シードアーのダイビング日記  2014年 12月 
(ダイビングの話でない時も有りますが、本部とシードアーの最新情報を・・・)

    今月のページ     トップページ

※グーグルクロムの場合、正しく見れない場合が有ります。

2014年 12月31日(水) 
 2014年 ゲストの皆様 本当に有難うございました。
 今日のゲストの皆様!
  


   可愛いシンデレラでした。

    今年1年 、有難うございました。
 晴   気温 20度    水温 22度   透視度30m

天候に恵まれた今日は水戸からジャーダイビングクラブの皆様と埼玉からゲスト様がお見えになりました。

海も穏やかで、水納島で3ダイブしてきました。

透視度もかなり良くて30m見えています。
チンアナゴは、相変わらず沢山顔を出していました。

ヤシャハゼもいましたが、すぐに引っ込んでしまいました。

久しぶりにソメワケヤッコを見ました。
ソメワケヤッコは色合いがきれいです。

シンデレラウミウシは、1cmほどの子供で、しかも岩の狭い場所に逆立ち状態でくっついていたので、写真を撮るのに苦労しました。

パンダダルマハゼもいましたが、これもまた、ハナヤサイサンゴの特に狭い場所に居たので、全身を見る事が出来ず、撮るのを諦めました。
リーフの上のサンゴは、日差しがあるのでとてもきれいに見えています。

そのサンゴの上をキホシスズメダイがシンクロナイズドスイミングの様に、何十匹も一糸乱れぬ泳ぎを見せてくれました。

ハダカハオコゼやコブシメをそして、1m近くもある大きなサバヒー等も見る事が出来ました。

そして、2014年のダイビングは、終了しました。

今年もシードアーと愛犬マグを可愛がっていただき本当に有難うございました。

2015年も、何卒よろしくお願い申し上げます。

それでは、良いお年をお迎えください。<m(__)m>

本部でDIVING   GO  DIVE!

2014年 12月30日(火) 
 瀬底島・水納島 2島ツアー!

  今日のゲスト様。
  


   ヤギで甲羅を掃除していました。


       
     大きなテーブルサンゴでした。
 晴   気温 20度    水温 22度   透視度25~30m

今日は、風もさらに収まり海も静かになってきました。

良い年の瀬を迎えています。

今日は瀬底島と水納島を潜ってきました。
瀬底島の西側は、入り組んだ地形が多く、地形が好きなゲスト様には喜ばれます。

細い水路を抜けたり、アーチをくぐったり、長いトンネルもあります。

リーフの上では、ノコギリダイやアカマツカサが群れています。
 久々の水納島でしたが、水は相変わらずきれいでした。

チンアナゴを見たり、キンギョハナダイも群れてオレンジやピンクでとても華やかです。
 
ヤギのある場所ではウミガメが甲羅を擦って良く掃除しています。

今日もヤギで甲羅掃除をしていました。
水面を見上げるとキホシスズメダイ

 の群れが、「これでもかっ!」と言う位に集まっていました。

リーフのサンゴは、青や緑など色鮮やかで大きなテーブルサンゴもあります。

最近見かける事が少なくなったセジロクマノミを見たり、海に癒された1日でした。

本部でDIVING   GO  DIVE!

2014年 12月29日(月) 
 ゲスト様は、イケメン親子様。

  今日のゲスト様。
  


   透き通ってとても気持ちいいでした。



    カマスに囲まれました。。
 曇・晴  気温 20度    水温 22.5度   透視度15~20m

荒天が続いていた本部ですが、次第に天気も回復してきました。

今日のゲステト様は、高校生とお父様の親子様です。
せっかくのイケメンがフードで、隠れてもったいないゲスト様です。

晴れ間が出て来て、海の中がとても明るくそサンゴが生き生きとして見えます。

透視度も20m近くあります。
 サンゴの周りには、ロクセンスズメダイが群れたり、ボラが群れていたりしました。

真っ白な砂地に陽が射しこむと、視界が一気に開け空を飛んでいる様なはー気分になります。
 漁礁のあるポイントに行くと、コブシメの子供がいました。

漁礁のコンクリートブロックの近くで飛行船の様に浮いていました。

ツバメウオやアカククリもいました。

漁礁近くでは、ヤマトカマスの大群に囲まれました。

何百匹の群れです。

カマスの群れの下には、アカヒメジが群れています。

トウアカクマノミを見たり、ゲスト様にとても喜んで頂けた1日でした。

本部でDIVING   GO  DIVE!

2014年 12月28日(日) 
 雨のはずが、晴天に!

