シードアーのダイビング日記  2016年 5月 
(ダイビングの話でない時も有りますが、本部とシードアーの最新情報を・・・)

    今月のページ     トップページ

※グーグルクロムの場合、正しく見れない場合が有ります。

2016年 5月 31日(火) 
 梅雨は、すぐ草ぼうぼうです。  午後はボートの陸揚げ。ダイビングの話ではありません。

ソテツを剪定していたら、パイナップルみたいになりました。













    明日から、船底塗料塗りです。
  晴     気温 30℃  

 梅雨時期は、植物の育ちがとても速くあっという間に庭が草ぼうぼうになります。

2週間前に、草刈りをしたのにもう草だらけです。

お客様もお見えになる場所なので、きれいにしておかなくてはと思い、今日は木の枝うちをしたり大物をきれいにしました。
ウコンは、ほって置くとどんどん増えていきます。

毎年、冬に掘り起こしたウコンをスライスして、天日干しにし島酒に入れて飲んでいます。
 ソテツを調子に乗って、カットしていると気が着いたら、パイナップルみたいになりました。
「涼しそうで、いいかな?」と、納得ししました。
シードアーのバナナは、悟りのバナナと呼んでいます。

実をつける事がないダメバナナと決めつけていたので、水も上げなくなりほったらかしにしていました。

しかし、ある日バナナの花が咲いたのです。
ダメバナナだと決めつけられていたバナナは、必死に頑張り育ち実をつけました。

ダメと決めつけていた私が、とても恥ずかしくなり、それ以来このバナナを悟りのバナナと呼んでいます。

午後からも、大仕事でシードアー号を 陸揚げします。

船底塗料がすっかり剥がれ落ちて、船底にすぐにフジツボやコケが着くので、船底塗料を塗ります。

前回、船底塗料を塗ったのが、去年の1/21なのでずい分と無理させてしまいました。
庭もボートもきれいにしようと思った1日でした。


本部でDIVING   GO  DIVE!

■頑張れっ! 熊本!
4/25に本部町ダイビング協会の総会が有り、被災地に緊急支援する事になり協会から10万円の寄付をすることが決まりました。

又これとは別に、シードアーは売上金の一部を寄付金として、9月末日に日本赤十字社に寄付をします。
10月上旬にホームページでご案内します。

被災された皆様の1日も早い復興を願って、少しでも多く寄付できるように頑張ります。

2016年 5月 29日(日) 
 ヨスジフエダイが滝の様になっていました。

     海の中は、今日もきれいです。


    
       水納島に広がるサンゴ



  瀧の様なヨスジフエダイの群れ。
  晴     気温 30℃  水温 24~25℃   透視度 30m

 気温も、すっかり夏になりました。

サンゴの産卵も観察されて、水温も上がり始めています。

白濁りが少し気にはなるのですが、それでも海に入ると透視度は、30mは充分にありました。
 ハナヒゲウツボの幼魚は、最近ずっと顔を出しています。

とても細くて、鉛筆よりも細そうです。

  日差しが強いので、海の中がとても明るくリーフのサンゴ撮影では、ストロボも不要です。

リーフのサンゴを見ていると、テングカワハギやアミチョウチョウウオなども見れます。
 海底には、トウカムリ貝もあちこちで見かけるようになりました。

 トウカムリの通ったあとには、ブンブクの殻が良くあります。

トウカムリが出だすと、夏の到来です。
 沖の根では、ヨスジフエダイがいつも群れています。

毎回、同じ様な写真を撮ってしまうので「今日はもう絶対に撮る必要がない。」と、自分に言い聞かせていたのですが、結局滝の様に群れているヨスジフエダイを見ると、写真を撮ってしまいました。

又、似たような写真が1枚増えた1日でした。


本部でDIVING   GO  DIVE!

