シードアーのダイビング日記  2014年 9月 
(ダイビングの話でない時も有りますが、本部とシードアーの最新情報を・・・)

    今月のページ     トップページ

※グーグルクロムの場合、正しく見れない場合が有ります。

2014年 9月 30日(火) 
  根性を出して草刈りしました。!【ダイビングの話ではありません】

午前8時のシードアーは、草がぼうぼうです。
           
            ↓
            ↓
            ↓
            ↓


午後4時にやっと綺麗になりました。

晴   気温 31度   

何か理由を付けながら、草刈りをしないで今日まで自分を騙していましたが、さすがに草の勢いに負けてしまい、思い腰を上げました。

やっぱりゲスト様が来られた時に、草ぼうぼうだと申訳ないのでした。

それにしても、一体どこから手を付ければいいのかもわかりません。

基本的に草刈り機を使うと更に太い草が生えてくるので、草刈り機は、極力使いたくないので、午前は人力で草抜きに徹しました。
      ここも午後4時なってきれいになりました。
 人力で、草抜きです。
さすがに昼頃になると握力が無くなってきました。

雨が降ると地面が柔らかくなるので草が抜きやすくなりますが、あいにく晴天続きで地面が乾き、草の根っこがなかなか抜けません。

草の根と関口との根性比べです。

何とか勝利したものの、指先はボロボロになっていましました。
 
                ここが一番厄介な所でした。
午後は、草刈り機で一気に勝負を付けました。

目の前には、冷えたビールが浮かんできます。

「そうだ!グラスをカチカチに凍らしておこう!」とか、「今日は、島酒は後にしてビールで、体をもっと冷やそう!」とか、そんな事を考えていると、手が止まってしまいました。

夜になり、本部警察署の道場で、子供の剣道の練習を横目で見ながらマシーンを使って筋トレをして、家に帰りいよいよビールタイムです。

一口飲んで「ブヒャーーッ! ウマッ!」と、叫んだ1日でした。


本部でDIVING   GO  DIVE!

2014年 9月 29日(月) 
  水納島3ダイブで堪能しました!

     珍しいアザハタです!






   巣穴から出てきました。








  ウミテングが泳いだ!  
晴   気温 31度   水温 29度  透視度 30~40m

気温も少し下がり水温も少し下がり、とても過ごしやすくダイビングしていてもとても気持ちいい最高の時期になりました。 

透視度は今日もとてもいいです。

最近水納島では、あちこちでスカシテンジクダイの群れが、とても大きくなっています。

沖の根で、いなくなったアザハタが別の場所にいました。

ここもスカシテンジクダイで、根が霞んでしまうほどです。
 たまには、モンツキカエルウオを探そうと思い、岩を細かく見ていました。

視線を右にずらしたらカメの甲羅でした。

右手の30cm横の窪みにいました。

まったくここのカメときたら、「こんなに近づいても逃げようとしないのか!」と、びっくりしました。
 昨日もびっくりさせられましたが、今日で2度目です。

びっくりと言えば、今日はハナヒゲウツボが巣穴から出てきました。

これもピックリで、今日は驚き続きです。

 たまには、と又アキアナゴを見に行きました。

しかしアキアナゴはとても手ごわいです。

容易に近づけません。
おまけに3倍ズームの7年前の旧式デジカメだと、これが限界でした。

でも渾身の1枚なのです。

驚き続きと言えば、ウミテングを撮
っているダイバーがいました。

ウミテングがカメラを向けるとすぐに180度方向を変え、なかなか正面の写真が撮れません。

ゲスト様が、何とか正面からの写真を撮ろうと頑張っていると、ウミテングが離陸しました。
 
嬉しい事に私のそばをウミテングが泳いで来ました。

空飛ぶウミテングです。

今日は、驚き続きの
1日でした。

本部でDIVING   GO  DIVE!

2014年 9月 28日(日) 
  瀬底島・水納島2島ツアー!

