴが、散乱しています。

気になるのは、クマノミなどイソギンチャクに定着しているクマノミに被害が出ていないかです。

地形が大きく変わるほどの台風だったので、イソギンチャクが無事なのか気になりましたが、カクレクマノミもセジロクマノミも無事でした。

水深5mほどのリーフに居るイソギンチャクにこのクマノミ達は住んでいますが、台風24号の時は、波高11mと言う信じられないような波の直撃を受けていました。

台風時の水深5mは、大波で揉みくちゃにされているはずです。

イソギンチャクは引っ込んで岩の間に隠れる事が出来ても、クマノミ達はどこに避難していたのか、いつも不思議でなりません。

とにかく元気なクマノミの姿を見たり、チンアナゴたちも大波で砂が舞い上がり巣穴を砂が埋め尽くしていたはずですが、普段通りに顔を出しているのを見ると自然の生き物の強さ感じます。

又、ケーブルと言う場所でもアカヒメジたちが普段通り泳いでいました。

透視度も昨日よりも少し回復して20m前後見えています。

海の生き物たちにも、早く普段通りの生活に戻れたらと思った1日でした。

本部でダイビング! GO DIVE!

 2018年 10月 7日 (日)      
 【   継続が実力になっているゲスト様。 】

体験ダイバーと言い難いゲスト様。





台風後、少しずつ回復しています。




アカマツカサも普段通りに居ました。
天 候    晴。 

波 高    1.5m  

気 温    28度
  

水 温    26度  

透視度    15m


北西の風  3m。 西からのうねり有り。
 
潮 汐    中潮  満潮 05時32分  干潮 11時54分
(渡久地)

潮 流    水納島 西方向に弱くあり


今日のゲスト様は奥様はCカードをお持ち出すが、ご主人様は体験ダイバーです。

ご主人様はシードアーで体験ダイビングを何回されているか、忘れてしまう程、体験ダイビングをされています。

おそらく写真の教材も10冊くらい持っておられると思います。

毎回2ダイブされるので、体験ダイビングで20ダイブはされていると思います。


体験ダイビングの事前の説明も全てご存じで、呼吸で浮力のコントロールまでされ中性浮力をきちっと取られています。

「継続は実力」、まさにその通りだと思いました。

台風後の初ダイブになりますが、水納島はまだ濁りが有り良くて15mほどです。

水温は、一気に26度まで下がりました。

ただ、気温はまだ27~30度近くあるので、やがて水温も少し上がって来ると思います。

海の中は着実に普段の生活に戻ろうとしている様子で、サンゴにはスズメダイが群れて、岩陰にはアカマツカサが居います。

しばらくは、あちこちのポイントの様子を確認したいと思った1日でした。

本部でダイビング! GO DIVE!

 2018年 10月 5日 (金)  ~ 6日 (土)     
 【   連続台風の威力は、凄かったです。】

 瀬底島の中の木も、あちこちで倒れていました。



 シードアー号のロープなどの最終点検です。

 港の掃除が終わった後、ボートのテントを張りました。
【 10/5 】 

曇    気温 29度 


台風25号が過ぎました。

台風24号を経験したので、25号はさほど強さを感じませんでしたが、それでも島の中の様子を見ると、さらにあちこちで倒木が有りました。

24号でダメージを受けた木が25号で倒されたようです。

夏だけオープンしていた瀬底ビーチ近くのビーチハウスは、屋根が無くなっていました。

近所の無人の家は、テラスの屋根ごと飛ばされていました。

知り合いの民宿は、「トタンが28枚飛ばされた。」と、言ってびっくりしていました。

私の家は、フェンスが倒されただけで済んでまだ良い方かもしれません。

台風で停電の時は、テレビも見れず新聞も配達されず、携帯もバッテリー切れになるので、地元沖縄の状況が全く分からず、かえって本土の知り合いから心配のメールを頂いたりします。

とにかく、無事に越せた事に感謝しました。

【 10/6 】
さて、今日は、朝から港の掃除です。

打ち上げられたゴミを皆で片付け、夕方の満潮に合わせてボートを降ろします。

港の片付けが終わった後は、台風で飛ばされないようにショップの中にしまい込んだ物を外に出して台風対策の解除です。

 夕方 5時になりボートを降ろしました。

気持ちを切り替えて明日からダイビングです。

10日間も海に出られなかったので、明日が待ち遠しくなった1日でした。

本部でダイビング! GO DIVE!

