シードアーのダイビング日記  2015年 3月 
(ダイビングの話でない時も有りますが、本部とシードアーの最新情報を・・・)

    今月のページ     トップページ

※グーグルクロムの場合、正しく見れない場合が有ります。

2015年 3月 31日(火) 
 やっぱり海は気持ちいいです!

 ハリセンボンが一面に浮いていました!


  御刺し身の様に見えますが、私の指です。

   
    この時期にトウカムリは珍しい。
晴    気温 26度  水温 22度  透視度 15m
 

3日間潜らないと、禁断症状が出てきます。

別にこれといった目的はないのですが、いや、有りました。コブシメの卵の経過観察です。

無理やり目的を付けたようですが、「時間が有るなら潜りたい!」が、本音かもしれません。

南東の風で崎本部は少し波打ち際に波が有りましたが、私ひとりなので「こんなの関係なーい。」(もう古いですが・・・)と、全く気にせず海に入って行きました。

リーフの上の水深1m前後の浅瀬には、沢山のミドリイシサンゴの子供が育ち始め、とてもきれいです。
深場ではハリセンボンが沢山群れています。

そして気になっていたコブシメの卵ですが、幾つかは孵化して卵の数が少なくなっていました。

卵の中にコブシメの赤ちゃんが確認できる卵もありました。
 産卵後、約2カ月で孵化するので、1月に見た卵の多くは、孵化したはずです。

水中をとても小さな生き物が浮いていたので掌にすくってみると、ミドリリュウグウウミウシの赤ちゃんでした。

写真で見ると私の指が、マグロの刺し身の様に見えて笑えました。

それほど小さなウミウシの赤ちゃんでした。

この時期にしては珍しくトウカムリが居ました。

今ま、この場所では見た事がないのに、そしてこの時期にも見た事がないので、少しびっくりしました。
ハナヒゲウツボの子供も、相変わらずいつもの場所に居ました。

とても神経質で、中々近寄る事が出来ないハナヒゲウツボの子供です。

以前見た時から全く大きくなっている感じが知ないので、きちんと食事をしているのか気になりました。
1時間、たっぷり潜りすっかりリフレッシュできた1日でした。

本部でDIVING   GO  DIVE!

2015年 3月 27日(金) 
 曇り空でも、笑顔は晴々のゲスト様!

 今日のゲスト様!



  親娘でダイビング。
曇    気温 24度  水温 22度  透視度 15m
 

今日は、関東から親娘のゲスト様がお見えになりました。

南東の風が強く、今日は山川ビーチでダイビングを楽しみました。

山川ビーチは、全く波もなく、湖の様に静かでとてもコンディションが良かったです。
 ビギナーのゲスト様なので、ハンドシグナルやダイビングの知識を勉強して頂き、海に行きました。

ゲスト様はとても水に慣れるのが早くびっくりしました。


海底は、この時期らしく海藻類が繁茂し始めて春を感じます。
しばらく泳いで行くと、ミジュンの大群に遭遇しました。

ミジュンの群れで海の中が、雲の様に霞んでいます。

時々顔の真横をすり抜けて行ったり、突然の出来事に、驚かされました。
クロハギの群れや、鮮やかな熱帯魚に癒された日でした。

本部でDIVING   GO  DIVE!

2015年 3月 23日(月) 
瀬底島で2ダイブ!

 今日のゲスト様!




  ノコギリダイとゲスト様!




  ちょっと狭かったですか?



晴のち曇    気温 24度  水温 22度  透視度 25m
 

しばらく北風が吹いて、爽やかな感じです。

今日のゲスト様は、関東からお見えになっています。

風は、昨日より少し強い感じなので今日は、瀬底島でダイビングを楽しみました。

ゲスト様は、潜行に少し不安が有るようでしたが、少しアドバイスをさせて頂くと、ベテランの様に、上手にに潜行されました。

若い方は、運動神経が良いと、思いしまた。
 カブトクラゲが、沢山浮いています。

その為か、魚達もクラゲやプランクトン食べようしてか、沢山集まっていました。

大きなメレンゲウミウシがノッソノッソと歩いていました。
 グルクンの子供達も沢山群れていて、どこかに流れて行くのかなと思えば、、岩の辺りをグルグル回っていたりしました。
岩の陰に大きなチョウチョウコショウダイとアヤコショウダイが居ました。