■頑張れっ! 熊本!
4/25に本部町ダイビング協会の総会が有り、被災地に緊急支援する事になり協会から10万円の寄付をすることが決まりました。

又これとは別に、シードアーは売上金の一部を寄付金として、9月末日に日本赤十字社に寄付をします。
10月上旬にホームページでご案内します。

被災された皆様の1日も早い復興を願って、少しでも多く寄付できるように頑張ります。

2016年 5月 28日(土) 
 アドヴァンスド・オープンウォーターダイバー資格取得。 おめでとうございます。

  今日のゲスト様。







 一面に広がるキホシスズメダイの群れ。





   水納島から末広がりに延びる雲。
  晴     気温 30℃  水温 24~25℃   透視度 30m

梅雨の中休みなのでしょうか。

今日も、真夏日が続いています。

私は、まだフードベストを着ていますが、ゲスト様は「全く寒くないです。」といって薄手のウェットスーツ1枚で潜っています。

ゲスト様は、今日がアドヴァンスド・オープンウォーターダイバーコースの最終日です。

 海洋生物を研究されて、2つの大学を進んだゲスト様は、とても知識が豊富です。

この素晴らしいゲスト様と海洋生物について、お話をしながら講習をさせて頂くのはとても光栄でした。
  そんな中で、ナチュラリストの講習の時は、どちらも強面のオニダルマオコゼとナミウツボが、並んでいを穴に隠れていました。

お互い危険生物という事を知っているから、手を出さないのでしょうか。

捕食者の強力な魚が来ると、弱い魚たちが寄ってたかって追い払うモビングという行動も見られませんでした。

今日も、キホシスズメダイの群れがすごくて、また同じような写真を撮ってしまいました。
 この海藻は、「ケヤリ」みたいなのですが(自信が有りません)、この海藻に紛れてカニがいます。

クビナガアケウスですが開創と全く同じ色をして全く同じ様に見えるので、全く存在自体が分かりにくいカニです。

 ゲスト様の講習も終えて、水納島を見ると、水納島から雲が末広がりの様になっていました。

おめでたい事が続いた1日でした。


本部でDIVING   GO  DIVE!

■頑張れっ! 熊本!
4/25に本部町ダイビング協会の総会が有り、被災地に緊急支援する事になり協会から10万円の寄付をすることが決まりました。

又これとは別に、シードアーは売上金の一部を寄付金として、9月末日に日本赤十字社に寄付をします。
10月上旬にホームページでご案内します。

被災された皆様の1日も早い復興を願って、少しでも多く寄付できるように頑張ります。

2016年 5月 27日(金) 
 至福の時間。

  今日のゲスト様のバナナリーフの皆様。



伊江島フェリーは、空に浮かんでいるようでした。



   プールの様に静かな海。
  晴     気温 29℃  水温 24℃   透視度 30m

気温が、本土よりも低い沖縄ですが、いよいよ暑くなってきました。

海はとても静かで、鏡のように見えます。

水納島のサンゴの凄さに、今日もわざわざ那覇から水納島にサンゴを見に、ダイビングショップ「バナナリーフ」の皆様がお見えになりました。

 ダイバーの皆さんがどんどん海の中へ消えていきます。

 残されたゲスト様は、少しいそがれていたようですが、広い海を一人占めしているように見えて、一番幸せなゲスト様のように見えました。
  梅雨で水蒸気が多いのか遠くが霞んで見えますが、波が全くないので伊江島フェリーは、空に浮かんでいるように見えました。
 今日は、あちこちでサンゴの卵が観察できました。

 赤い帯の様になって水面を漂っているのがサンゴの卵です。

 水温が上がって来ている証しです。

 今日の海がどれだけ静かというと、左の写真を見て頂くと分ると思います。

波一つなく海面が全く平らで、海にも潜っているダイバーも、プールに居るように見えます。

沖縄本島からボートでわずか15分の水納島ですが、サンゴの素晴らしさと生物の豊かさに感激され、3ダイブもあっという間で物足りなさそうな、皆様でした。


本部でDIVING   GO  DIVE!

