シードアーのダイビング日記  2014年 11月 
(ダイビングの話でない時も有りますが、本部とシードアーの最新情報を・・・)

    今月のページ     トップページ

※グーグルクロムの場合、正しく見れない場合が有ります。

2014年 11月 30日(日) 
 高校生の皆、おめでとう!  午後からは、小学生と一緒にダイビング!

 午前6時30分は、少し明るくなります。






















これからアドベンチャーダイバーにチャレンジ!

晴    気温 26度    水温 24度  透視度 15m前後

今日は、講習の最終日です。

スタッフの集合時刻も、午前7時になりました。

午前6時30分に瀬底大橋を渡ると少し明るくなっています。

周りが明るくなってきたら、「さすがにスナックに行ってももう歌っている人はいないだろうな。」と、思ってしまいました。

さて、とうとう天気は最終日まで、「少し波が出て来るかも知れないよ~。」、と言う油断できない天気でした。

ただ、天候は、晴マークで気温もこの3日間の中では、一番上がっています。
高校生達の最後のチームが午前8時58分に海に入りました。

海に入る時に「アー これでもう終わりかアー!」とか「帰りたくなーい!」とか、「もっと潜りたーい!」等など、この3日間の事が思い出せされるようです。
 午前9時20分に最初のチームが海から上がってきました。

子供達もダイバーになれた嬉しさと、講習が終わってしまった寂しさとが入り混じっています。

そして、午前9時56分に最後のチームが上がって来て、講習が全て終了しました。

頑張った子供たちに、拍手を送った日でした。

「皆、おめでとう!」



さて、午後からは、小学生のダイバーとご一緒しました。

ジュニア・アドベンチャーダイバー資格の取得に来られました。


お母様もダイバーですが、今回は一番下のお子様と、別のところに遊びに行かれます。
 小学6年生のシュータ君は、中性浮力もとても上手で、しっかり浮いている事が出来ます。

 沖縄で潜るのは初めてで、カラフルな魚たちは目を引きます。
水中の食物連鎖を知る事により、ここの海の生態系の仕組みが見えてきます。

どのような生物どこにいるのか観察する事は、生態系を守る為にも大事な事です。

小学6年生ですが、「生態系」と言う言葉も、既に知っていて色々なことを理解できる知識があり、とても驚いてしまいました。

シュータ君には、色々な事が新鮮だったようで、目が輝いていた1日でした。

本部でDIVING   GO  DIVE!

2014年 11月 29日(土) 
 頑張れっ! 高校生!
80名の生徒達と20名のインストラクター達!

 今日も水着1枚でウェットスーのり砂落とし!

曇り・雨    気温 24度    水温  24度  透視度 15m前後

天気予報は、今日も波が少し出てくる予報です。

スタッフの皆さんと講習の段どりの打ち合わせを済ませ、いよいよ2日目がスタートしました。

小潮で昼近くになると少し波が高くなってくるので、午前中にスキルを色々と終わらせているようです。
予報と裏腹に、晴れ間が出て来ると沖縄らしい色鮮やかな海とビーチが戻ってきました。

テントから出て生徒達を見守っている先生方もとても気持ち良さそうです。
時折、雨がぱらつきながら風も吹いて決して良いコンディションではありませんが、一言も愚痴をこぼさない高校生たちは、私達の手本の様にも思える時があります。

そして、今日も水着1枚で海に入り友達と話しながら、ウェットスーツの砂を落としている高校生たちは、全く私達に寒さを感じさせませんでした。

朝9時から始まった講習も、午後4時前には、全員終了しました。

いよいよ、明日で、講習も終了です。

頑張れっ!高校生!

本部でDIVING   GO  DIVE!

2014年 11月 28日(金) 
 今年もこの時期が来ました。
    午前6時の本部は、まだ夜明け前!











 砂のついたウェットスーツを海で洗う生徒達!

曇り・雨    気温 26度    水温  24度  透視度 15m前後

今年も、この時期が来ました。

毎年、本部に来て、Cカードを取得する高等学校があります。

今年で15年目で、今回は約80名の参加です。

さて海洋実習は、崎本部ビーチです。

午前6時30分のスタッフの集合時刻に合わせてショップを出るとまだ夜明け前です。

行き先を崎本部ビーチからどこかのスナックに変えると、真っ暗で夜の続きのようなのできっとまだ酔って歌っている人がいるのではと、勘違いしそうです。
関口もこの講習会は数年前までは、海に入り講習を担当していましたが、最近は陸に上がって、全体の講習の進行状況を見ています。

テントの下に座ってじっとしてるとなんだかシーサーになった感じがします。

シーサーにならないように、なるべく笑顔でいるようにしようとすると、これがまたいけません。

シーサーが作り笑いしている様な顔になっているのではと・・・

さてさて、この講習会も今年で15年目を迎え、スタッフの方々も要領を得ているのでとてもスムーズに進行しました。

体育科のこの生徒達は、体が絞まって体脂肪率も10%もなさそうです。

絶対に寒いはずなのに、ダイビング後に水着1枚で海に入り、はしゃぎながらウェットスーツを元気良く洗っている生徒達を見ていると、こちらも元気になります。

天気には恵まれない1日でしたが、天気に負けない高校生たちは、とても晴々していました。

明日も頑張ろうっ!

