シードアーのダイビング日記  2015年 4月 
(ダイビングの話でない時も有りますが、本部とシードアーの最新情報を・・・)

    今月のページ     トップページ

※グーグルクロムの場合、正しく見れない場合が有ります。

2015年 4月 30日(木) 
色々な生き物を独り占めできたゲスト様!

   色々な生き物を独り占めできたゲスト様

  コブシメが三角関係には!(中央は♀)

    
     擬態抜群のハタセカハオコゼです。
晴   気温 24度   水温 23度  透視度25~30m

今日は、晴れてとても天気が良くなりました。

とにかく色々な物が見れました。

まだ他にも載せたい写真があるのですが、とりあえずご覧ください。

圧巻は、コブシメのバトルです。

♀の激しい奪い合いをしています。

♂同士は相手を威嚇する為に、体の模様が刺々しい模様に変わっています。

しかし、圧倒的に大きな体格の♂が現れると、他の♂は渋々逃げて行きます。

・・・が、遠巻きに様子を見て、そのボス♂が♀から離れるとすぐに小さな♂は♀に近づいてきます。

すると慌ててボス♂が戻ってきて、ボス♂はあちこちの♀を独り占めしようと、動き回っていました。

コブシメの産卵のピークは、まだ続いています。

 そんな戦いを見た、シンデレラウミウシの優雅な姿にうっとりしたり、ハダカハオコゼの見事な擬態に感動した1日でした。

本部でDIVING   GO  DIVE!

2015年 4月 28日(火) 
早い方は、もうGWだそうでびっくり!
    水納島は、とてもきれいな海です。


    
         ここに居ました!
曇・雨    気温 24度   水温 23度  透視度25~30m

今日は、曇り空で午後から雨の予報です。

今日の3ダイブは、水納島を潜りました。

天気は、良くないですが透視度はとても良く水納島に着くとゲスト様は、喜んでおられました。

わざわざ那覇から、竜宮潜水隊の増井さんチームも来られました。

 港に行く時に、車のラジオから「早い方は、今日からGWの人もいるそうですね。」と、言っていました。

 そのせいでしょうか、水納島のダイビングポートの数も増えていました。

 そろそろGWが来るっ!って実感します。
3日前、あれほどハナヒゲウツボを捜して見つからなかったのに、今日はゲスト様があっさり見つけられました。

それも、「きっとその辺に居るはずですが?」と、ご案内した場所だったので、3日前はたまたま引っ込んでいたようです。
 曇り空で少し海の中も暗く感じましすが、ハナゴイはとてもきれいでした。

流れて来るプランクトンをバクバクと食べています。

 キンギョハナダイも群れて、暖かい感じがします。

 
 水納島を楽しんだ1日でした。

本部でDIVING   GO  DIVE!

2015年 4月 27日(月) 
アキアナゴは、手ごわかった1日。
    
    水納島は、とてもきれいな海です。





    こんな所をくぐったりします。
晴    気温 24度   水温 23度  透視度30m

今日も天気が良く水納島と瀬底島に行ってきました。

今日も横浜から、リップル様がお見えになっています。

水はきれいで水面に浮いているシードアー号もはっきり見えていました。

今は、コブシメの産卵時期ですが、クマノミも産卵していました。
 もうしばらくすると、金色の目が卵の一つ一つにくっきり見えてきます。

親クマノミは、私が卵をいたずらしないように猛烈にアタックしてきます。

クマノミと人間とは体の大きさが全く違うのに、猛烈にアタックしてきて親の愛情を感じます。
 チンアナゴは、相変わらず沢山います。

チンアナゴを見ないようにするには眼をつぶるしかないほどチンアナゴがいます。
これほどチンアナゴがいると、全く有難味が無いのですが、アキアナゴは、そうはいきません。

沢山いるのですが、とても神経質でなかなか近付けないのです。

不用意に近づくと10m離れていても引っ込んでしまうので、写真を撮るのが大変です。

特に私の旧式の3倍ズームのカメラだと、大変です。
しかし、この場所は、上手くすればニシキアナゴもいて、一度にアナゴ3種を見る事も出来るのです。

綺麗な海にとても喜ばれた1日でした。

本部でDIVING   GO  DIVE!

