シードアーのダイビング日記
(ダイビングの話でない時も有りますが、本部とシードアーの最新情報を・・・)
2019年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月
2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2010年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2009年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2008年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2007年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 欠落 8月 9月 10月 11月 12月

  トップページ
※グーグルクロムの場合、正しく見れない場合が有ります。


※ シードアーから返信が無い場合。
  
メールでご連絡頂いて、シードアーから3日経過しても返信が無い場合は、台風で停電や電話線が切れていたり、
  何かの原因でメールが見れておりません。
  その場合は、シードアー掲示板、に、情報を出しておりますので、ご確認ください。

  お急ぎの方は、、お手数でございますが、シードアー0980-47-4837または、携帯090-6865-0773までご連絡ください。
  何とぞよろしくお願い申し上げます。
  シードアー 関口正樹。

 2019年 8月 7日 (水)      
 【 瀬底島2ダイブ  午後からシードアー号の台風対策 】
 

瀬底島に来ると、予想通りべた凪です。

瀬底島のリーフのミドリイシ群。  


昼の満潮に合わせて、シードアー号を陸揚げしました。
天 候    雨  
気 温    30度

水温     26度
透視度    20m前後
東北東の風 8m
潮流     有り

今日は、とうとう雨模様になりました。

風も東北東の風が8mまで上がります。

しかし本部の海の強さは、こんな時に感じます。

瀬底島のラビリンスに来ると、べた凪です。

今日のシュノーケリングのゲスト様には、小学4年生のお子様もおられますが、海を大いに楽しまれています。

海の中で、夏休みの自由研究の課題を見つけたりされていました。

大人と違って、感受性の強い時期なので、私たちの思いもよらない質問が来たりします。

「なぜ、サンゴはテーブルの様に丸くなるのか?」など、想像もしないような質問を受ける事で私が勉強になります。

お子様の質問にはジョークで返すわけにいかないので、分からなかった質問は私の夏休みの宿題です。

さて、瀬底島で2ダイブして港に戻ると、ウミンチュウの皆さんがさっそく台風対策でボートを陸揚げしていました。

私も、ゲスト様とお別れをした後、シードアー号の陸揚げです。

7/17の台風5号で、シードアー号を陸揚げする際に、船台のタイヤのホイールが割れるというアクシデントが有り、その時はシードアー号が陸揚げできず、港に係留して台風をやり過ごしました。

今回は修理後の初陸揚げです。

特に問題もなく、スムーズに陸に上がったシードアー号を見て、ほっとした1日でした。

本部でダイビング! GO DIVE!

 2019年 8月 6日 (火)      
 【 驚くほどきれいな水納島の海  早目の台風対策 】
 

熱帯低気圧が近づいていますが、驚くほど水納島は綺麗でした。


水納島や瀬底島のサンゴ礁は、素晴らしくきれいです。






庭のものを全て片付けて、早目の台風対策をしました。
天 候    晴  
気 温    32度

水温     26度
透視度    30m前後
東北東の風 5m
潮流     有り

今日は晴れ間が出ました。

熱帯低気圧が少しずつ近づいてきて、風が次第に強くなりそうです。

水納島は、多少波が有りましたが、想像できないほど透視度が良く、透き通っていました。

今日は、シュノーケリングのゲスト様も乗船されています。

水納島のリーフは、様々なミドリイシサンゴやハナヤサイサンゴ、ハマサンゴが群生しているので、とても色鮮やかでカラフルなイメージです。

瀬底島のリーフのサンゴは、主にクシハダミドリイシの様なテーブルサンゴで足の踏み場もないくらいに群生して緑の草原の様なイメージです。

シュノーケリングだけでも十分楽しむ事が出来ます。

瀬底島では、アジサシがキビナゴを見つけて、海面に飛び込んでいました。

時折、カツオかニジョウサバか大型の魚が水面からジャンプしていました。

時間を忘れるほど、海に入っいるゲスト様を見て、うれしくなりました。

本部でダイビング! GO DIVE!