本部でDIVING   GO  DIVE!

2014年 11月 27日(木) 
 久々に、ハナヒゲウツボの幼魚と成魚が揃いました。
             海は、思ったよりきれいでした。


    
  成魚は、ここ数日同じ場所にずっといます。

晴    気温 26度    水温  24度  透視度 25m前後

天気が良く気持ち良い日がずっと続いています。

今日は、南東よりの風で暖かいです。

連日、海が白濁りしているように見えるのですが、アンカーロープがどこまで見えているか透視度を測ってみると、30m位見えていそうです。
水納島は、ハナヒゲウツボを良く見る事が出来ますが、幼魚を見るのはとても久しぶりでした。

時々巣穴を移動しますが、あまり遠くまで行かないようなので、近辺に居るはずです。

しかし、一旦見失うとなかなか見れない事もあります。
アカヒメジも相変わらず沢山群れて、海のブルーとアカヒメジの黄色の対比がとてもきれいです。

ハナヒゲウツボの成魚のブルーと黄色もきれいに見えるのは、色の対比が良いからかなー?と、思いました。

 成魚もいつもの場所に居て、簡単に見る事が出来ました。

 亀も運良く現れてくれました。

ゆっくりと手を広げてグライダーの様に水中を滑る様に泳いで行きました。
グルクンも絨毯の様に海底に広がって泳いでいます。

のんびりした時間が、流れて行った日でした。

本部でDIVING   GO  DIVE!

2014年 11月 26日(水) 
 風景が、そのまま芸術作品の様!

    瀬底大橋の影が、印象的でした。






    水納島は、宝石の様にきれいな島です。

晴    気温 26度    水温  24度  透視度 25m前後

今日も晴天に恵まれて、ホッとしました。

一昨日の予報だと、今日は雨で肌寒そうな予報だったので、嬉しくなります。

瀬底大橋を渡っていると、あまりにも景色がきれいなので写真を撮りました。

海に写る瀬底大橋の影がとても印象的です。
港から水納島に向けてボートを走らせていると、鹿児島行のフェリーが目の前を通り過ぎて行きました。

昼頃には、与論島に到着します。

明日には鹿児島につくと思うと、そのまま後ろについて行きたくなります。
「そうなれば、明日の夜は芋焼酎か?」等と考えている間に、水納島に着きました。

水納島もとてもきれいで、仙台からお越しのゲスト様はとっても喜ばれていました。

水が透き通っているのを見て「こんなにきれいなんだ~。」とため息の様に話された言葉が、とても心に響きました。

 海の中は、今日も多少白濁りしていましたが、そのお陰で今日も魚が沢山群れていました。

 昨日は見つけられなかったウミテングも今日は姿を現してくれました。
 11月も下旬と言うのに26度の気温は、ダイバーにとっては有難いでした。

今日の本部の海は、景色がそのまま芸術の様な1日でした。

本部でDIVING   GO  DIVE!

2014年 11月 25日(火) 
 プランクトンの多い日!。  

    ヤシャハゼだらけでした。

    
     餌を一所懸命取っていました。


  イソマグロが近寄ってきました。

晴    気温 26度    水温  24度  透視度 25m前後

今日も風は、南寄りで11月とは思えない暖かさです。

水納島は、ヤシャハゼが一段と増えていました。

普段だとヤシャハゼを探すのに全神経を集中しますが、ちょっと気を抜くと、泳いでいる真下にヤシャハゼが顔を出していたりします。
あちこちにヤシャハゼが顔を出しているので、有難さに欠ける感じです。


沖の根も台風の影響でずいぶんと形が変わったのですが、ハダカハオコゼは、ずっといます。
今日も海は少し白濁りしています。

この白濁りは、プランクトンの様です。

その為か、魚の活動が、とても活発です。

 かなりの数のチンアナゴも顔を出して餌を取っていました。

ヤシャハゼが多いのも、このプランクトンのせいかもしれません。

普段だと泳ぎ去るグルクンも、ずっとこの辺りで餌を取っていました。
このグルクンも夏だと川の様に筋になって流れて行ますが、今日は絨毯の様に広がって砂地を覆うように流れてきました。

グルクンが多いせいか、イソマグロが徘徊していました。

圧倒的なスピードで気グルクンの群れに突っ込むイソマグロは、迫力そのものでした。

白濁りの海は、餌の豊富な海でした。

本部でDIVING   GO  DIVE!

