シードアーのダイビング日記
(ダイビングの話でない時も有りますが、本部とシードアーの最新情報を・・・)
2021年 1月 2月 3月 4月 5月
2020年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2019年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2010年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2009年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2008年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2007年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 欠落 8月 9月 10月 11月 12月

  トップページ
※グーグルクロムの場合、正しく見れない場合が有ります。

          

※ シードアーから返信が無い場合。
  
メールでご連絡頂いて、シードアーから3日経過しても返信が無い場合は、台風で停電や電話線が切れていたり、
  何かの原因でメールが見れておりません。
  その場合は、シードアー掲示板、に、情報を出しておりますので、ご確認ください。

  お急ぎの方は、、お手数でございますが、シードアー携帯090-6865-0773までご連絡ください。
  何とぞよろしくお願い申し上げます。
  シードアー 関口正樹。

【 7月2日 午前休業のお知らせ 】

7/2に瀬底小学校のスノーケリング授業に協力する為、ボートが貸し切りとなります。

7/2の午前はその為、休業とさせて頂きます。 尚、午後1時より、営業を開始します。

宜しくお願い申し上げます。

【 ボート・シードアー号のコロナウィルス感染防止のご協力のお願い。 】

飛沫感染防止の為、のお願い。
・船上での、マスクの着用 
・ボートに乗船中は、帽子をかぶりテント下に密集にならない様、ご協力お願いします。

 2021年 6月 20日 (日)      
 【  水納島 4ダイブの日  】
  
天 候    曇 
気 温    30度
水 温    26度
透視度    30m


今日も、水納島に来ています。

少しずつですが、日常が戻りってきているようです。

水納島では、シードアー号の右側には、ダイブブリーズさんやアシビーブルーさん、シーレジェンドさんや遠くにマザーアースさん等の5隻のダイビング船が見えています。

シードアー号の左側にも、3隻ほどのダイビングボートが見えています。

本部のダイビングも少し活発になってきました。

今日は、ファンダイビングだけでなく、体験ダイビングの方もおられましたが、海はべた凪で最高の条件でした。

今日は、幸運なことにハナヒゲウツボが2個体見れました。

曇り空で、日差しが強くないのがとても有り難く、とても快適な1日でした。

見れた主な生き物 : 
ハナヒゲウツボ ・  アカヒメジ ・ カスミアジ ・ ヨスジフエダイ ・ チンアナゴ ・ ヤシャハゼ ・ ロクセンフエダイ ・ ヤッコエイ等

   ショップの庭のバナナが梅雨の大雨の影響か、どんどん増えて実も付け始めました。

バナナは、ジャングルの様に増えて、成長した木の根本には新しいバナナが出てきて、ジャングル状態になってきています。

今年は、バナナの当たり年になりそうです。

本部でダイビング! GO DIVE!

 2021年 6月 17日 (木)      
 【  水納島 2ダイブの日  】
  
天 候    雨 
気 温    30度
水 温    26度
透視度    25m


今日は、梅雨前線が沖縄本島よりも南下した為、北寄りの風になりました。

雨ですが、風は強なく今日も水納島でダイビングしています。

久しぶりに黒のオオモンカエルアンコウを探しに行きました。

居てくれましたが、写真をとっても真っ黒で見つけた時は嬉しいのですが、いつも感じるのは撮った写真を見ると、見つけた時の感動が全く伝わって来ず、がっかりしてしまいます。

それに引き換え今日も緑色のオオモンカエルアンコウは居てくれて、有難かったです。

雨模様の時は、海の中も少し暗い感じですが、かえってヨスジフエダイの黄色が目立ちとても鮮やかに見えます。

見れた主な生き物 : 
オオモンカエルアンコウ(黒 ・ 緑) ・  アカヒメジ ・ カスミアジ ・ ヨスジフエダイ ・ アカマツカサ ・ ヤシャハゼ ・ チンアナゴ等

本部でダイビング! GO DIVE!

 2021年 6月 16日 (水)      
 【  これは、見つからない訳です!  】
  
天 候    晴 
気 温    28度
水 温    26度
透視度    25m


梅雨空に戻り、最近は激しい雨が降ったりする日が続いています。

今日は、珍しく雨の無い日になりました。

6日ぶりのダイビングで、水納島の様子がどうなっているか気になっていました。

ハナヒゲウツボも出てくれたり、一番の収穫はずっと探し回っていたクマドリカエルアンコウの居場所が分かったことです。

しかし、クマドリカエルアンコウを見て、「この大きさでは見つからない訳だなあ~!」と、思わず呟いてしまいました。

大きく写ってますが、私の親指の爪の大きさ程です。

長い間、「どうして見つけられないのだろう? ひょっとしたら、もう居ないのでは?」等と自問したりて、もやもやしていたものがすっきりした1日でした。

見れた主な生き物 : 
オオモンカエルアンコウ ・ クマドリカエルアンコウ ・ ハナヒゲウツボ ・ アカヒメジ ・ カスミアジ ・ ヨスジフエダイ ・ アカマツカサ ・ ヤシャハゼ ・ チンアナゴ等

本部でダイビング! GO DIVE!