     今日のゲスト様!



 ホラ貝が、アオヒトデを食べていました。



   探検している気分になります!
晴   気温 32度   水温 29度  透視度 30~40m

今日のゲスト様は、小学生の時からダイビングを始めているベテランの女性です。

とてもお若いので、ビギナーの方かなと思ったら大間違いでした。

今日の水納島も、昨日と同じようにとても透視度が良く40m近く見えています。
 ハナヒゲウツボを探していたので、ずっと下ばかり見ていたら、なんと私の頭上をカメが泳いでいました。

手を伸ばせば、カメのお腹に触れる距離です。

あまりの急な出来事にびっくりしてカメラを構えましたが、後ろ足が切れていましました。
 ここのカメは、平気でダイバーのそばを泳いで行く事があります。

ダイバーが危害を加えない事を知っているからかもしれません。

港からわずか15分の距離の水納島ですが、ここのサンゴはとてもきれいで多くのダイバーの方がびっくりされています。

その後、瀬底島に行きました。

クレバスに入るとホラ貝がアオヒトデを食べていました。


オニヒトデも食べてくれるとても貴重な貝です。
クレバスの中は、沢山のアカマツカサがいて水族館の中にいるみたいです。

じっとして動かないので時間が止まっているみたいです。
トンネルの中は、真っ暗な場所もあり探検気分が盛り上がります。

ミナミハタが、お腹を上に泳いでいました。

ゲスト様は、2泊3日のタイトなスケジュールで、このダイビングがツアーの目的だそうですが、十分楽しんで頂けた1日でした。

本部でDIVING   GO  DIVE!

2014年 9月 27日(土) 
  本部の海は、北風に強いなあー!

     スカシテンジクが、満載!



   水族館にいるみたいです。






   夕日のダイバーって絵になります。
晴   気温 32度   水温 29度  透視度 30~40m

 9最近、秋を感じさせる北寄りの風がずっと吹いています。

 そんな事もあり、辺戸岬近辺でダイビングを予定されていたショップ様が、急遽本部に来られて今日のシードアー号は、ほぼ定員いっぱいになりました。

 多少波の有る水納島でしたが、透視度は抜群に良く北部ツアーを諦めて本部に来たショップ様は、大感激でした。

 ボートを運転してポイントに着いたのですが、水面が波立っていたので白く濁っているように見えました。

でも私の勘違いで水がとても透き通って海底の白い砂地が、見えていたのでした。
 沖の根のスカシテンジクダイの群れは、ゲスト様もびっくりしていました。

「この海がわたしが求めていた沖縄の海です!」と、言う話に嬉しくなりました。


リーフ沿いの窪みには、サメがいました。
 ウミテングを今日も見れましたが、ゲスト様が驚いたのは、チンアナゴが近づいても全く引っ込まない事です。

かなり良い写真が撮れたようでとても喜んでいました。

3本目は、瀬底島に行きました。

ジョーフィッシュを見たり、水路のアカマツカサの群れがとても印象に残ったそうです。

先日使用中に無くなったシャワーヘッドをお店で探していたのですが、なかなかサイズの合う物がありません。

そこで見つけたのが100均で売っていたゾウさんのジョーロです。

「これだっ!」と思い、ホースをつなげると上手い具合に水が出てくれました。
「工夫次第で何とかなるもんだなあー。」と、思いました。

3本目は、瀬底島に行きました。

ジョーフィッシュを見たり、水路のアカマツカサの群れがとても印象に残ったそうです。


全てのダイビングが終わり、ボートの上で今日のダイビングを振り返って色々と話して合っているダイバーを見ていると「ダイビングっていいなあー!」
と、思った1日でした。

本部でDIVING   GO  DIVE!

2014年 9月 26日(金) 
  魚と会話するお姉さん?!