チョウチョウコショウダイは、私の掌2つ分よりも大きいので、60cm位有りそうです。


瀬底島の西側は、亀裂や洞窟、トンネルが多いです。
私がやっと通れるようなトンネルも何箇所かあります。

トンネルや亀裂の先には、広場が有ったりドームの様になっていたりします。

今日は、天気も良いので、ドームの上から差し込む光がとてもきれいでした。
ショップに戻るとマグ(愛犬です。)の腹見せポーズにゲスト様は悩殺されて、そこから離れなくなっていました。

マグは、すぐにお腹を撫でて!っおねだりするのです。

内心、マグいいぞ!もっと営業しろっ!。
と思った1日でした。

本部でDIVING   GO  DIVE!

2015年 3月 22日(日) 
 とっても気になる物が、止まっていました。 ダイビングの話ではありません。

 アウトドアー感覚抜群です。

私が似合っているのではなく、髭が似合うって言われました。 (笑)
晴のち曇    気温 24度  

昨日片づけが出来なかった一昨日の演奏会の器材の片づけに来ました。

駐車場に車を止めると、とっても気なる物が止まっていました。

うちのバンドのドラムのおじ様のバイク?です。

イージーライダーの様に人生を楽しまれています。

私は、、バイクの免許を持っていないのですが、これは3輪なので普通免許で乗れるそうです。

私にピッタリではないか!

今年の私の還暦祝いに、プレゼントしてくれないかな~♪
とっ、思った1日でした。

DIVING   GO  DIVE!

2015年 3月 21日(土) 
水納島・瀬底島 2島ツアー!

 今日は、マザーアース号をお借りしました。


  とても可愛セジロクマノミ。





 奥さまは、30本目の記念ダイブ!
晴のち曇    気温 24度  水温 22度  透視度 25m
 

今日は、曇りです。

シードアー号は、メンテの為マザーアース号をお借りしました。

北寄りの風ですが海は昨日に続き穏やかで、水納島でダイビングしました。
 港を出てすぐ、ホエールウォッチングのボートが沢山止まっていました。

港から5分ほどの場所ですが、クジラが出ています。

水納島は、きれいでとても明るいです。
久々にミナミハコフグの子供を見ました。

相変わらず、ちょこまかする動きがとても可愛いです。

体の大きさとに比べヒレが小さいから気球が浮いているように見えます。


セジロクマノミもいつも通り健在でした。

リーフエッジには、沢山のキホシスズメダイが群れて居ました。

瀬底島に行く途中ゲスト様がクジラを見ました。

私は、見れなったのですが、とても喜ばれています。

この時期ならではの光景です。
瀬底島ではトンネルに入りました。

細い水路には、アカマツカサが何十匹もいますが、皆じっとして動かないので、まるで時間が止まっているようです。

ゲスト様がちょうど30ダイブ目になり、ご主人様が奥さまに「おめでとう。」のメッセージを送られました。

とても優しいご主人様です。

とても暖かな気持ちになった1日でした。

本部でDIVING   GO  DIVE!

2015年 3月 20日(金) 
 久しぶりの水納島ダイブ!

 今日のゲスト様。



  2m以上ある大物でした。





 白のハダカハオコゼが2匹いました。





   アコギ一筋 40年になりました。
晴    気温 24度  水温 22度  透視度 25m
 

今日は、曇りの予報で昨夜雨も降り、あまり期待していなかった天気ですが、時間が経つにつれ、陽が出て来て晴天になりました。

予報では24度の予報ですが、船室の温度計は26度近くを指しています。

今日のゲスト様は、ダイビングにすっかりはまってしまったゲスト様ご夫妻です。

2月のレベルアップされ、今月もお見えになりました。
 さて海の中の透視度も良く久しぶりの水納島はとても気持ち良いです。

 グルクンの群れが、川の様に流れて行きました。

 水が透き通っているので、水面のシードアー号も空に浮いているように見えます。

 水温も22.5度を指していて、もうすぐ23度になりそうです。

全く寒さを感じる事もなくとても快適です。
 この時期になると、ネムリブカがあちこちで見られるようになりますが、さっそく今日も大きなネムリブカが居ました。

2m以上ありそうなえ大きなネムリブカで、精悍な姿は全く隙を感じさせません。
岩の隙間には、可愛いシモフリタナバタウオが隠れていました。

中々全身が、見れる位置に来てくれないので、全身が見れるまでかなり待ちました。
 もう一つの場所では、白いハダカハオコゼが2匹いました。

天気に恵まれ、とても気持ちいいダイビングをした1日でした。

本部でDIVING   GO  DIVE!