 2018年 10月 4日 (木)      
 【   2020年 沖縄で水中聖火リレーを実現させよう。 】

 雨    気温 28度 

「昼過ぎに暴風警報が発令される予定です。」と、島内放送が有りました。

瀬底大橋が、又閉鎖されます。

さて、出来る仕事も少なくなってきましたが、今日は2020年東京オリンピック・パラリンピックで開催される水中聖火リレーについて、ご案内させて頂きます。

2020年東京オリンピック・パラリンピックで行われる聖火リレーを「沖縄では、、水中聖火リレーも実施しよう。」と言う構想が上がりました。

8月から署名活動も始まり、シードアー号を御利用頂いているゲスト様に、水中聖火リレーにご賛同頂ける方にご署名をお願いしてきました。

過去の海外のオリンピック開催地でも、水中聖火リレーが実施されています。

水中聖火リレーについては、このページをご覧ください。

ウェブ上からも、ご署名頂けるようになりましたので、是非皆様方のご協力をお願い申し上げます。

今年は台風の多い年で、明るい話題が少ないでしたが、皆様方のご理解、ご協力を頂き将来に少しでも希望が持てる様になればと思います。

何卒、宜しくお願い申し上げます。

本部でダイビング! GO DIVE!

 2018年 10月 3日 (水)      
 【   台風25号 被害が出ませんように。 】

 瀬底大橋から見た今日の海。



 シードアー号のロープなどの最終点検です。

 車も暴風で倒されないように、タンクを36本積みました。

曇 ・ 雨    気温 29度 

台風25号が、沖縄の南に有ります。

暴風域も発達してきて、直径200㎞近くになってきました。

沖縄本島は、未明にやっと停電が復旧しました。

停電になってから4日は、大変でしたが本土が発生した激甚災害でまだ避難生活されている方々を思うと、大変なんて言ってられません。

1日も早く、復興されることを祈っております。

さて、台風25号も勢力を強めながら、沖縄に近づいています。

今のコースだと10/4~10/5辺りに来そうです。

港近くでは、「絶対に倒れない。」と、思っていた巨木も倒されたままです。

断水対策、停電対策等出来ることは全てやったので、後は通り過ぎるのを待つだけです。

本部でダイビング! GO DIVE!

 2018年 10月 2日 (火)      
 【   倒されるなら、外してしまおう。 停電復旧  】

 倒されてフェンス。


 台風25号が来る前にフェンスを外しました。

晴    気温 30度 

今日の未明にやっと停電が復旧しました。

停電になってから4日は、大変でしたが本土が発生した激甚災害でまだ避難生活されている方々を思うと、大変なんて言ってられません。

1日も早く、復興されることを祈っております。

さて、台風25号も勢力を強めながら、沖縄に近づいています。

今のコースだと10/4~10/5辺りに来そうです。

又、フェンスが倒されると困るので、フェンスを立て直す修理はしない事にしました。

又、倒されてフェンスがご近所の家にでも当たったら大変です。

フェンスは、もう外して付けない事にしました。

「倒される物は、作らない。」です。

フェンスの代わりに強い木を植える事にしました。

このフェンスも15年も良く持ちこたえてくれました。

自分で作ったので、とても思いでありますが十分に役目を果たしてくれました。

フェンスを外し、処分できる大きさにカットするのに、丸1日掛かりました。

とりあえず台風25号対策も、終了です。


本部でダイビング! GO DIVE!

 2018年 10月 1日 (月)      
 【  港の掃除  そして次の台風25号のコースが、北寄りに  】

 ゴミだらけの港です。



 皆で大掃除しました。



 
もう一つの台風も頑張れ!シードアー号

晴    気温 29度 

台風が過ぎましたが、まだ停電が続いています。

今日で停電3日目です。

県内で25万世帯が停電しているらしく、瀬底島はこのような時の復旧工事はいつも最後になります。

警察署や消防署、そして病院や役場が有る地域が優先されるのは、仕方のない事です。

気になるのは、次の台風がフィリピン方向から進路を沖縄方向に変えている事です。

台風対策は、解除せずにこのままなする事にしました。

今朝8時から港の大掃除する事になりました。

美ら海水族館のスタッフや友人の海人や、ブリーズの内山さんなど7名が集まり、掃除をしました。

どこから飛んできたのか、ベッドの大きさの発泡スチロールも打ち上げられていました。

港の自販機も停電しているので、冷たい飲み物も買えません。

汗だくになりながら、午前中でやっと掃除が終わりました。

掃除が終わると、いつも友人の海人が、つめたい飲み物を買ってきてくれます。

本当に有り難い心遣いに感謝しながら、冷たい飲み物を喉に流し込みました。

ゆんたくタイムで、皆で世間話をしたり休憩をしました。

午後からは、シードアー号に上り異常が無いか点検をしました。

甲板には、葉っぱが沢山積もっていました。

ボートの掃除をして、係留策の点検をして、帰宅した
1日でした。

本部でダイビング! GO DIVE!

トップページ