2015年 4月 26日(日) 
 コブシメの産卵シーズン当来!

コブシメが産卵するユビエダハマサンゴ!



今日も産卵していました。



巨大な♂に見守られて産卵していました。
晴    気温 24度   水温 23度  透視度25m

今日も天気が良いです。

今はコブシメの産卵シーズンで今日も産卵シーンをゲスト様と観察に行きました。

ユビエダハマサンゴの群生が有るこの場所は、コブシメが毎年産卵にやってきます。
 サンゴを見に行く途中、モンジャウミウシがノッソノッソと歩いていました。

天気がいいので日差しが海の中まで届き、とても明るいです。

目当てのユビエダハマサンゴに到着すると、早速コブシメが数匹集まっていました。

飛行船の様に、サンゴの上をフワフワと浮いています。

コブシメを刺激しないようにそっーと静かに見守る様にしました。
 コブシメは、私達が近づいた事によって少しはサンゴから離れるのですが、私たちか何もしなければ、産卵したいサンゴが決まっている様で元のサンゴに戻ってきます。
無事な産卵が済み、サンゴから遠ざかって行った後にサンゴの隙間を覗くと、真新しい綺麗な純白の卵が、産み付けられていました。

今日から約2カ月弱で、卵は孵化します。
この辺りは、ユビエダハマサンゴがあちこちに沢山ありますが、毎年決まってこの場所にコブシメが集まってきます。

どのサンゴも私達にしてみれば同じなのだから、産卵するなら別のサンゴでも良い様な気がしますが、何故かここのサンゴに集まってきます。

ひょっとしたら、コブシメも「サケの様に生まれた場所を記憶しているのかな。」と、思いました。

もしそうだとしたら、とても素敵な事だと思った1日でした。

本部でDIVING   GO  DIVE!

2015年 4月 25日(土) 
 天気に恵まれれた日!

水納島が近づいてきました。





 サンゴも綺麗な水納島。
晴    気温 24度   水温 23度  透視度25m

今日も天気が良くてボートの上は、とても気持ちいいです。

日差しがたっぷりあるので、太陽に照らされた水納島は、宝石の様です。

島の周りのサンゴ礁は、エメラルドグリーン
で沖合の濃いブルーから砂浜の白へと色が変わって行きます。
リーフの上のサンゴはとても元気で色鮮やかです。

リーフには、キホシスズメダイが沢山群れています。

群れで向こうが見えなくなる程です。
 アカヒメジやヨスジフエダイの群れも多く、海のブルーととても似合っています。

リーフの上のサンゴの隙間には、テングカワハギなど可愛い魚も多いです。

ゲスト様は、海からあがると、「サンゴがきれいすぎるっ!」と感激されていました。
港からわずか15分の水納島ですが、サンゴ自慢の島です。

2ダイブ目は、瀬底島に行き地形を楽しみました。

細い水路が幾筋もあり、天井から差し込む光がカーテンの様にひらひらしてきれいです。
今日も、水納島と瀬底島を潜って来た1日でした。

本部でDIVING   GO  DIVE!

2015年 4月 23日(木) 
 安全対策優良事業所にの証書が届きました!!!  

2014年12月10日と同じ魚?