■頑張れっ! 熊本!
4/25に本部町ダイビング協会の総会が有り、被災地に緊急支援する事になり協会から10万円の寄付をすることが決まりました。

又これとは別に、シードアーは売上金の一部を寄付金として、9月末日に日本赤十字社に寄付をします。
10月上旬にホームページでご案内します。

被災された皆様の1日も早い復興を願って、少しでも多く寄付できるように頑張ります。

2016年 5月 26日(木) 
 アドヴァンスド・オープンウォーター・ダイバーコース。

   PPB講習でホーバリング中のゲスト様。







  ハナイカの赤ちゃんが、いました。
  曇・晴     気温 29℃  水温 24℃   透視度 15m

今日は、雨マークがついていましたが、天気はよく雨は全く降らず、梅雨明けを思わせる天気でした。


今日は、アドヴァンスド・オープンウォーターダイバーコースを開催しています。

中性浮力にさらに磨きを掛けるこのコースを終了されたゲスト様は、50分の潜水をしても残圧が80も残り、とてもびっくりされていました。

 エントリーする場所には、「打ち上げられた魚が。」と、思ったらトビハゼがいました。

私たちが近づいても海に逃げるわけでなく、陸上をピョンピョン飛んで逃げていきます。
  海洋生物学の中でもサンゴを専門に研究されて大学院も出られたゲスト様は、海洋生物にとても興味をお持ちです。

ハナイカの赤ちゃんが、沢山いてもうすぐハッチアウトしそうでした。
 変化した地形は、さまざまな生物のすみかになっています。

ビーチからのダイビングでも、色んな環境が楽しめます。

ナビゲーションの中でも、自然物を利用したナビゲーションは、私たちインストラクターが良く使うテクニックです。

コンパスを使わずに自然物を利用したナビゲーションダイブでも、テクニックをマスターすれば流れの影響も受けずとても正確だという事をゲスト様は、実感されました。
アドヴァンスコースの1ダイブ毎にとても意味がある事にお気づきになった1日でした。


本部でDIVING   GO  DIVE!

■頑張れっ! 熊本!
4/25に本部町ダイビング協会の総会が有り、被災地に緊急支援する事になり協会から10万円の寄付をすることが決まりました。

又これとは別に、シードアーは売上金の一部を寄付金として、9月末日に日本赤十字社に寄付をします。
10月上旬にホームページでご案内します。

被災された皆様の1日も早い復興を願って、少しでも多く寄付できるように頑張ります。

2016年 5月 25日(水) 
 今年もウシバナトビエイの時期が来ました。

   今日のゲスト様。



  
この時期になるとウシバナトビエイの群れが現れます。
  曇・雨     気温 27℃  水温 23~24℃   透視度 30m

今日も
ぐずついた天気になりました。

しかし海の中は大変面白く、ゲスト様は興奮の一日でした。

 曇り空で、春の白濁りも合わさり透視度は、悪そうに見えるのですが、それでも30m先まで見えています。

ハナヒゲウツボの成魚と幼魚が今日もいました。
  ウミガメものんびりとくつろいでいる様子で、手の届く距離まで近づいても、のんびりしていました。

 ウメイロモドキの大群が押し寄せてきました。

黄色とブルーがとてもきれいで華やいで見えます。

  毎年この時期になると、ウシバナトビエイの群れが現れます。

今日も、30~40匹を程のウシバナトビエイが、いました。

梅雨空でしたが、ゲスト様は大満足された1日でした。


本部でDIVING   GO  DIVE!

■頑張れっ! 熊本!
4/25に本部町ダイビング協会の総会が有り、被災地に緊急支援する事になり協会から10万円の寄付をすることが決まりました。

又これとは別に、シードアーは売上金の一部を寄付金として、9月末日に日本赤十字社に寄付をします。
10月上旬にホームページでご案内します。

被災された皆様の1日も早い復興を願って、少しでも多く寄付できるように頑張ります。

2016年 5月 22日(日) 
 水納島のヨスジフエダイの数が、半端でないでした。

   今日のゲスト様。



  手前は、水深20m 奥は、60m。



 今日のヨスジフエダイは、凄い数でした。
  曇     気温 27℃  水温 23~24℃   透視度 30m以上