シードアーのダイビング日記  2015年 8月 
(ダイビングの話でない時も有りますが、本部とシードアーの最新情報を・・・)

    今月のページ     トップページ

※グーグルクロムの場合、正しく見れない場合が有ります。

2015年 8月 31日(月) 
  8月最後の日は、自分の時間が持てました。 ダイビングの話ではありません。

  おすそ分けのマグロ。





晴   気温 31度   

8/31になってしまいました。

とても早い8月でした。

さて今日は、酷使しているボートのメンテナンスです。

朝から、夕方まで色々とあちこち、隅々までとはいきませんが、気になる所を補修したりしました。

そして、夕方になり、剣道の先生から「魚が有るから、良かったらもらって下さい。」と、電話が来ました。

魚をもらいに行くと、なんとマグロでした。

2本も頂き、有頂天で家に戻りました。

早速、さばいて刺身を作りました。

レバーを焼いてみると、「幸せって、こんな感じ!」と、口の中でとろけて行きました。

三枚におろして、背骨に着いている赤みをスプーンですくい、これは明日漁師丼にします。

今夜は、ビールと島酒と焼酎を頂き、剣道の先生に感謝した1日でした。

本部でDIVING   GO  DIVE!

2015年 8月 30日(日) 
 ゲスト様が、ダイビングスクールを卒業された日! 涙をこらえました!

   さあ、いよいよ講習最終日です。






険しい道のりを乗り越え、ゴールに辿りつきました。




     
 おめでとう! そして君に有難うを言います。!






    9年前の想い出の渚。
晴   気温 31度   水温 29度   透視度30m

今日が、講習最終日です。

一昨日、9年ぶりに想い出の渚に立ったご祖父母様と、PADIオープンウォーターダイバーコースを受講されているお孫さんは、水納島を見て今日も嬉しそうでした。

海洋実習も2日目となると、普段から使うかなり実践的なスキルも入ってきます。
水面はとても慌ただしくアジサシがキビナゴを求めて飛び交っていました。

その真下の水面では、時折水を切り裂くような背びれが現われます。

ニジョウサバやカツオ達がキビナゴを追いかけ回っています。
 残り少ない夏の間に、沢山の食料を取って子育てをするアジサシ達の事も、ふと考えてしまいました。

海洋実習のトレーニングダイブNo.3が終わり残すは、トレーニングダイブNo.4
のみとなりました。
 中学生のゲスト様は、今回トレーニングダイブNo..3に来るまでにとてもご苦労されました。

ご自身の中で苦手なスキルに対し葛藤も有ったはずです。

私もアドバイスの言葉を捜すのに苦労しましたが、、最後はご自身の力で、壁を乗り越えました。
まだ中学生なのにゲスト様の、思いに対し敬意を表しました。

そんなゲスト様を祝福するかのように、トレーニングダイブNo.4では、目の前に亀が現れました。

手が届くそんな距離です。

亀から「ダイビングをするとこんな楽しい事もあるよ!」と、メッセージをもらっている様も思えました。

全ての講習が終わり、C,カードの申請手続きを済ませて、少年の写真を撮ると、4日前に出会った時よりもかなり逞しくなっていました。

「少年よ!大海目指せ。」

お見送りをしている時、思わず目頭が熱くなりました。

ダイビングスクールではゲスト様が将来ダイビングで困らないように、お一人お一人に合せて、いつも最善を求めて講習の進め方を考えたりお手伝いさせて頂いています。

ですから、1日が終わる度にヘトヘトになります。

ですが、全力を尽くしてお手伝いさせて頂いたからこそ、ゲスト様が立派に卒業される時は、感無量で言葉に出して云えないほどの充実感が有ります。

これこそインストラクターの醍醐味だと言えます。

だからダイビングスクールは、やりがいがあるのです。

「少年よ。あなたのお陰で私もまた伸びる事が出来ました。 有難う。広い海が君の前に広がっています。是非ダイビングを楽しんで下さい。」

又いつか想い出の渚で会いましょう。


本部でDIVING   GO  DIVE!