 リングアイジョーフィッシュがいました。



 安全対策優良事業所の証書が届きました。
晴    気温 23度   水温 22度  透視度20m

今日は、久しぶりに晴れて、とても天気が良くなり気持ちいい日となりました。

今日は瀬底島でダイビングを楽しみました。

2014年の12月10日に見たあの魚が又いました。

グルクンが群れて魚影が濃い時に居ます。

その時と同じように、左の額にコバンザメを付けています。

全く12月と同じです。

岩の裏側を覗くと、ハナイカの卵が有りました。

まだ、巣立ちはこれからの様です。

時々カニなどが集まり、食べられてしまう時もあります。
ちょっと深い所に、ジョ-フィッシュが顔を出していました。

用心深くあまり近寄る事は出来ませんでした。
ジョーフィッシュはいつも前から写真を撮れません。

ジョーフィッシュにすれば、この姿勢の方が回りが良く見れるのかも知れません。

リーフの上のノコギリダイは、今日は日が出ているので、色鮮やかでとてもきれいです。
ショップに戻ると、本部警察署から「安全対策優良事業所の証書が届いている。」と、連絡が有りました。

シードアーはボートも所有しているので、潜水業とプレジャーボートの2業種で、認可されました。

今年も安全にダイビングをしようと思った1日でした。

本部でDIVING   GO  DIVE!

2015年 4月 22日(水) 
 水納島、瀬底島の2島ツアー!!!  

ゲスト様と鯉のぼり。



 地形が面白い瀬底島。



 大きなイセエビがいました。
曇    気温 23度   水温 22度  透視度30m

今日は、風が収まりました。

昨日までの西寄りのうねりも消えて、水納島は意外と静かでダイビングが楽しめました。

沖の根では、フタイロハナゴイやケラマハナダイ、アカオビハナダイ、キンギョハナダイなどが居てとても色鮮やかです。

根の上に大きなハダカハエオコゼがいました。

背びれがとてもきれいでした。

眼はガラスの様に透き通って、反対側まで見えそうな気がします。
ボート近くに戻るとウメイロモドキの群れと出会いました。

ブルーの体に黄色のラインがとてもきれいです。
その後、瀬底島に行きました。

ここも透視度は良く、エントリーして海底を見ると遠くまで見渡せます。

細い水路を通るとアカマツカサが何十匹もじっとしています。

時間が止まっている様な感じです。

水路の中にレモンウミウシがいました。

自然の色とは思えないほど、強烈な黄色です。

初めは、海綿と勘違いしました。

トンネルの中では、大きなイセエビがいました。

触角と触角の間は、80cm位有る大きなイセエビでした。

ダイビングが終わりボートの上で、「透視度50mは有りますよね。」と言う声が聞こえました。

さすがに大げさすぎますが、30mは十分見えている1日でした。

本部でDIVING   GO  DIVE!


2015年 4月 21日(火) 
 コブシメに興奮した日!!!  

今日のゲスト様







 交接の瞬間。精莢と呼ばれる精子の入ってカプセルを♀に渡している。


 サンゴの隙間に産卵していました。
曇・雨    気温 21度   水温 22度  透視度15m

今日も、天気が良くない事を予想していたので雨でも気にならないでした。

風も波も昨日よりは静かになっていたのが有難いです。

昨日までは、南風が強かったので島の北側でダイビングしていましたが、今日は北風に変わったので、島の南側でのダイビングです。

さっそく海に入ると、大きなケショウフグがいました。

丸々と太っていて、風船の様です。

とても愛嬌のある顔をしていました。
リーフ沿いには、グルクンが沢山群れて、水面を見上げるとグルクンが天の川の様になっています。

沖の方では、ニセカンランハギが群れていました。
2本目はコブシメの産卵を見に行きました。

写真でみると透視度は、思ったよりも良さそうです。

さて、コブシメ探しに出かけました。

サンゴの塊りにコブシメの卵が見え始めました。

やがてサンゴの群生が多くなると、コブシメが現われました。

大きいコブシメは、60cm位有りました。

産卵しているコブシメや、♀の奪い合いをしているコブシメ、そして上手くカップルとなって交接しているコブシメなど、コブシメの群れに入ってしまいました。

♂から精莢と言う精子の入ったカプセルを♀に渡していました。

コブシメもかなり興奮しているようでしたが、私達もかなり興奮した1日でした。

本部でDIVING   GO  DIVE!

2015年 4月 20日(月) 
 潜れるなら、潜りたいというゲスト様!!!  