さて、台風9号ですが、沖縄本島は影響は少なそうなですが、台風の進路予想は、あくまでも予想なので、念の為にしっかり台風対策をすることにしました。

庭の器材干し場や器材洗いのバスタブ、フェンスが倒されないように、支え棒を入れたり、飛ばされそうなものは全て片付けました。

しっかり台風対策をした時に限って、台風が避けることが度々あり、さっき台風情報を確認すると、台風9号の強風域に少し掛かる位なのを見て、ほっとした1日でした。

 2019年 8月 5日 (月)      
 【 海の中に入ると、心がリセットできます。 】
 

ゆっくり沈み、着底後に水面を見上げます。



ゲスト様の記念撮影。



ハナヒゲウツボは、3個体居ました。

天 候    曇  
気 温    31度

水温     26度
透視度    20~30m前後
東北東の風 5m
潮流     有り

今日も曇り空です。

風の強さも昨日と変わらないので、今日も水納島に来ています。

腫れていた中指も、少し良くなってきたので、海に入る事にしました。

久しぶりに海に入り、体を海に預けて自然の重さでゆっくり沈んでいく感じ。

この感覚がたまりません。

そして着底して、「ふあー。」と大きく息を吐いて、ゆっくりと水面を見上げます。

海水が体に浸透するのを待つようにじっとしていると、「海に帰ってきた。」、そんな気持ちになります。

海に潜れる幸せを実感しています。

指の痛みなどすっかり忘れていました。

ジョーフィッシュは、最近引っ込まなくなりました。

久しぶりの海のおかげで、心がリセットできた1日でした。

【見れた主な生き物】
ハナヒゲウツボ(成魚×2・幼魚×1)・チンアナゴ・ヤシャハゼ・スカシテンジクダイ・キンメモドキ・ハナミノカサゴ・チンアナゴ・ヒレナガネジリンボウ・カエルアンコウ・アカマツカサ・セジロクマノミ等 

本部でダイビング! GO DIVE!

 2019年 8月 4日 (日)      
 【 水納島で体験ダイビング 】
 

このサボテンは、やっぱり明け方に咲いています。


体験ダイビングでも、こんなきれいなサンゴを見る事が出来ます。


水納島は、穏やかでした。
天 候    曇  
気 温    31度

水温     28度
透視度    30m前後
東北東の風 5m
潮流     有り

今日は天気が良くなり、雨マークが消えました。

そして、サボテンの花はやっぱり早朝に咲くのが分かりました。

風が、熱帯低気圧の影響でずっと東寄りの風になっていますが、それでも風速が5m前後なので、水納島でダイビングを楽しんでいます。

今日は、体験ダイビングご希望の方が、シードアー号に乗船されています。

ゲスト様は、体験ダイビングを経験されている方と全く初めての方など、4名様がお越しです。

ダイビングが初めての方にとって、チンアナゴを目のまえで見るのは、とても刺激的な事です。

水族館でガラス越しにしか見れない光景が、目の前で見れるわけですから、とても興奮します。

潜り始めは、口でしか呼吸が出来ないので、少し違和感を感じる方もおられますが、5分も経つと口での呼吸の違和感もなくなり、自然の呼吸になります。

そうすると、周りの生き物達を見る余裕も出てきて、魚たちが海への来訪者である私たちをじっと見ている事にも気が付きます。

魚に餌付けされている場所も有り、潜り始めるとすぐに魚たちが近づいてくる事も有ります。

1回目の体験ダイビングが終わり、ボートの上ではゲスト様が、目を輝かせながら色々と水中で呼吸する不安と期待感で興奮気味にお話をされていました。

2回目のダイビングが終わった時は、ご自身が更にダイビングがに慣れた事も有り、色んな魚の生態やダイビングへの興味がさらに深まったご様子でした。

ゲスト様の喜ぶお顔を見るのは、とても嬉しい事でした。

【見れた主な生き物】
チンアナゴ・ヤマブキベラ・カクレクマノミ・クマノミ・ロクセンスズメダイ・ミツボシクロスズメダイ・オジサン・オヤピッチャ・クロスズメダイ・オジサン・アカヒメジ・ミゾレチョウチョウウオ等 

本部でダイビング! GO DIVE!