2015年 8月 29日(土) 
 最高の水納島で、海洋実習。

   ボートを使って海洋実習です。





 ホーバリングも、完璧にできていました。
曇   気温 31度   水温 29度   透視度30m

今日か水納島で海洋実習です。

水納島に潜ると早速魚達が集まってきます。
うっとうしいほどの魚の数です。

ヤマブキベラやクギベラ、ニジハタにキホシスズメダイ、セナスジベラにオジサン。

数え始めるときりが有りません。
沢山の魚達が集まってくるので、海洋実習の緊張もゲスト様は忘れてしまい、海の世界に引きこまれてしまいます。

ハナビラクマノミやクマノミ。ハタタテダイ等、とてもきれいな魚達も沢山いるので、ずっーと夢中になってしまいます。

私が、初めてダイビングの講習を受けた30数年前の海は、透視度も5m程の海でした。

透視度5mの海で素潜りを長年やっていたので、
その時はそれほど違和感は有りませんでてたが、もしこんなにきれいな海だったら、どれほど感激しただろう。と、思いました。
海洋実習中も、ヤッコエイが現われたり、眼を引く生き物達が沢山います。

アカヒメジの大群は、ゲスト様もじっと見入っておられました。

苦手としていたスキルがあったゲスト様ですが、最後はきちんとスキルをマスターされました。
上手くコツがつかめないスキルの事を私があーだこーだ言うよりもご自身が一番分かっておられたようです。

魚が沢山いて、海洋実習と言うよりかなりファンダイビングに近い1日でした。


本部でDIVING   GO  DIVE!

2015年 8月 28日(金) 
 9年ぶりに想い出の渚に帰ってきました。

   9年前の左端のお子様が今日のゲスト様。






 9年後の今、想い出の渚に戻りました。
曇   気温 31度   水温 29度   透視度15m

今日から、限定水域トレーニングです。

限定水域は、プールの様に波も無く静かで透視度も比較的良いプールの様な浅い海域の事です。

講習の場所は、9年前にも立った事のある想い出の渚です。

そして講習の付き添いに、9年前と同じ祖父母様もご一緒しました。
 
「9年前のこの時の私は、どんな風だったのだろう?」と、この写真を見て考えてしまいました。

講習を受講されている中学生のゲスト様は、体育会系のクラブに入っている為か返事がてきぱきして、会話をしていてもとても気持ちいいです。

海は波は全くないものの、少し濁りが有り最高の条件とは言えませんでしたが、誰もいないビーチは、最高に気持ち良かったです。

ゲスト様のチャレンジ力は逞しく積極的に講習に参加されていました。

デバススメダイやシリキルリスズメダイなど、眼を引く生き物がいるので、限定水域トレーニングは、面白いです。

明日からは、いよいよ海洋実習です。

想い出の渚から、いよいよ本格的な海に出発します。


本部でDIVING   GO  DIVE!

2015年 8月 27日(木) 
 9年の年月を経て再会しました!

   9年前の写真。左端のお子様。
※このブログの上端左の写真と同じです。



 9年が経ち、立派な青年になっていました。
曇   気温 31度   

今日はとても嬉しい事がありました。

今から約9年前に、出会った小さなお子様が、9年の年月を経て中学生になりシードアーにダイビングの講習を受講しに来て下さいました。

12歳になるまでの9年間も待って下さったのかと思うと、言葉では言い表せません。

9年前、まだ3歳でとても小さかったゲスト様も、今では日焼けしてとても逞しい中学生になっていました。

当時はダイバーの祖父母様と
ご一緒にシードアーに来られました。

今回も祖父母様とご一緒に来られて、Cカードを取得された後は、ファミリーダイビングを楽しまれるご予定です。

今日は、学科講習です。

とても真面目な青年で、知識の復習問題も全て回答されて来ていました。

明日からは、海で講習です。

この青年と共に過ごす4日間が、とても楽しみになった1日でした。

本部でDIVING   GO  DIVE!