【瀬底小学校 先生方の離任式で演奏】ダイビングの話ではありません。

いよいよ、今夜は瀬底小学校の先生方の離任式です。
私達瀬底軽音楽部の出番となりました。

ビギンの「笑顔のまんま」や「三線の花」、「テキーラ」等の5曲ほどを演奏させて頂きました。
軽音楽部のかつて楽器をやっていた人が多く集まりだしました。

今では、エレキギター2名、ベース、ドラム、キーボード、サックス、アコギ等フルバンドに近い構成が出来るようになり、音に厚みも出てきました。
この後、教職員の皆さんの余興やPTAの余興、老人会の余興(瀬底では、老人会がとても強い権限を持っています。)、飛び入りも混じりとっても楽しい時間が過ぎて行きました。

次回は、4月の末に演奏会の予定です。

2015年 3月 19日(木) 
 やっぱり海の中は、とても気持ちいいです。
 崎本部ビーチに出来た駐車場。 



  ハナヒゲウツボの幼魚は、今日もいました。




 出来たばかりのシャワー施設です。
晴    気温 26度  水温 22度  透視度 15m
 

今日は、やっとダイビングに来れました。

2日間潜っていないと体がうずうずします。

天気は南風でとても暖かく相変わらず良いですが、崎本部ビーチは南に面しているので少し波が有ります。

新しくこのビーチにシャワー施設が出来たので、ここに来ました。

駐車場から海に続く階段もあり、便利になりました。
 いつも海に入る場所と、少し離れているので、コースの確認もしておきたかったのです。

 ユビエダハマサンゴには、真新しいコブシメの卵が有りました。

 まだ産卵されたばかりで真珠の様に真っ白できれいです。
 もう孵化しそうな卵も沢山あります。

刺激を与えると予定外の孵化になる事もあるそうなので、そっと見守りました。

ハナヒゲウツボの幼魚は、今日も顔を出していました。

不用意に近づくと引っ込んでしまったり、巣穴から2~3cmほどしか頭を出さずとても神経質です。

ビーチから釣りをしている人も多く、釣り糸が海底に絡んでいたので、回収しました。

相当長い釣り糸で、50m近く巻きました。

 新しい駐車場の外には、大きなテトラポットが沢山沈められていました。
 テトラポットが沈んでいるため、今まで崎本部では見られなかった生き物達の住処になっています。

今まで、モンツキアカヒメジは居てもアカヒメジはいなかったのですが、魚の種類が増えてきました。

ダイビングが終わり、シャワー施設に行くと、新しい設備でとても気持ちよく使えました。

今までこのビーチは、トイレがないのでとても困っていましたが、有難いと思った1日でした。

本部でDIVING   GO  DIVE!

2015年 3月 18日(水) 
 3日間 ファンダイブしたので、昨日からシードアー号の宿題をしました。
  今日の海はこんなにきれい!


   新たに機械(中央の機械)が1つ増えました。






 左から、レーダー、魚群探知機、GPSです。



 会場入りして明後日のリハーサルです。
晴    気温 26度  
 

今日も、天気は抜群にいいです。

こんな日は、やはり海に潜りに行きたい!

瀬底大橋から見た海は、「これでもかっ!」と、ダメ押しするほどきれいです。

今日はどんなに天気が良くても、昨日の続きを終わらせないといけないのです。
 今シードアー号には、レーダー(左の少し大きい機械)と、昨日治したGPS魚群探知機(中央の過少し小さい機械)が有ります。

GPS魚群探知機を魚群探知機専用にして、新たにGPS装置をボートに設置します。
 とりあえず、早く終わらせて時間が有れば、午後からダイビングに行きます。

さっそく、レーダーとGPS魚群探知機を外し、もう一つ追加する機械を並べて
運転席から見やすいようにレイアウトを考えます。

レイアウトが決まると、取り付け位置にドリルで穴を開けて機械を固定します。
レーダー、魚群探知機、GPSの3つの機械を取りつけました。

ここからが大変なのです。

操縦席のインパネを外して、配線をしなければいけません。
 狭い穴にGPSの配線を通すのが難しく、コツが必要な作業でした。

又、コンソールの時計も動かなくなっていたので原因を調べ直しました。

これで、シードアー号の電気関係の不具合は全て修理が終わりました。

昼ご飯を食べにショップに戻ると時間がもったいないので、空腹も我慢して作業し午後3時30分に終了です。

やっぱり今日もダイビング出来ませんでしたが、全てが終わりとても充実した1日でした。

本部でDIVING   GO  DIVE!



