シードアーのダイビング日記  2015年 12月 
(ダイビングの話でない時も有りますが、本部とシードアーの最新情報を・・・)

    今月のページ     トップページ


※グーグルクロムの場合、正しく見れない場合が有ります。

2015年 12月 31日(木) 
 2015年、皆様今年1年有難うございました。

     今年ラストのノコギリダイ観察。



















 コンロも、水も用意したのにガスボンベが空でした。
曇、晴     気温 21度   水温23度前後  透視度25m

 今日は、天気が良くなりました。

日も出て、気持ちのいい朝です。

最近は、荒れる年末年始が多く、こんなに天気のいい大みそかは久しぶりです。
 大みそかの今日は、瀬底島でのダイビングです。

今年もラビリンスには何回通ったかな?と、考えてしまいました。

また今年は、色んなジョーフィッシュとも出会えました。

 リングアイだけでなく、シルバーのジョーや白と黒のマダラジョー、そして黄色のジョーや黒のジョーフィッシュなど本当に沢山のジョーフィッシュと出会えました。 

 ネムリブカとも、良く出会いました。

今日も大きなネムリブカが居ました。

ライトを当てると、奥に引っ込んでしまう時もありますが、2m近くも有り迫力は十分です。
最近は水面休息の時が寒いので、暖かい物をボートの上で出してあげようと思い、大みそかと言う事もあるので、ゲストの皆様に暖かいソバを出そうと思い、用意しました。

そして、1ダイブが終わり「暖かいソバ、ソバ、ソバ。」と独り言を言いながら皆の喜ぶ顔を想像しゲストの皆さんに気づかれないように、支度をしました。

サプライズなので、まだ誰にも話していませんでした。

ソバを出した瞬間「関さん 有難うー!」とか「関さん、気がきく。」とか色んな事を想像して、にやけ顔止まりません。

そしてすぐに、どん底に落ちてしまいました。

ガスボンベが「空っぽ。」 いわゆる空き缶って事になっていました。

ゲストの皆様には、サプライズのつもりで何も伝えていなかったのが、幸いと言いますか。

ダイビングが終わった後、ゲストの皆様に「ソバ事件」をお伝えしておソバをお持ち帰り頂きました。

ボートの上でソバを御馳走できませんでしたが、私の気持ちだけは伝わったようでちょっとだけ、嬉しくなった大みそかの昼下がりでした。

多くのゲストの皆さま、そしてシードアー号をご利用頂きましたダイビングショップの皆さま、今年一年間本当に有難うございました。

2016年も、何卒宜しくお願い申し上げます。

それでは、良いお年をお迎え下さい。

シードアー 関口正樹。 由美。 マグ。

本部でDIVING   GO  DIVE!

2015年 12月 30日(水) 
 水納島・瀬底島2島ツアー。

      今日のゲスト様。



 スカシテンジクダイは、今も沢山います。
曇    気温 21度   水温23度前後  透視度20~25m

 今日も静かで、水納島と瀬底島に行ってきました。

年の瀬を感じます。

残り少ない1年を惜しむように、今日のダイビングが始まりました。
 水納島では、いつもアカヒメジが沢山います。

ヨスジフエダイと混ざって、黄色が一段と映えます


時々シマアジの群れも合流して一段と大きな集団になったりします。
  沖の根も、スカシテンジクダイとキンメモドキが群れて、冬とは思えない様な光景が見れます。

 午後からは、瀬底島に行きました。

時折陽が射して、水面から光がカーテンの様に見えてとてもきれいでした。

ハタンポやアカマツカサ達がじっとして、すれ違う私達を横目で見ています。

 どっちが観察されているのか分からないみたいです。
曇り空でしたが、海のコンディションも良く三十日のダイビングが終わりました。

本部でDIVING   GO  DIVE!