潜れるなら潜りたいゲスト様。








 トンネルに入ってくるゲスト様。
曇・雨    気温 21度  水温 22度  透視度15m 

今日は、昨日より荒天です。

・・・ですが潜れる場所が本部にはあります。

ゲスト様もホテルの前は大荒れだってので、ここが静かなので安心されました。


瀬底島には、ニシキテグリが居るユビエダハマサンゴの大群落が有ります。
このサンゴの群落は、長さが200~300mも繋がっているとても長いサンゴの群落です。

デバスズメダイがサンゴの上で乱舞しています。
 サンゴの隙間には、カエルウオもいます。

キハッソクやヌノサラシ、シモフリタナバタウオなどもいます。
最近は、アカククリが群れています。

サンゴの群落は、静岡県のお茶畑の様に見えます。

日が刺すと緑色が映えてとてもきれいです。

今日もトンネルを通ったり、地形も楽しんだ1日でした。

本部でDIVING   GO  DIVE!

2015年 4月 19日(日) 
那覇に来たみたいな日!!!  

  リベルテさん顔が切れてごめんなさい。



 イソバナ畑!













 大物がいると思ったら!
曇    気温 25度  水温 22度    透視度20~25m 

今朝、午前3時頃に防災無線で「短期集中大雨警報が発令されました。」と放送が有り眼が覚めました。

・・・がすぐにまた寝てしまったのですが、午前4時ごろにも同じ放送が流れ、慌てて外に干してあるウェットスーツをシャワールームにしまいました。

完全に眼が覚めてしまったので、雨音を気にかけながら横になったのですが一向に雨音が聞こえてきません。

「あれ? 雨は?・・・」と気にしていると5時30分になり、「もったいない、早く寝なければ。」と慌てて2度寝に入りました。

それで今日は、荒れ模様の天気です。

無理せず瀬底島の静かな場所でダイビングしました。

シードアー号には、本島のダイビングショップの皆様もご利用頂いてますが、今日集まられた4ショップの皆様は、全員那覇からお越しです。

思わずここは、本部ではなく那覇では?と思いました。

曇り空のせいで透視度が悪そうに思えるのですが、実際はきれいなのでびっくりしました。

1ダイブ目は、イソバナ畑に行きました。
不思議とこの場所だけイソバナが沢山群れています。

幾つもある大きな根の全体がイソバナで覆われています。

イソバナの森みたいです。

2本目は、洞窟の場所に行きました。

ツバメタナバタウオがいます。

又、私は分からなかったのですが那覇のショップさんが白のツマジロオコゼの写真を見せてくれました。

次回チャレンジです。

ダイビングが終わりに近づき、ボートに戻り始めると、ボートの下に何か大きな魚が見えました。

「何かいるっ!」と、そっと近づいて行くと、鯉のぼりでした。

一気に緊張が、笑いに変わりました。

海の中で気持ち良さそうに泳いでいました。

船長の計らいでした。

本部でDIVING   GO  DIVE!

2015年 4月 18日(土) 
 全ての準備が整った日!!!  

  今日のゲスト様。



どこに2匹オニカサゴが居るかを分かりますか?
カーソルを写真に重ねると分かりますよ。

曇。    気温 25度   水温  23度   透視度25m

今日は、水納島とビーチダイブに行ってきました。

南風が暖かく、ボートの上ものんびりです。

ピンクのハダカハオコゼがいました。

沖の根には、アカヒメジも沢山れてとてもきれいです。

透視度もまあまあ良く、25m前後見えていました。

  砂地ではチンアナゴが顔を出していました。

 ヨスジフエダイも沢山群れて、海の中が黄色の塊りが出来ていました。

これだけいると、どれがヨスジフエダイでどれがベンガルフエダイが見分けるのも大変です。

岩にオニカサゴが2匹、寄り添っていました。

擬態しているとはいえ、これほど岩みたいな魚は分かりにくいです。

ビーチでは、ミジュンの群れが浅瀬を泳ぎまわっていました。

のんびりダイビングした1日でした。

本部でDIVING   GO  DIVE!