 2019年 8月 3日 (土)      
 【 雨天でも、海は穏やかです。 】
 

瀬底大橋から見た今日の海。



アジサシが超低空飛行で、キビナゴを探していました。
天 候    曇 雨 
気 温    31度

水温     28度
透視度    20~30m前後
東北東の風 5m
潮流     有り

お隣の家のサボテンは今朝も咲いていました。

しかし日中は花を閉じてるのでこのまま萎んでしまうのではと、心配になりましたが、どうやら明け方から早朝にかけて咲くみたいです。

今日も天気は雨です。

今年はラニーニャだといいます。

ラニーニャだとフィリピン近海の水温が、普段よりも高いのですぐに熱帯低気圧が発生し易いそうです。

土曜日ですが、シードアー号に乗船されるゲスト様は、4名様と少なめです。

瀬底大橋を通るたび、海の状態が確認できるので、水納島に行けるかどうかの判断もしやすいのが有難い瀬底大橋です。

朝のうちに水納島に行き、ダイビングを楽しみました。

相変らずハナヒゲウツボは、出ているようで3個体見れたそうです。

皆さんがダイビングしている時に、夕立の様な強い雨が降り出しましたが、皆さんがボートに上がってくる頃には、雨はやんで曇り空です。

アジサシが、低空飛行でキビナゴを探し回っていました。

午後からは、風が強くなりだしたので瀬底島に行きました。

天候を心配されていたゲスト様も、3ダイブされた1日でした。

【見れた主な生き物】
ハナヒゲウツボ・ナンヨウハギ(成魚・幼魚)・ヤシャハゼ・スカシテンジクダイ・キンメモドキ・ハナミノカサゴ・チンアナゴ・ヒレナガネジリンボウ・カエルアンコウ・アカマツカサ等 

本部でダイビング! GO DIVE!

 2019年 8月 2日 (金)      
 【 サボテンの花を見たのは、初めてかも。 】
 

早朝、お隣の家のサボテンが花を付けていました。


午後からは瀬底島に行きました。
天 候    曇 雨 
気 温    31度

水温     28度
透視度    20m前後
東北東の風 6m
潮流     有り

雨模様の朝、本降りにならないうちにマグの散歩に家を出ると、お隣の家のサボテンに花が付いていました。

雨模様の天気なので、鮮やかに写りませんでしたが、とてもきれいな花です。

こんなにきれいな花が、サボテンに着くとは知りませんでした。

今日の天気は、雨も強くなったりしますが、それでもトップシーズンという事も有り約10名様のゲスト様がシードアー号に乗船されています。

瀬底島は、東北東の風の時は、湖の様に静かになります。

今日は、東風が強くなりそうなので、瀬底島で3ダイブしました。

結局、荒れた天気になのましたが、洞窟やトンネルを抜けたり地形を楽しんだ1日でした。

【見れた主な生き物】
ネムリブカ・コクハンアラ・ツバメタナバタウオ・アカマツカサ・太陽の砂・ヘラヤガラ・アカヒメジ・ノコギリダイ・ハナビラクマノミ・ハマクマノミ・カクレクマノミ等 

本部でダイビング! GO DIVE!

 2019年 8月 1日 (木)      
 【 まさか! ダイビングは、治るまで駄目ですよ! 】
 

瀬底大橋から見た今日の海。


穏やかで良い天気です。


痛いでーす。
天 候    晴  
気 温    33度

水温     28度
透視度    25~30m前後
東北東の風 5m
潮流     弱くあり

8月の初日も良い天気に恵まれました。

瀬底大橋から見た今日の海はとてもきれいです。

さて、一週間ほど前に指をケガして、いつもの通り消毒してバンドエイドを貼っていてのですが、昨日から中指が腫れてきて親指よりも太くなってしまい、指も痛くて曲げられなくなってしまいました。。

とても痛くて、我慢が出来なくなり病院に行くと、「切り傷が化膿しているよ。」と、言われ、治療して頂きました。

先生から「しばらくは、指を濡らさないように。」と、言われたのですが、「水仕事なので、、どうしても濡れてしまうのですが・・・。」と言うと、、「指サックとかでなるべく濡らさないようにして下さいね。」と、優しく説明してくれました。

濡れると治りが遅くなるのは、当然です。

そんな訳で、しばらく潜れません。

幸いなことに、シードアーのゲスト様は、不在でシードアー号に乗船されるショップ様のご利用が、続くので船長業務で済みそうで何とか乗り切れそうです。

最近は、インバウンドで海外の方も多いので、中指が曲げられないのでいつも仲指を立てままなので、勘違いされないように気を付けます。

今日は、2つのショップ様がシードアー号をご利用になっています。

何度も水納島でのダイビングでご利用頂いてすが、御利用頂いているショップ様からは「水納島サンゴの美しさは、もっと自慢していいですよ。」と、よく言われます。

ダイビングが終わりになり満足なご様子で、海から上がって来るゲスト様を見ていると、指の痛みも忘れた1日でした。

【見れた主な生き物】

ヨスジフエダイ・ヤシャハゼ・ヒレナガネジリンボウ・スカシテンジクダイ・キンメモドキ・ハナミノカサゴ・キリンミノ・アカヒメジ等 

本部でダイビング! GO DIVE!

トップページ