2015年 8月 26日(水) 
 PADI アドヴェンチャー ナビゲーションダイブ! 

 コンパスナビゲーション中!



人が通れるほどのトンネルが出来ていました。






きれいな砂地が、珊瑚の瓦礫に変わっていました。
曇   気温 31度   水温 29度  透視度 15m

今日は、PADIアドヴェンチャー ナビゲーションダイブです。

台風後の海は、透視度は普段よりかなり悪く15m位しかありません。

ナビゲーションのテクニック磨くには絶好の条件です。

30mの距離を18キックとかなりゆったりしたキックペースで、泳ぐ事が出来て、中性浮力もちょうど良い状態でした。

時間では、40分で約720mの移動距離になる遊泳速度でした。

ただコンパスを使う時、左側からコンパスのコンソールが出ているので、どうしても偏りが出がちなので、脇をしめる事を意識して頂きました。

海の中は台風で岩がぐずれている所がありました。

水面から上の消しは気は、全く普段と変わらない景色ですが、水中では大きな変化がありまとした。


四角形ナビゲーションも、うねりのせいで徐々に体が流されやがては大きなずれとなり、スタート地点まで距離を残す結果になりました。

ですが、修正点を説明させて頂くと、流れに影響されず見事にスタート地点に戻れるようになりれました。
 
講習が終了し、ファンダイブを楽しみました。

 台風前は、真っ白な砂地だった所が珊瑚の瓦礫だらけになっていました。

台風の強さが分かります。

台風が最近強いのは、「海水温が上がって来た温暖化のせい。

「温暖化になったのは、人間のせい。」

自分達のまいた種と言う事を知ったアドヴェンチャーダイバーは、ナビゲーションダイブ以上の何かを学んだようです。
 海から上がる時の彼女の顔が、大きな未来を見据えているようにも思えた1日でした。

本部でDIVING   GO  DIVE!

2015年 8月 25日(火) 
 港の掃除に追われた1日。 

 3日ぶりに器材を干しました。






ロープが解かれボートも身軽になった気がします。
曇   気温 30度   

今日はとても忙しいです。

台風が通過した後は、大体午前8時ごろに港の掃除が始まります。

8/22に使ったダイビング器材が洗ったまま、乾かずにいたので、港に行く前に干しました。

その後、急いで港に行きました。
港に行く途中瀬底大橋から見た海は、穏やかそうに見えていますが、実はまだ大荒れです。

港に着くと、南西の風の影響で色んな物が、桟橋に打ち上げられていました。

外国の物も沢山ありました。
昼ご飯を食べる時間も無く、ずっと作業です。

港の掃除をしないとボートを海に降ろせません。
 明日からのゲスト様の為に何とかボートを降ろしたかったのですが、港の中も大きなうねりが入ってきているので、今日ボートを降ろす事は、諦めました。

明日の夕方にボートを降ろす事にしました。
 台風対策を解除し、ロープを解かれたシードアー号は、とても体が軽くなった感じがしました。

ボートも被害が無くて済み、ホッとした1日でした。

本部でDIVING   GO  DIVE!

2015年 8月 24日(月) 
 台風15号が通過しました。 

 午前7時9分。少し風が強くなってきました。



午後2時23分 空が暗くなりピークを迎えました。 





暴風雨   気温 28度   

昨日、台風対策を済ませていたので、今日はじっと台風が過ぎるのを待つだけです。

午前7時、天気はまだ曇りで雨も降っていませんでした。

 この間に、愛犬のマグの散歩をしませました。

空は、一雨が降ってもおかしくない天気なので、マグの散歩も緊張しました。

台風は、急にやってきました。

午前10時頃に急に暴風雨がやってきました。

  雨が窓ガラスを打ちつけています。

次第に空が暗くなり、風の音も唸り声の様です。

「大自然が怒っている。」、そんな感じがしました。

午後になると空気さらに暗くなり、とても昼間だとは思えません。
 午後2時を過ぎると、木々がまるで草のようにしなっています。

 雨と風は一段と強くなりました。

激しい雨で隣の家が見えなくなる事もありました。

午前10時から、約10時間経った午後8時ごろになると風雨が幾らか落ち着いてきました。
  台風を無事にやり過ごす事が出来たようです。

幸いな事に停電にもならず済み、ホッとした1日でした。


本部でDIVING   GO  DIVE!