2015年 4月 15日(水) 
 全ての準備が整った日!!!  ダイビングの話ではありません。

  瀬底大橋から見た今日の海。









 3週間ぶりに、海に復帰しました。











 瀬底軽音楽クラブのメンバーです。

※私が、撮っているので写っていません。
晴    気温 25度   

今日も、天気がとてもいいです。

港に行く途中、瀬底大橋から見た海は、あまりにもきれいでポスターのようでした。

シードアー号は、先月マリンギアーの調子が悪くなりオーバーホールの為、陸に上がっていました。

その間、友人のダイビングショップのボートに乗せて頂いたり、お世話になりながらダイビングを楽しんでいました。

さて、そのマリンギアーの修理部品が届き
ました。
この部品がおかしくなると、ボートが思うように走れなくなります。

人間の膝関節の様な物です。

体力やスタミナが十分あっても、膝を痛めたら走れません。

そのボートの膝関節が、直りました。
 エンジンへの組み込みは、3時間ほどで終了しいよいよボートを海に戻しました。

 試運転をしてオイル漏れや、異音が無いか点検です。

速度も20ノット以上出せるようになりました。

海もきれいになり、ボートのメンテナンスも終わり、いよいよGWを迎える事が出来ます。

さてさて、ボートの試運転が終わって家に戻ると午後6時40分でした。

午後7時からは、瀬底軽音楽クラブの練習が有ります。

晩御飯をさっさと食べて、練習に行きました。

本番のステージが今月24日(金)なので、練習も詰めの段階です。

瀬底島は、のどかな場所なので夜まで練習できるのが有難いのです。
今回は4曲ほど演奏します。

愛器のギルドは、コンパウンドと言う柔らかい弦を張ってもとてもいい音が出ます。

皆からも、「いい音するね。」と言われとても嬉しくなります。


三線が入ったり、サックスやフルート等、楽器好きの仲間が集まって過ごす時間は、最高の癒し薬です。
今日は、ボートが治ったりバンド練習が有ったり、とても良い1日でした。

本部でDIVING   GO  DIVE!

2015年 4月 13日(月) 
 2.1㎞のロングダイブ!!!

  チョウチョウコショウダイがいました!













