S−33086

水納島・伊江島・瀬底島のダイビングはシードアーにお任せ下さい。

 ダイビングサービス シードアー
 SEA DOOR 

     
    〒905-0227 
沖縄県国頭郡本部町字瀬底
550

瀬底大橋より伊江島、備瀬崎を望む

その他のご案内
ご宿泊案内
お食事のお店
買い出し、お買い物の店
格安航空券
リンク
シードアー紹介
  はメールで
メニューのご案内
    ト ッ プ   ダイビング日記    ポイントマップ    見られる生物    よくある質問         

 
 サイト内の画像、文章の著作権は一切放棄しておりません。Copyright©  Sea Door ALL right reserved

  〒905-0227 沖縄県国頭郡本部町字瀬底550 tel&fax 0980-47-4837

       本部警察署水難事故防止推進協議会会員   沖縄県ダイビング安全対策協議会理事   OMSBスノーケリング名誉ディレクター  本部町防犯協会会員

体調チェックのページ 
ダイビング出来る体調か下記のリストでご確認してください。
該当項目がある場合は、医師がダイビングを許可した診断書をご持参下さい。
診断書が無いと折角お越しいただいてもダイビングには参加できませんのでご注意ください。

(この書式の内容はPADI及びRSTCの病歴診断書に基づいております。)


あなたの過去と現在の健康状態に関して、以下の病歴をご確認ください。

□現在妊娠している、もしくはその可能性が有る。
□現在処方箋による投薬を受けている(避妊薬、マラリア
  予防薬は除く)。
□45歳以上の方で、以下の項目が1つ以上あてはまる。
  ●パイプ、葉巻、煙草を喫煙している。
  ●コレステロール値レベルが高い。
  ●家族に心臓発作や脳卒中の病歴が有る方がいる。
  ●高血圧である。
  ●食事療法で調整しているが糖尿病である。


以前に以下の病気にかかった事がある、又は現在
かかっていますか?

□喘息(喘息)、或いは呼吸時の喘息(ぜいぜいする)
 または運動時に喘鳴が起きる、又は起きた事が有っ
 た。
□花粉症、又はアレルギー症状の激しい発作、或いは
 頻繁な発作がある。
□カゼ、副鼻腔炎、または気管支炎によくかかる。
□何らかの肺の病気(肺炎など)がある、またはなっ
 たことがある。
□気胸がある、またはなったことがある。
□その他の肺の病気がある、またはなったことがある。
 もしくは肺(胸部)の手術を受けたことがある。

□行動上の問題、又は精神的、心理的な問題がある、
 またはなったことがある。
 (不安発作、閉所恐怖症、広場恐怖症など)。
□てんかん、発作、けいれんをおこす、またはそれを
 抑えるための薬を服用している。

□複雑型編頭痛を繰り返し起こす、またはそれを抑え
 るための薬を服用している。
□意識喪失や、気絶した事がある。完全、又は一時的
 に意識を失う)
□乗り物酔いがよくある。又は乗り物酔いが激しくあ
 る。(船酔いや車酔いなど)。

□赤痢又は脱水症状で治療が必要である。
□何らかのダイビング事故や減圧症である、または
 なったことがある。
□中等度の運動が出来ない(例えば、約1.6キロの
 距離を12分以内で歩く事が出来ない)。
□過去5年間に、意識を失う頭部の損傷があった。
□腰痛を繰り返し起こす。
□腰部又は背骨の手術を受けている。
□糖尿病である、またはなったことがある。
□腰、腕、脚の外科手術、外傷や骨折後の後遺症が
 ある。
□高血圧、または血圧降下剤など、血圧をコントロ
 ールする薬を服用している、またはしていた。
□心臓疾患にかかっている、又はわずらっていた。
□心臓発作が起きる、又は起きたことがある。
□狭心症、あるいは心臓外科手術、または動脈手術
 を受けている。
□副鼻腔の手術を受けている。
□耳の病気や手術を受けたり聴覚障害、平衡感覚障
 害である。
□耳の病気を繰り返し起こす、又は起こしていた。
□出血やその他の血液障害がある、又はあった。
□ヘルニアにかかっている、又はわずらっていたこと
 がある。
□潰瘍、又は潰瘍の外科手術を受けている。

□大腸や回腸の人工肛門の手術を受けている。
□過去5年間に娯楽で麻薬を使用したり、治療の為に
 麻薬を用いた又はアルコール依存症になった事があ
 る。


45歳以上の方でタバコや高血圧等の項目項は、ダイビング中のトラブルがとても多く報告されています。

普段自覚症状が無くても特にシニアの方は喫煙による心臓への負担や医師でしか分らない健康上の問題等により、
重大なトラブルも起きています。
 
 この体調チェック表は、皆様をトラブルから守る為にあります。

是非有効にご利用頂き、病歴等に該当項目がある場合は必ず医師にご相談して頂き、不安を無くしてダイビング
を楽しみましょう。