 陽が出て来て、とても気持ちいいです。
  






 海の中はとてもきれいでした。







    ゲスト様と一緒に。
 曇り   気温 20度    水温 22.5度   透視度15m

朝から雨でしたが、時間が経つにつれて雨が上がりました。

今日は、とても朗らかなご夫妻のダイビングです。

ビーチが混み合うと思い、少し早めにショップを出発したら私達が、一番乗りでした。

誰もいない砂浜はとても静かで、気持ちいいです。

波の音も、心地良く波が足を洗っています。
足の立つ浅い所で、ダイビングの練習を時間をかけてゆっくりしました。

スチールタンクは、タンクが体の中心からずれると体がラッコの様に仰向けになる事があります。

姿勢のバランスのとり方も練習していよいよ海に入りました。
 潜り始めて、水深もまだ1m位の海底を良く見ると、モンダルマガレイがいました。

 私し達に見つかっているとは思っていないのか、モンカダルマガレイはじっとそのまま動かないでいました。

しばらくするとロクセンスズメダイが、私達の周りに集まってきました。

ハマクマノミに指を噛まれたり、ゲスト様がびっくりする事もありました。
 遠くから、ボラの群れがやってきました。

銀色の体は、真っ白な砂地だと分かりにくいです。

しかし水面に向かって泳いでいく時に、エラから砂を吐きだすので、ジェット機の様です。

 【ゲスト様の体験ダイビングログデータ】
潜水地:崎本部ビーチ
開始時間   9時35分   
終了時間  10時19分
潜水時間  44分 (練習時間を除く)   
最大深度  8.2m
【見た生物】オジサン・ヤマブキベラ・クギベラ・ヨメヒメジ・
モンツキアカヒメジ・ロクセンスズメダイ・ハマクマノミ
クマノミ・オグロトラギス・ロクセンスズメダイ
・アオヤガラ・モンダルマカレイ・ハマフエフキ等

ゲスト様の笑顔が、とても嬉しかった1日でした。

本部でDIVING   GO  DIVE!

2014年 12月27日(土) 
 年末年始の準備万端! ちょっと疲れましたが・・・

  掃除前(左)と、掃除後(右)のプロペラ

  
























      
      時々気晴らしでファンダイブ

      カクレクマノミさん、有難う!
 晴    気温 18度    水温 22.5度   透視度10m

クリスマスも終わりいよいよ、年末モードになってきました。

年末年始を、安全にそして快適にボートが運転できるように、今朝はボートのあちこちの掃除や点検をしました。

まずは、燃料です。

年末年始は、ボートの給油が出来ない日もあるので、満タンにしました。

シードアー号は、満タンにすると1600リットルの燃料が入りますが、ギリギリ一杯に入れるとボートが揺れた時に、燃料タンクのに空気抜きから、燃料がこぼれる事があるので、1400リットル位にしておきました。

エンジンオイルは、ゲージの下段になってたので、一番上までオイルを足しました。

冷却水の量は、十分でした。

いよいよ、メインイベントの船底掃除に掛かります。

この掃除は、4時間は覚悟しています。

そして、海に9時20分に入りました。

プロペラやシャフトを見ると、夏の間の垢がこびり付いていました。


プロペラとシャフトを磨くのに、1時間近く掛かりました。

海の中で汗をかくというのも、変な感じでしようが、本当に汗をかく位の作業でした。

プロペラがきれいになって、気晴らしにファンダイブです。

港の水深は2~3mしかありませんが
、ミスジリュウキュウスズメがいたりスナギンチャクがいたり結構楽しめます。
 もちろん港の中なので、ボートの往来があるから、シードアー号の下だけでのファンダイブです。

次に船底の掃除に掛かりました。

空気が無くなり、11時30分に一旦浮上してタンク交換です。

船底掃除は、常に仰向けの作業なのと、船底を擦る時に捕まる場所がないので、かなり重労働です。

又1時間が過ぎた頃、ファンダイブをしてしまいました。

私は飽きっぽい性格なのでしようか?

カクレクマノミの写真を撮りに行きました。

カクレクマノミの写真を撮った後、更に1時間頑張り船体がきれいになりました。

右手は、パンパンに脹れあがってしまいましたが、綺麗になった船底とプロペラを見ると、とても安心できます。

燃料やオイル不足の心配もなくなり、安心して年末年始が迎えられる1日になりました。

本部でDIVING   GO  DIVE!

2014年 12月26日(金) 
 ラビリンスはやはり面白かったです!