 又、来てしまいました。









   コバンアジは、じっとしていなくて!
曇 のち 雨    気温 21度   水温 23度  透視度 15m

今日も雨模様の1日です。

ビーチに行くと「シードアー号に乗せてもらっています。」と言うダイバーの人たちと出会いました、

天気や生き物の事など世間話をしました。

こういう出会いも楽しいです。

特に声をかけて頂いたのが、とても嬉しかったです。

今日は、ロングダイブの予定です。

水中の移動距離も長く給油所下からゴリラチョップまでをゆっくりとダイビングします。


給油所下まで行くと、岩陰にさっそく大きなチョウチョウコショウダイを見つけました。

眼を合わせると逃げてしまうので、見つけられないように岩陰から手を伸ばして、写真を撮りました。
被写体を見ないでシャッターを押した割には、良く撮れていました。

砂地をゆっくり流しているとヤッコエイが通り過ぎて行きました。

心の準備が出来ていなかったので、この写真は、この程度で仕方ないですね。

 ユビエダハマサンゴの群生が多いので、やはりコブシメが産卵をしていました。

もうそろそろ孵化しそうな卵もいくつか見られ、イワシの仲間の小さな魚の群れが水面近くを沢山泳いでいました。

そして、またハナヒゲウツボの子供の所に来てしまいました。

同じ写真ばっかり撮っても仕方ないと思いながらも撮ってしまいます。

ハナヒゲウツボの子供がいてくれた事にホッとしているかもしれません。
 ビーチに近くなり、カクレクマノミを見に行くと、やはり可愛いですね。

やっぱりカクレクマノミも撮ってしまいました。

 リーフの浅瀬は、ミドリイシの子供たちがあちこちに育ち始めていました。

台風に負けないで大きくなってくれたらと思います。

浜に上る為フィンを外そうとすると、5~6匹のコバンアジが眼の前を行ったり来たりています。

写真を撮ろうとするのですが、あまりにもじっとしていないので、5~6匹のまとまった写真が撮れませんでした。

久しぶりのロングダイブで潜水時間は、70分、残圧は50でした。

ショップに戻り移動距離をインターネットで調べると、2.1キロでした。

お腹はすきましたが、とてもスローペースで泳いでいたので全く疲れていませんでした。

久しぶりのロングダイブを満喫した1日でした。


本部でDIVING   GO  DIVE!

2015年 4月 10日(金) 
 ちょっとこの辺では、珍しいかも!!!
  クリーニングを受けてうっとりしている感じ。







    
   いつになると大きくなるのでしょうか?
曇 のち 雨    気温 23度   水温 23度  透視度 15m

昨日から、北寄りの風に変わり涼しくなりました。

一昨日が27度もあり、本島の少し北にある伊是名村では、30度にもなりました。

今日の天気は曇りのち雨の予報です。

海の状態は、とても静かで波はほとんどありませんでした。


ミツバモチノウオが、ホンソメワケベラのクリーニングを受けて、気持ち良さそうです。


人間もマッサージをしてもらって気持ちいいと、口があんぐりと開いてしまう時が有る様に、ミツバモチノウオも口があんぐりと開いていました。
図鑑では、30センチ前後の大きさとなっていますが、50センチ前後ありそうな大きなミツバモチノウオでした。

岩の隙間を覗いて行くとミナミハコフグかの子供がいました。

体に似合わずヒレが小さいので、動きが飛行船の様です。
 ハナヒゲウツボの子供は、相変わらず同じ場所にいました。

ただこの時期は、植物が繁茂するので巣穴が植物で覆われていたので、捜すのに少し時間が掛かりました。

しかしそれにしても、このハナヒゲウツボは1か月前と大きさが全く変わっていません。

いつ見ても鉛筆ぐらいの太さしかないのです。

 さて、戻り始めると「何だ?この魚?」と、思う魚と出会いました。

「ハマフエフキでないし。」あまり見た事がないのです。

マダイみたいなのですが、マダイではなさそうだし。

図鑑で調べてみると、ミナミクロダイに、一番似ていました。

あまり見かけた事が無かったので、ちょっと嬉しくなった1日でした。


本部でDIVING   GO  DIVE!

2015年 4月 7日(火) 
 花のとてもきれいな瀬底島!!  いつの間にか自分の散歩になっていました。  ダイビングの話ではありません。
夏の様な日差しにサトウキビも青々としています。



マグの大好きなつつじの花。




パイナップルみたいなアダンの実




テッポウユリもあちこちに咲いています。


 4/24に向けて練習、練習!
晴 のち 雨    気温 27度   
 
春休みも終わり、一段落の時期で私は、マグの散歩に付き合う日が続いています。

ここ数日の夏の様な日差しで、草木はとても勢いが有ります。

シードアーの前の道を左に曲がるとサトウキビ畑が有ります。

つい数日前までサトウキビの刈り取りをしていたかと思うと、もう次のサトウキビが青々と育っています。
 サトウキビを見ながら左に曲がるとかぼちゃの花が咲いていました。

観葉植物の様に綺麗な黄色の花です。

ちょっとスイカに似ている気がしました。

 サトウキビに囲まれた細い小道を瀬底ビーチに向かって進むと、つつじが咲いていました。

マグはつつじが大好きです。

甘い香りが良いのかもしれません。
瀬底ビーチまで行くと、朝早いのに既にカップルの方が居ました。

彼女の方は、波打ち際で波と遊び、彼氏は、座ってのんびりと水納島を眺めています。

この浜もハマヒルガオが、あちこちに咲いています。