     今日のゲスト様。

    久しぶりのナポレオンでした。


     魚と会話してるみたいです!
晴   気温 32度   水温 30度  透視度 30~40m

 今日の海は少し波がありました。

しかし驚いた事に透視度は、抜群に良いです。

視力のそれほど良くない私でも、40m離れた根が見えてしまいした。

「視力が1.5の人だと、どれほど遠くまで見えているのかなー?」と、考えてしまいました
今日のゲスト様は、「きっと私の前世は、水棲動物だと思います。」と、ご自身で言われるほど、海の好きな方です。

ただモクズショイを見た時は、「こんなカニがいるなんて!」と、びっくりされていました。

以前ここで良くナポレオンを見たのですが、最近見かけない日が多いです。

ですが、今日のゲスト様が呼んだのでしょうか。

ナポレオンが姿を見せてくれました。
 又、グルクンが群れ始めたたと思うと、ツムブリも集まりだし、おまけにシイラまで集まり、いろんな魚達が集まりだして水中ショーを見ているようでした。

ハダカハオコゼは相変わらずじっと動かず、ひたすら口元にスカシテンジクダイが来るのを気長に待っていました。

チンアナゴ達も、ゲスト様が近づいても全く引っ込む様子がなく、「ゲスト様は、本当に魚と心が通じているのかな?」と、思ってしまいました。
ボートの下に戻ると、ゲスト様が手を広げると魚達が集まりだして、映画を見ているようでした。

「今日のゲスト様は、人魚だったのかな。」と、思ってしまう1日でした。

本部でDIVING   GO  DIVE!

2014年 9月 25日(木) 
  カスミアジとツムブリに囲まれた1日!

     スカシテンジクダイだらけでした!


   
       眠りブカでした。

     水族館にいるみたいです!
晴   気温 32度   水温 30度  透視度 30m

 北風が強い日となりましたが、天気はとても良く海の中もきれいでした。

沖の根はスカシテンジクダイの数が、とんでもない位に増えていました。

スカシテンジクの根に近づくと、スカシテンジクダイで根が霞んで見えます。

これだけ沢山のスカシテンジクがいるのに、不思議な事にカスミアジなどが1匹もいません。

天敵がいないから数が増えているのかもしれません。
サメ穴に行くと、サメが3匹入っていました。

1匹は、動き回っていましたが、2匹は、じっとしていました。

まだそれほど大きくはありませんが、そばに来られると少し引いてしまいます。
リーフでは、相変わらずサンゴがきれいで見とれてしまいました。

スミツキトノサマダイの子供がとても可愛く、私の周りをチョロチョロと泳いでいました。 

今日はサメと良く出会い、別の場所でもサメと会いました。


全く微動だにせず「眠りブカ。」です。

以前の職場にも「眠り部下。」(休憩時間中なので寝ても良いんです。)はいましたが、こっちの眠りブカも全く動きません。
 驚いたのは、突然カスミアジとツムブリの大群に囲まれた事です。

 視線を海底から、正面に戻すと周りがカスミアジやツムブリだらけになっていました。
「一体、どうしたんだ! 何だ!何だ! これは何の騒ぎだ!」と私の方が慌ててしまいました。

カスミアジの群れも何十匹と言う単位ではありません。

何百匹ものカスミアジとツムブリが群れて、まるで豊年祭の大綱引きの様です。

「こんな時もあるのだなあー。」と、嬉しくなった1日でした。

本部でDIVING   GO  DIVE!