 今日は久々に沢山の方がお見えになりました。

  

   
 トンネルの中にアカマツカサが沢山います。
 曇・晴    気温 17度    水温 22.5度   透視度20~25m

今日の本部は、ここ最近では天気が良い方でした。

風もそれほど強くなく、波も思ったより静かでした。

そんな今日は、まだ年末年始休暇に入っていないのですが、12月としては多くのダイバーの皆様が来られました。
小学生ダイバーのゲスト様もいたので、1ダイブ目は、静かな場所でダイビングしました。

 ゲストの皆様は、カマスの群れがいたり、トウアカクマノミを見に行きました。

 午後になり、潮が引き始めたので、ラビリンスに行きました。

久しぶりのラビリンスは、相変わらずアカマツカサが沢山いました。

トンネルの中を通ったりドキドキします。

ウミウシも、あちこちが見かける様になりました。

新聞を見ると、慶良間ではクジラが出始めたようです。

本部でも、そろそろクジラの声が聞こえる時期になって来た1日でした。


本部でDIVING   GO  DIVE!

2014年 12月22日(月) 
 久しぶりにカメと出会えました!

 ゲスト様は、雨天でも嬉しそうでした。

  






 久々の亀でした。

 雨    気温 16度    水温 22.5度   透視度20~25m

 九州で雪が舞う時は、沖縄も冷え込む事があります。

最近風の強い日が続き、水納島になかなか行けません。
風がかなり強くても本部ではダイビングが出来るので、ダイバーの皆様は、本部に集まる事が多いです。

ボートからビーチを見ると月曜日にもかかわらず、多くのダイバーの車が、止まっていました。
ビーチの沖には、ダイバーが沢山集まっています。

本部はやっぱり、ダイバーにとってとても大事な場所でした。
ビギナーのゲスト様がおられたので、穏やかな場所に行きました。

ユビエダハマサンコがたくさん生息して、もうすぐコブシメの産卵がこの場所で始まります。

クロスズメダイの幼魚も沢山います。
クロスズメダイの幼魚の胸鰭お尻鰭は、白、黒、黄色、青が混ざってとてもきれいです。

久しぶりに、瀬底のパンプキンに行くと、亀と出会いました。

ずいぶんと古いコモンシコロサンゴがあります。

朽ち果てている部分も多いのですが、割れている部分を見ると、このサンゴが育ってきて歴史が分かります。

このサンコ゜の今までの歴史を想像した日でした。

本部でDIVING   GO  DIVE!

2014年 12月20日(土) 
 ハナヒゲウツボの幼魚がいました。!

 雨天でもゲストはー様はとても晴れやかです。

  



 渡り鳥の様に、一斉に海底に降りてきました。








ヤマトカマスが群れています。
 雨    気温 18度    水温 22.5度   透視度25m以上

昨日は、とても暖かな1日でしたが、今日は雨になりました。

風も強くなる予報で、予報通り今朝は風り音で目が覚めました。

雨が覚めると、雨の音が聞こえてきました。

カーテンを開けるとやはり外は、雨です。

こうなると思っていたので、今朝のダイビングの準備は昨日で済ませておいたので、ダイビングの支度で雨に濡れる事はありません。

風が強いので、ボートダイブをビーチダイブに切りました。


きっとビーチは混み合うと思ったので、早めのビーチに行くと、私達が一番乗りでした。

風が強くてもこのビーチはとても静かで、一番乗りの海はとても気持ちいいです。
腰まで海に浸かり、海の中を覗くと、とてもきれいで遠くまで見えています。

フィンを履く間も、コバンアジが周りを泳いでいました。

水温が下がって来たせいか、ミドリリュウグウウミウシも姿を現し始めました。
 海の中は、海の中は、やはりきれいで透視度は25m位見えていました

ボラの大群がやって来て、一斉に砂の中に顔を突っ込み餌を探していました。
そして一斉に海底から水面近くに上がって行く時に、エラから砂を吐き出してジェット機の煙の様です

 しばらく泳いでいると、ハナヒゲウツボの幼魚がいました。

 髭の先端に花びらもついていない、本当にまだ子供の様です。

太さも割り箸くらいの可愛いハナヒゲウツボの子供でした。

最近は、いつもここでカマスの群れ見る事が出来ます。

それほど大きい群れではありませんが、それでも目の前がカマスだらけになると、嬉しくなります。

雨にもかかわらず、ゲスト様から「本当に楽しめました。十分ですよ!」と言われ、とても嬉しくなった1日でした。

本部でDIVING   GO  DIVE!

2014年 12月17日(水) 
 少しはクリスマスらしくしないと! 電球のチェックは、大変でした。! ダイビングの話ではありません。

  どの電球が、切れてるの~?!














  自然の作る景色には、驚かされます。
 曇り    気温 20度   

そろそろクリスマスが近づいてきました。

毎年シードアーでは、
少しはクリスマスらしくという事で、イルミネーションをフェンスに飾っています。

この時期は、暇なので時間はいっぱいあるから、切れている電球の交換作業から始めました。
そんなに沢山ので電球は、飾りません。

500球ほどなのですが、コンセントを差し込むと、光らない電球があります。

一個光らないと、その近辺の電球300個も光らなくなります。