2015年 8月 23日(日) 
 メール・固定電話が不通になる場合があります。 祭りの後の静けさ。

 庭にある物を全て片付けました。
曇・雨

台風15号の接近に伴い、メールおよび固定電話が不通になる場合があります。

台風が来るとほぼ毎回停電になり、電話線が切れたりして電話やメールが使えなくなります。

メールをお送り頂き二日以上返信が無い場合は、停電や電話線の断線とお考えください。

お急ぎの場合は、シードアー携帯電話 090-6865-0773にご連絡ください。

お手数をお掛けしますが、何卒 宜しくお願い申し上げます。  シードアー

今日は、早朝から昨日の瀬底祭りの後片付けです。

風船や花火の燃えかすなどが残っていて、昨日の余韻が伝わってきます。

朝の静かな時間帯だけに、祭りの後の寂しさも余計に沁みます。

片づけをしながら、吉田拓郎さんの「祭りの後」を口づさんでいました。

そしてシードアーの台風対策をしました。

庭に出ている物を全て片付けました。

車が風で倒されないように、タンクを30本積んで車を重くしました。

後は、無事に台風が通過する事を願うばかりです。

本部でDIVING   GO  DIVE!

2015年 8月 22日(土) 
 台風前のラストダイブ。 ボートの陸揚げ。 夜は瀬底祭り!  

     台風接近でも、潜りたいゲスト様。




     瀬底のイソバナポイント!











 ポーランドの大学教授手作りのポーランド料理
曇   気温 31度   水温 29度   透視度 20~30m

台風が近づいているのですが、本部の海は島が多いので島影ではとても静かです。

今日のダイビングを諦めていたゲスト様も、海に出てみるととても静かな海に少し驚かれたご様子でした。
 水面近くは、リーフから流れ込んだ水の影響で少し濁りがありましたが、10m程潜ると、透視度は急に良くなりました。

アカヒメジが沢山群れて、ゲスト様が拍手されて喜んでました。

  イソバナが沢山生息する場所もあります。

50m以上ある山の様な大きな根が全てイソバナで覆われています。

「イソバナの森」と言う感じです。

 さて、2ダイブを楽しんだ後は、急いでボートの陸揚げ作業です。

満潮時間を少し過ぎたので、潮が引いてしまうとボートの陸揚げが出来ません。

昼食も食べず、一気に台風対策を終わらせました。
  台風対策をしている時に激しい雨に見舞われました。

今日は、瀬底祭りの日です。

私も屋台を担当したり、バンド演奏したりする事になっていたので、この激しい雨がとても心配になりました。


祭りは、午後5時30分からスタートです。

午後5時30分にギリギリ間に合い祭りに出席です。

本当に救いの神もいたもので、雨はきれいに止み、子供達も大喜びです。

友人のポーランドの大学教授の手作り料理を頂きました。

何しろ昼ご飯を食べていなかったので、抜群に美味しかったです。

 屋台を少し手伝っているうちに、私達瀬底軽音楽クラブの出番になりました。

アマチュアの集まりですが、祭りを盛り上げられて、最高の気分でした。

演奏が終わり屋台に戻り、お酒の販売員に戻りました。
打ち上げ花火をしたり、エイサーを踊ったり、色々な出し物が盛りだくさんでした。

夕方の激しい雨の事もすっかり忘れて、祭りの夜を楽しんだ1日でした。

本部でDIVING   GO  DIVE!

2015年 8月 21日(金) 
 スカシテンジクダイの群れ VS ニジョウサバ!  

     スカシテンジクダイの群れ。


     アカヒメジ達!


  伊江島フェリーが、避難して行きました。
   



     
    明日の瀬底祭りのリハーサル。
晴  気温 31度