2014年 9月 23~24日(火~水) 
  汗びっしょりになりました。 【ダイビングの話ではありません。】



草むしりは、大変過ぎて写真を撮る気にもなれませんでした



  掃除前のプロペラ↑

  掃除後のプロペラ↓
晴   気温 32度   

今日は、朝から、庭の草刈りです。

「毎日仕事だから、仕方ない。」と、ほっておいた庭は、次第にジャングルの様になってきました。

草刈り機で、「エーイ!」と一気にやってしまうのは簡単なのですが、髭と同じで、更に太い草がそこから生えて来る訳です。

なので脱毛と同じ様に、草を抜いて行きました。

髭そりの経験がこんな所で、生かされています。

ですが、これがとっても大変なのです。

相手は、雑草魂100パーセントの雑草なので、中止半端な根性で挑むと、すぐにKOされてしまいます。

2時間も草を抜くと、何か他の事をしたくなってきます。

あまりの暑さと、汗でぐしょぐしょになりました。

とりあえず今日は、午前中だけで草むしりは、勘弁して上げました。

午後は、「BCDのメンテが大事。」と、無理やり理由を付けて、草むしりをやめました。

翌日は、ちょっと涼しい海の中でシードアー号の船底掃除をしました。

午後は、気を取り直して雑草に挑戦状を突きつけました。

やはりこの日も2時間だけで雑草を許してあげました。

港の中は濁っていて、お世辞にもきれいとは言えませんが、それでもあの暑さの中で汗でぐっしょりになるより船底掃除の方が、ずっと楽だと思った1日でした。

本部でDIVING   GO  DIVE!

2014年 9月 22日(月) 
  海を満喫した1日!

     ダイビングの最終日!







ホンソメワケベラのクリーニングを受けていました。
晴   気温 32度   水温 30度  透視度 20~30m

ゲスト様の講習も終わり、今日からファンダイブです。

当初、台風16号の影響で、講習が終わらないのではと、とても心配でしたが無事に講習も終わりファンダイブまで出来てゲスト様も大喜びです。
今日は又水納島の沖の根に行きました。

ピンクのハダカハオコレゼがとてもきれいです。

嬉しい事に2匹もいてくれました。
 沖はとても透視度が良く、30m以上あります。

テングハギか沢山群れていました。

浅場に戻ると、今日もチンアナゴが沢山顔を出していました


2ダイブ目は、瀬底島です。

サザナミフグををホンソメワケベラが一所懸命にクリーニングしています。

サザナミフグはとても気持ち良いのか、私達が近づいてもクリーニングを続けてもらっていました。

しばらくするとホシダカラが歩いていました。

普段は、夜間に動くので珍しい光景です。
その後、黄色のジョーフィッシュがいるのを教えてもらいましたが、岩の小さな穴の中に居て、近づくと引っ込みそうで、近づけずとうとう写真が撮れませんでした。

黄色のジョーフィッシュは、とても久しぶりでした。

その後3本目は、関口は船長担当になり潜りませんでしたが、「2mのネムリブカとカメを見る事が出来ました。」とゲスト様から教えてもらいました。

色々見て頂けて、とても嬉しくなった1日でした。

本部でDIVING   GO  DIVE!

2014年 9月 21日(日) 
  アドヴァンスド オープンウォーター ダイバー おめでとうございます。

      今日のゲスト様


  両手を広げても届かない大きなイソバナ!


   トンネル内は、アドベンチャーです。
晴   気温 32度   水温 30度  透視度 30m

今日もアドヴァンスコースの続きです。

水納島は、台風16号のうねりが入ってきて、濁っている場所がありました。

「ナビゲーションの練習をするには、ちょうどいい環境だな。」と、思いながら水中に入ると濁っているのは、水面だけで水中の透視度は30mありました。
メジャーで30mの距離を測ります。

30mを何キックで、又何分で泳いでいるのかを測る為です。

 メジャーの端から端まで見えているので、透視度30mは間違いないようです。
 ゲスト様が、ナビゲーションしながら海底を指差したので、見てみると今日もウミテングがいました。