2014年 11月 24日(月日) 
 水納島・瀬底島2島ツアー  
    
     ハナヒゲウツボは健在でした。




 ノコギリダイがとてもきれいです。

晴    気温 27度    水温  24度  透視度 25m前後

今日は、眩しい位のよい天気に恵まれました。

3日間休んでいたので、久しぶりのダイビングの様な気がしました。

南東の暖かい風に包まれて、とても11月とは思えません。
水納島は、相変わらず白い砂浜がきれいで、海に浮かぶ宝石の様です。

ハナヒゲウツボを探しに行くと、今日もいつもの場所にいてくれたのでホッとしました。

グルクンがやたらと目立ち、群れがあちこちにいました。
岩にぴったりへばりついたオニカサゴは、遠目には全く岩にしか見えません。

瀬底島は、波が無くとても穏やかでした。

 小さいジョーフィッシュは、引っ込みそうでなかなか引っ込まず、近寄る事が出来ました。

子供だから好奇心が旺盛なのか、大人よりも顔を巣穴から出しているジョーフィッシュでした。
リーフ際には、ノコギリダイが群れています。

安全停止をする5~6mと前後に居るので、写真に夢中になっていると安全停止の3分はあっという間に過ぎていきます。

都会から戻り、色々なものが新鮮に見えた1日でした。

本部でDIVING   GO  DIVE!

2014年 11月 23日(日) 
 沖縄に帰る日。 3日間有難うございました。  ダイビングの話ではありません。

 ポケモンジェットに乗ると思うとちょっとワクワク!















 飛んでる時は翼がしなっています。
カーソルを写真の上に置くと止まっている時の翼が見れます。

晴    気温 17度→ 26度

いよいよ、今日は那覇に帰る日です。

自分が育った神奈川と両親とも会えたこの旅を思い出すと、熱い気持ちと寂しい気持ちが入り混じります。

さて、羽田飛行場に着くと、那覇空港で見たポケモンジェットがいました。

しかも今回は私が乗る便です。

なんだか少し嬉しくなったのは、私がまだ子供の証拠なのでしようか?

自分でも分からなくなりました。
行きの飛行機は、修学旅行生もいて満席だったので、帰りも満席を覚悟していたら、なんと隣も、隣の隣もいません。

私の列は、私だけでした。

ちょっとラッキーでした。
私の乗った飛行機は、離陸待ちの飛行機で渋滞していました。

20分ほど遅れて離陸しました。

翼の場所だったので外の景色が良く見えなかったのですが、翼の変化が良く分かりました。

陸に止まっている時よりも、飛んでいる時は翼がずいぶんと、しなっているのです。

「飛行機の翼って空を飛んでいる時は、こんなにしなっているんだ!」と、。少しびっくりしました。
 羽田空港を離陸してから、何分経ったか分かりませんが富士山が見えてきました。

富士山の美しい姿を見て、「やっぱり日本を代表する山だなあ。」と、つくづく思いました。

又、富士山の南西方向に雲が出来ているのを見て、「北東の風が吹いているんだなあ。」と、どうしても仕事から離れる事が出来ませんでした。

ボートに乗っていると、風向きがとても気になるからです。

午後2時過ぎに那覇空港に到着しました。

気温が26度もあり、とても暑く沖縄はやはり南国でした。
車を走らせて、2時間少し経ち、やっと崎本部まで戻ってきました。

この景色を見て、「家に帰って来た。」と言う気持ちになりました。

本部に来て今年で24年経ち、すっかりウチナンチュウになっているのかもしれません。
11/21から11/23の今日まで、お休みさせて頂き本当に有難うございました。

とても良い結婚式に出席できました。

さて、明日からは気持ちを切り替えて、ダイビングに専念したいと思います。

明日から、又よろしくお願い申し上げます。

本部でDIVING   GO  DIVE!