【明後日の本番に向けてリハーサル】
夜になり、明後日の本番に向けて会場入りしてリハーサルです。

楽しい趣味の一つで、こんな機会が年に数回あるのはとても有難い事です。

何と言ってもPAのセッティングがとても大変ですがあーじゃない。こーじゃないと言いながら、とても楽しい時間です。

今日は、友人のギブソンのハミングバードを借りて弾いていました。

夜9時30分まで、今日も練習しいよいよ明後日本番です。

2015年 3月 17日(火) 
 3日間 ファンダイブしたので、今日からシードアー号のメンテをしました。
  魚郡探知機右の機械)が治りました!


   



   
     ギルドにマーチン弦を張りました。
晴    気温 26度  
 

今日も、天気は抜群にいいです。

潜りたい気持ちを抑えて、今日はシードアー号の電気装置のGPS魚郡探知機修理です。

右側の少し小さな画面の機械です。

魚群探知機の部分がおかしくて水深が表示されないのです。

水深が分からないと、ボートがもし浅瀬に迷い込んだ時に、座礁するのではと、とても不安になるのです。

この宿題は、午前に終わらせて、「午後から又、潜りに行っちゃおう。」というスケジュールを立てています。

水深が何故表示しないのか、本体の機械の故障か、機械から船底に繋がる振動子と呼ばれる部分の故障か、調べつくしました。

4時間もかかってしまいましたが、原因が分かりやっと治りました。

しかし、もう昼過ぎで午後からダイビングしようと思っていたスケジュールに間に合いません。

 また、今夜はバンドの練習が有ります。

ギターの弦が古くなっていたので、新しい弦を買いに名護まで行きました。

ギターがギルドというメーカーなので弦もギルドの弦が欲しかったのですが、沖縄の北部ではなかなか手に入りません。
 それでも、マーチンの弦が有ったので、すぐ買いました。

弦を張り替えると見違えるように素晴らしい音に変わりました。

ダイビングが出来ませんでしたが、きれいな音に惚れぼれしました。

夜7時からバンドの練習が始まり、午後9時30分に終わりです。

何かと忙しかったですが、とにかく魚群探知機が治ってホッとした1日でした。

本部でDIVING   GO  DIVE!

2015年 3月 16日(月) 
日本庭園に居るようなダイビング! 海の中は、繁殖の時期でした。
   
    このトンネルを抜けると海です。

   
    そして誰もいない海がありました。


 7~8cmもある大きなモクズショイ。

  

 日本庭園に居るみたいです。



 えっ、タンク背負ってこんな穴を抜けて来たの!
晴    気温 26度  水温 21度   透視度  20m 
 

今日も気温は26度まで上がり、とても暖かな1日です。

3月とは思えません。

今日も、誰もいない海を選び潜りに行きました。

人があまり通らないので、ジャングルの様な草木の中を走ります。

携帯電話が無ければ、ここで車の故障でもあったら大変な場所です。
 
車を止めて、いざビーチへ降りようと思ったら、浜に降りる小道は木に覆われて、とても狭くなっていました。

タンク背負って中腰で通り抜けようとしましたが、タンクが木の枝に引っかかり前へ進めず、苦労しました。

しかし苦労の先には、素晴らしい光景が待っていました。

「誰もいない海。」です。

 本部の海では、アメフラシを見る事はほとんどありませんが、何年ぶりかでアメフラシが居ました。

2匹で居たので繁殖行動していたのかもしれません。

ウミウシのきれいなピンクの卵塊もありました。
 
石をめくると、モクズショイが居ました。

場所によって、体にくっつける藻屑も違うので、とても面白いです。

とてもカニの仲間には見えません。

緑色のユビエダハマサンゴがあり、周りの白い砂ととても似合っていて、日本庭園に居るような気持ちになります。

不思議に心も落ち着きます。