ナビゲーションしながらヤシャハゼを見たり、実際のファンダイブにとても近い環境です。

 2本目は、瀬底島に行きました。

ここには大きなイソバナがあります。

ダイバーが両手を広げても収まらないほどの大きさです。
何故かこの場所だけイソバナだらけなのです。

根の周りがイソバナの大群生地帯になって、イソバナ畑と言う感じです。

その後、トンネルに行きました。

トンネルにはツバメタナバタウオと言う綺麗な姿をした魚がいます。

言葉では表せないのですが、緑と青の中間の様な色合いで、上下ほぼ対称の形をしている美しい魚です。

ゲスト様の講習も終わりました。

アドヴァンスドオープンウォーターダイバーに、なっておめでとうございます。

「これからはもっといろいろな海を楽しんでくださいね。」と思った1日でした。

本部でDIVING   GO  DIVE!

2014年 9月 20日(土) 
  ハワイからアロハ!

      今日のゲスト様



  グルクンが流れ去って行きました。
















  雷が怖くて動けない!
晴   気温 32度   水温 30度  透視度 30m

台風16号の動きがとても気になっていますが、どうやら沖縄本島から、かなり西寄りのコースを通りそうです。

風の強さは昨日とさほど変わらず、水納島でダイビングが出来ました。

今日は、ハワイからもゲスト様が来ました。

私と同じようにダイビングの仕事をされています。

又、アドヴァンスの講習のゲスト様もご一緒です。
アドヴァンスコースのPPBとナチュラリストは、密接な関係にあります。

陸上よりも、変化を受けやすい水中でダイビングするので、水中環境に影響を与えないように中性浮力に磨きをかけるのは、とても意味ある事です。

ゲスト様は、オープンウォーターダイバー資格を今月初旬に取られたばかりで、中性浮力等にいまひとつ自信が持てないそうでした。

コース歩進めていくうちに、中性浮力が取れないいくつかの問題点が見えてきました。

1ダイブ目は、手を貸さないと浮いていられなかったゲスト様も、終わり頃はご自身で、まるで人魚の様に泳いでいました。

ウミテングがいたり、グルクンの群れが泳いで行ったり、魚を見る余裕が出てきました。
 リーフの鮮やかなサンゴをホーバリングしながら、安全停止も見事に決まりました。

アドヴァンスコース初日は、ゲスト様も満足できる1日でした。

ハワイから来たインストラクターの方と、ハワイの事を色々と教えてもらいました。
「ピタヤボール」と言うスイーツがおいしい事や、シードアーの柏本船長が、来年「ピタヤボールを作って本部で売るぞ」と、意気込んだ時は、皆とても楽しそうです。

柏本船長は、時々シードアー号にもぎたてのアセロラとグァバを持ってきてくれます。

休憩時間にゲストの皆さんと一緒に食べて、又楽しい一時を過ごした日でした。

本部でDIVING   GO  DIVE!

【ダイビングの話ではありません。】

犬は、雷が苦手らしいですが、マグも同じです。

雷の音や、光でおじけついてしまいます。

最近、夜に雷が鳴る事が多く、今日も雷が鳴りました。

マグは雷が怖くてとうとうこんな格好になってしまいました。

怖い物は仕方ないよね。 マグっ!

2014年 9月 19日(金) 
  魚の群れがとても多い1日。

  ロベルトさんは、サッカーのコーチです。

    日本庭園の様な景色です。

  キンギョハナダイの群れに囲まれて!
晴   気温 32度   水温 30度  透視度 30m

台風16号の進路が次第に気になり始めましたが、それでも天気には恵まれて日差しも強いです。

今日は、水納島の沖の根を回ってきました。
 テーブルサンゴには沢山のデバスズメダイが群れて、サンゴのグリーンとデバスズメダイのブルーが、混ざり合ってとてもきれいです。

 私達が近づくとすーっとサンゴの隙間に逃げ込みます。

私達が少し離れると、用心深く少しずつサンゴから出てきます。
その様子を良く観察すると、サンゴから最初に出ようとするデバスズメダイと、他のデバスズメダイの様子を見てから自分もサンゴの隙間から出てくるデバスズメダイの2種類がいるようです。