2014年 11月 22日(土) 
  甥っ子の結婚式。新婦はとてもきれいでした。 ダイビングの話ではありません。

  甥っ子の結婚式に来ましたが、新婦に見とれてしまいました。












  芸術の様な料理が続々と出てきました。











とても雰囲気のある建物が並んでいました。

晴    気温 17度    

朝目が覚めて、窓を開けると気温14度のひんやりした空気が肺いっぱいに入ってきました。

私の泊っている所は多摩川のほとりですが、ひんやりした空気は、山の空気を吸っている様で、とてもいい気分です。


最高気温が17~18度と、分かっていたので横浜での格好は、Tシャツとトレーナーくらいかなと、考えていたら結構寒いのにびっくりでした。

さて、今日は甥っ子の結婚式です。


ネクタイを締めるのに、慣れないので何回もやり直しです。
 11時30分から披露宴が始まりました。

沖縄と違って、誰もお酒に手を出していません。

沖縄の場合、会場に入ってテーブルに着席した時点で、乾杯の音頭を待たずに、お酒を飲み始めるのが一般的なのです。
沖縄のこの習慣には、初めは少し戸惑いました。

しばらくして新郎新婦が入場してきました。

新郎の親戚の私ですが新婦がとてもきれいで、新婦に見とれてしまいました。

「やはり新婦が主役だなあー。」と、つくづく思いました。

 そして、美味しい料理が次から次へと運ばれてきました。
 伊勢エビの○○(料理の名前を忘れました。)はとても美味しかったです。

又フォアグラを食べた時、「フォアグラって、今まで食べた事があるかなー?」と、考えてしまいました。

自分から、「フォアグラを食べに行こう。」と言う発想が無い私なので、
食べた時は、感激しました。

本部では、フォアグラを出している店はきっと無いし、仕方ありませんが・・

見た事もない芸術の様な料理がどんどん出てきます。

気が付くとお腹いっぱいになっていました。

知り合いのダイビングのインストラクターから、「横浜に行ったら中華街に行って○○と言う店に行くと良いですよ、とっても美味しいから!」と、言われ「必ず行きます。」とは言ったのですが、もうお腹は限界で中華街には行けませんでした。

披露宴も、滞りなく進み記念写真を撮り帰途につきました。

横浜の街の景色は、40年前に住んでいた頃と変わった場所もありますが、外国を見ている様な建物が沢山あり、「港・横浜」が、更に好きになりました。

甥っ子の結婚式のお陰で、普段会うことのできない親戚とも会えて、感謝です。

「甥っ子よ。おめでとう!お幸せに!」と思った1日でした。

横浜でWEDDING !

2014年 11月 21日(金) 
  甥っ子の結婚式で横浜に向けて出発の日。  ダイビングの話ではありません。

  瀬底大橋から見た今日の海。 「最高っ!」









  嘉手納近くは、外国の様な景色!






インド人オーナーと写真を撮らせて頂きました。

晴    気温 18度    

今日は、甥っ子の結婚式に出席するので、横浜に向かいます。

気持ちがわくわくして子供に戻ったみたいで、なかなか寝付けませんでした。

朝になり、「やったあー、今日になったあ!」支度を済ませて、いよいよ那覇に向けて出発です。

今日の海はとても穏やかで、瀬底大橋から見た海はすっごく綺麗でした。

この連休に沖縄に来られるダイバーの方は、良い海を楽しめると思いました。

 途中崎本部には、まだ車が一台も止まっていませんでした。

 鹿児島に向かうAラインのフェリーも港を出発したばかりです。

 ラジオを聞いていると、30年前にヒットしたAHHAの曲が流れてきました。
ラジオのボリュームを上げて、曲を口ずさみながら最高の気分です。 

時間にかなり余裕を持っての那覇までの移動なので、周りの景色を楽しみながらのドライブ。

嘉手納辺りの景色は大きなヤシの木が並び、外国に来たような気分になります。

那覇に向けての道路は意外と空いて、とても運転しやすかったです。
 那覇空国着き、搭乗手続きや手荷物検査も済ませて出発ロビーを入るとポケモンジェットがいました。

 子供たちが窓越しに集まっていました。

 羽田向けの飛行機は、満席でした。
本土に帰る修学旅行生で、いっぱいでした。

午後5時近くに、羽田空港に到着しました。

もう薄暗く、沖縄よりも1時間近く日の入りが早い様に感じました。

夕食は、兄夫婦とカレー屋さんに行きました。

何でもとても美味しくて有名なカレー屋さんだそうで、私達が入ると満席になりました。

「サムサ」と言うジャガイモがメインの料理も美味しかったです。
とても大きな「ナン」や、「スパイシーチキン」数種類のカレーを楽しみました。

緑色のカレーか、インドの田舎料理も出て来ました。

お酒も入りとても気持ち良くなった1日でした。

東京でEATING !

2014年 11月 20日(木) 
  天気良好、体調良好、視界良好 全て良好の体験ダイビング

   準備運動で、準備万端です。



 とてもきれいな海でした。」

晴    気温 23度    水温  24度  透視度 20m前後