 2021年 6月 10日 (木)      
 【  水納島 ・ 瀬底島 3ダイブ日  】
  
天 候    曇 
気 温    28度
水 温    26度
透視度    25m

昨日は、急な大雨(今沖縄ではカタブイとも言います。)が有り、大雨・洪水・波浪注意報がでていました。

そのせいか、海の中も冷たい水が溜まっている場所などが有り、冷っとした感じもしました。

今日は、水納島と瀬底島でダイビングをしています。

水納島では、周りの景色に同化しているプレデターの様なオオモンカエルアンコウが戻っていました。

もう2か月近くこの場所に居ます。

スカシテンジクダイなどが増えてきているので、もうしばらくこの場所に居そうです。

今日は、ウミガメやネムリブカにも出会えた1日でした。

見れた主な生き物 : 
オオモンカエルアンコウ ・ アオウミガメ ・ アカヒメジ ・ カスミアジ ・ ヨスジフエダイ ・ アカマツカサ ・ ヤシャハゼ ・ チンアナゴ ・ ネムリブカ等

本部でダイビング! GO DIVE!

 2021年 6月 8日 (火)      
 【  アカウミガメのテリトリーに入ってしまった?  】
  
天 候    曇 
気 温    30度
水 温    26度
透視度    30m

今日も、新しいダイビングポイントを求めて、潜っています。

水納島では、ヨスジフエダイの大きな群れが見れますが、ここではニセクロホシフエダイの大きな群れが居ました。

ヨスジフエダイは、殆ど混ざっていません。

水納島では、ヨスジフエダイとニセクロホシフエダイそしてロクセンフエダイなどが混ざって群れを作っていますが、環境の違いなのか理由は分かりませんが、とても興味深いです。

海底は、瀬底島のラビリンスのスケールを大きくしたような場所で、迷路の様に筋が走っています。

そして、アカウミガメを遠くに見ていると、どんどん接近してきます。

「シャッターチャンスだっ!」と、喜ぶのも束の間、体当たりしそうな距離まで近づいてきました。

「興味を持たれた? テリトリーが有ったのかな?」等、色々と考えている間も、何回か接近してきました。

大きなアカウミガメだったので、体当たりされそうになった時はかなり緊張しましたが、お蔭で手の届きそうな距離で写真が撮れました。

見れた主な生き物 : 
ニセクロホシフエダイの群れ ・ アカウミガメ ・ アカヒメジ ・ グルクン ・ イソマグロ ・ ヨコスジクロダイの群れ等

本部でダイビング! GO DIVE!

 2021年 6月 6日 (日)      
 【  ギャンブルのような場所  】
  
天 候    曇 雨
気 温    30度
水 温    26度
透視度    30m

台風は、熱帯低気圧になると思っていたら、台風のまま昨日に沖縄を通り過ぎて行きました。

今日も時間が有るので新たなダイビングポイント探しをする為に、ボートを出しましたが通り過ぎた台風のうねりが思っていたよりも強く、行きたい場所に行けませんでした。

せっかくボートを出したので、中ノ瀬でダイビングをしました。

この場所はギャンブルのような場所で当たると凄いのですが、当たらないと「THE 平凡」と言う場所ですが、今日は大当たりでした。

ツムブリが数匹出てきたので、写真を撮り始めるとどんどんが数が増えて、気が付くとツムブリなどに囲まれていました。

数分の出来事ですが、大興奮した1日でした。

見れた主な生き物 : 
カスミチョウチョウウオ ・ スミレナガハナダイ ・ ナポレオン幼魚 ・ ツムブリ ・ トサヤッコ ・ サバ?の仲間の群れ等

本部でダイビング! GO DIVE!

 2021年 6月 3日 (木)      
 【  全く学習していない3ダイブの日  】
  
天 候    晴
気 温    30度
水 温    26度
透視度    30m

陽が出て、ダイビング日和になりました。

今日は、水納島で3ダイブしていますが、見たいお目当ての生き物が、ことごとく居なくて「ブリーフィングで言わなければ良かった!」と、思うダイビングが3本で、ガイド泣かせの日になりました。

しかしながら、1本目はヨスジフエダイの群れがきれいで、ゲスト様が集中されるのを見て、一安心。

2本目、ここは見たいものを外さないという自信の場所でしたが、「あれっ? ひょっとして居ないかも?・・・」どんだけ探しても見当たりません。
ここでも「ブリーフィングで言わなければ良かった!」、全く学んでいない自分がいました。

とりあえずゲスト様は、ヤシャハゼに集中されてるのを見て、一安心。

ここでは、ゴマウツボのウーちゃんが居ました。

私の手を、体を掃除するホンソメワケベラの様に思っているのか、まったく攻撃的ではありません。

それどころか、痒い場所を手に擦り付けてきます。

さて、2本外して3本目は絶対外さない場所に行きました。

ここでは、100% 見たい生き物が、ずっと見れています。

自信をもってブリーフィンクで「○○が見れます。パンパカパーン!」、とラッパの音が聞こえてきそうな程に自信をもってブリーフィングをしました。

ところが、ここでも空振りです。

思わずビギンの唄の「笑顔のまんま」の歌詞「学ばないまま~♫ 明日を迎える~♫」が頭に浮かんできました。

しかし、スカシテンジクダイに集中されてるゲスト様に一安心。

今日は「少年老い易く、学成り難し。」そんな生き方をしてきたのかなと、こんな言葉が浮かんだ1日でした。

見れた主な生き物 : 
リュウキュウハタンポの群れ ・ チンアナゴ ・ ヤシャハゼ ・ ハダカハオコゼ ・ ヨスジフエダイ ・ スカシテンジクダイ ・ ケラマハナダイ ・ ゴマウツボ等

本部でダイビング! GO DIVE!

トップページ