2015年 12月 29日(火) 
天気回復、海がとてもきれいです。

      天気が回復しました。




 今日は、シルバーのジョーもいたと教えてくれました。
晴     気温 21度   水温23度前後  透視度20~25m

 今日は天気が回復しました。

朝方はまだ、風が強く心配しましたが、時間が経つにつれて日も出て来て海も穏やかになってきました。

ダイビングポイントに着くまでは、まだ多少波は有りましたが、ダイビングポイントは、とても静かでした。
 今日は、瀬底島周りでのダイビングですが、ニシキフウライウオはペアでいました。

時々♀は、居なくなる事が有ります。

 天気がいいので、海の中も明るく透き通って見えます。

  ここは、いろんな色のジョーフィッシュを見る事が出来ます。

リングアイジョーフィッシュも良く見る事が出来ますが、今日は何とシルバーのジョーフィッシュが居たと教えてくれました。
 2本目は、パンプキンと言う場所に行きました。

 ニシキアナゴがここで見る事が出来ます。

 今日は、普段よりも多くのニシキアナゴが居ました。
ヤシャハゼやヒレナガネジリンボウなどもいて、天気が回復した海を楽しんだ1日でした。

本部でDIVING   GO  DIVE!

2015年 12月 28日(月) 
 気の早いのは、私でした。 ダイビングの話ではありません。

      八重岳の桜が咲き始めました。
雨     気温 16度   

 
今日は、どうしようもないほどひどい天気です。

当然、ダイビングは、中止と言うかキャンセルになりました。

この天気では当然だと思いました。

そんな訳で今日は時間が出来たのですが、ふと思い出したのが、「桜が咲いてるよ。」と、友達が言った言葉でした。

早速、桜の名所の八重岳に行くと、やはり桜が咲き始めていました。

山の上の方はまだ咲いていませんが、麓でいつも早めに咲く場所が有ります。
今年もその場所で、桜が咲いていました。

「なんて気の早い桜だろう。」と、思いましたが、良く良く考えてみると桜の時期は、1月中旬なのにもう桜を見に来る私こそ「気が早いなあー!」と、雨に打たれ流れ桜を眺めていた1日でした。

本部でDIVING   GO  DIVE!

2015年 12月 27日(日) 
親子でダイビングにご参加頂きました。

      岩を見て、岩の様に!







海洋地球学を専攻する、自然派ダイバーの息子様。

晴のち雨     気温 21度   水温23度前後  透視度20m

 今日は、親子様でダイビングにお見えになりました。

ビギナーのお母様の付き添いに来られた息子様は、海洋地球学と言う難しい学問を専攻されている自然派ダイバーです。

天気が良く風もほとんどなくて、ベストコンディションになりました。
 膝まで海に浸かり、海の中を覗いてい見ると、とてもきれいで20m先まで見えています。

ビーチダイブでこれだけきれいなら、十分満足できます。

5~6m位まで潜ると、ロクセンスズメダイがお約束の様に集まってきました。

  クギベラやクロスズメダイ、時々ニジハタまでもがやってきます。

ビギナーのお母様は、思ったよりも上手でキック力もかなりあり、バランスも良くダイビングされていました。
 ハマクマノミが指にアタックして来た時は、アタックの強さに少し驚かれていました。

 ここでも沖の根には、スカシテンジクでいがまだいました。

モンツキアカヒメジの群れは、日向ぼっこするように、中層に浮いていました。
ビギナーのお母様には、見るものすべてが楽しかったようで、とても喜んで頂けた1日でした。

本部でDIVING   GO  DIVE!

2015年 12月 26日(土) 
 天気回復、水納島・瀬底島 2島ツアーの日 。 クジラの声が聞こえました。

天気が回復して、気持ちいい日になりました。










  このサンゴはきれいですよ。

晴      気温 24度   水温23度前後  透視度30m

 今日は、天気が回復して眩しい1日となりました。

風も収まり、早速水納島に行きました。

天気が良い事も手伝って、海底がガラスのように透き通って見えています。

やはり天気がいいと気持ちいいです。
 グルクンの群れが、目の前を流星群の様に通り過ぎて行きました。

 沖の根では、今でもキンメモドキとスカシテンジクダイが、沢山群れています。

 遠くから見ると、根が霞んで見ますす。

  霞んでいる根に近づくと、その霞んでいる原因が小魚のせいと分ると、皆さんびっくりされます。

そして1m近くある大きなサバヒー(ツムブリの様の大型の魚)が、一列に並んで泳いで行きました。

沖のイソバナはとてもきれいです。

ニジハタやキンギョハナダイのお好みの場所となっています。
 リーフ沿いにもサンゴが沢山あり、フタスジリュウキュウスズメダイやミツボシクロスズメダイ等が宿っています。

安全停止をする水深5メートルる近辺にもサンゴが多く、テーブルサンゴの下にアカマツカサが隠れていたホウセキキントキが居たりしました。

圧巻は、又現れた1m超のバラクーダでした。

最近は、この辺りで1匹だけですが、とんでもない大きさのバラクーダが居ます。

どうやら水納島にずっと居着いているようです。

そして、ついにクジラの声が聞こえました。

そろそろ、クジラが見れるシーズンになった1日でした。

本部でDIVING   GO  DIVE!

2015年 12月 25日(金) 
 雨が降り続けた1日。

 今日は雨で、薄暗い日となりました。






 尻尾だけだと感動が有りません!







 ささやかな電飾ですが、
MERRY CHRISTMAS
雨      気温 18度   水温 23度前後   透視度  20m

今日は、朝から天気が悪いです。

雨に打たれて港での器材セッティングは、少し憂鬱になります。

しかし、有難い事に風も強いのに瀬底島の島影は、池の様に静かでした。
 今日も、那覇からダイビングショップの方がシードアー号にご乗船されています。

 やはりニシキフウライウオは、最近では珍しいらしく、ペアで見れたのをとても喜んでおられました。

 太陽が出ていれば、トンネルの天井の隙間から日が差し込んで、光のカーテンの様になってとてもきれいです。
ですが、天気が悪いと、悪いなりに暗がりに棲むイセエビなどが表に出て来るので、また別の楽しさが有ります。

クジラは、尻尾だけ見てもとても感動するのに、サメには申し訳ないですが、サメの尻尾は全く感動が有りませんでした。

やはりサメは全体の姿を見たいものでした。
うす暗いせいか、ジョーフィッシュがあまり引っ込まない気がしました。

子供の頃、かくれんぼして、夕方のうす暗い時は、オニに見つからないだろうと大胆に表に出たりした事を思い出しました。

ジョーフィッシュも同じ思いなのでしようか?。

さて、今日は久しぶりにドライスーツを出しました。

この冬に着るのですが、水没箇所が無いか、点検の意味もありました。

沖縄は午後6時になると、暗くなりますが、今日は天気が悪いので既に暗くなっていて、ささやかなクリスマスの電飾を見て、何だか暖かい気持ちになった1日でした。

本部でDIVING   GO  DIVE!

2015年 12月 22日(火) 
 食べ過ぎた日。夕日がきれいだった日。 ダイビングの話ではありません。

 沖縄の海は、どこもきれいだなあー!



 味噌ラーメンと天津丼にチャレンジ!


 店員さんの心配をよそに完食しました。



  17時37分 水平線の上の夕日

  17時40分水平線に消えました。
晴      気温 26度   

 今日は、那覇まで用があり出かけました。

久しぶりのドライブです。

今日は気温が26度と、夏の様な暑さです。

車も窓を全開にして走りました。

窓から見える海はどこもきれいで、「沖縄の海はきれいだなあー。」と、つくづく思いました。

途中バイパスに入り山中を走ると
「ここは本当に沖縄なのかな?」と、山林地帯が見えます。

ヤンバルの自然の豊かさを感じます。

そんな景色を楽しみながら、那覇まで行き友人のインストラクターに会いました。
友人は、私と同期のインストラクターでダイビングの事を色々な話をしながら、昼食を取る事になりましたが、「お腹一杯食べよう!」と言う事になり、時間もまだ昼前でお店が混み合っていなかったのでそれぞれ4人掛けのテーブルを一人で独占してオーダーをしました。

私は、天津丼と味噌ラーメンです。

店員さんが、「まだお客さんが来られるのですか?」と、聞くので「私一人で食べます。」と、言うと「食べきれなかったらカウンター横にパックが有るから、つめて持ち帰ってもいいですよ。」と言ってくれましたが「ラーメンは、持ち帰れないでしょ。」と、言わずに「有難うございます。」と、返事しました。

本部では、中華料理店が無いので、(味噌ラーメンは中華でないですが・・)久しぶり天津丼に胸が高鳴りました。


ラーメンのどんぶりはとても大きく、直径が割り箸2本分の大きさが有ります。

ラーメンには鳥の唐揚げが付いて、天津丼にも鳥の唐揚げが付いていました。

天津丼のスープを飲み干し、ラーメンのスープも飲み干そうと思ったのですが、かなり味噌が濃い味で辛く、残念ながら飲み干せませんでした。

完食して友人とにっこりしながら、店を出て別れを告げました。

家に戻り外を見ると、夕日でした。