「こんなに、小さな魚でも性格があるのかなー?」と、考えてしまいました。

沖の根は相変わらずきれいで、日本庭園を潜っているような気分になります。

別の場所の沖の根に行くと、スカシテンジクダイが、「ぐしゃぐしゃ。」という言葉がぴったりなくらい群れていました。

これほどスカシテンジクダイがいると大概オニダルマオコゼなどがいますが、まだオニダルマオコゼもこの場所を知らないようです。
キンギョハナダイも。紙吹雪の様にまっています。

ケラマハナダイもいたり、フタイロハナゴイもいたり、とてもきれいです。

魚の群れに癒された1日でした。

本部でDIVING   GO  DIVE!

2014年 9月 18日(木) 
  スポットライトを浴びたゲスト様!

     今日のゲスト様は。


 
    
    スポットライトを浴びているようです。



       リーフに群れる魚達。 
晴   気温 32度   水温 30度  透視度 30m

今日は、水納島と瀬底島の2つの島を巡りました。

水納島は、相変わらずとても船上からも海底がはっきりと見えています。
ここ数日北寄りの風のお陰で、過ごしやすい日が続いています。

しかし水温は相変わらず30度近くあり、かなり高水温です。

30度の水温に慣らされてしまうと、水温が28度に下がった時に寒くて対応ができなくなるのではと、思ってしまいます。
水面は少し波がありましたが、水中に入ると水面のざわつきもすっかり収まり、自分の呼吸音だけが、聞こえてきます。

目の前をナンヨウハギの子供たちが、泳いでいます。

少し近づくと一目散にサンゴの隙間に身を隠し、私達をやり過ごそうとしています。


ウミテングも必ずと言っていいほど見る事が出来ます。
瀬底島には、北寄りの風の時が一番潜りやすいので、久しぶりに来てみました。

トンネルを通るのは、いつもドキドキします。

天井の隙間から差し込む光が、オーロラのように揺れてカーテンが風でなびいているようです。

 スポットライトの様な光で、差し込んでいました。

ゲスト様はそこで大きく手を開いて天を仰いでいました。
特に晴れた日の昼下がり、ここを潜るとスポットライトを浴びる事が出来ます。

神秘的な光景に、ゲスト様も感動されていました。

ボートの下に戻リ安全停止をしていると、ノコギリダイが沢山群れています。

写真を撮るのに夢中になっていると、あっという間に安全停止の3分が過ぎた1日でした。

本部でDIVING   GO  DIVE!

2014年 9月 17日(水) 
  ログブックは、とても便利な参考書!

水納島は、とてもきれいでした。





カツオに追われて、キビナゴが飛び出してきました。


   
晴   気温 32度   水温 30度  透視度 30m

今日は、シードアー号の船長です。

最近はずっと北寄りの風が吹いて、とても過ごしやすいです。

水納島は多少波がありましたが、とても水はきれいでした。

キビナゴも多く、カツオに追われてキビナゴが水面から飛び出してきます。

水面から飛び出したキビナゴの群れが一つの大きな生き物の様に見えます。

バシャパシャとカツオも水面から飛び出してキビナゴを追いかけまわしていました。

水面のざわつきを見たアジサシ達が集まり、キビナゴの争奪戦が始まっていました。

ダイビングが終わると、私も必ずログブックを付けています。

正確な本数は、25年ほど前にバリ島でダイビングの仕事をしている時に、あまりの忙しさでログが付けられずその時にログ付けが中断してしまったので分かりません。

今は、毎年毎年の本数を残すようにしています。

私のログです。
ログブックを付ける時に、ぜひやって頂きたい事があります。

特にビギナーの方や、ブランクがある方、そしてダイビングで上手くできない事がある方は、ダイビング中にインストラクターから受けたアドバイスを記入してください。

時々、ゲスト様から「年に1回くらいしかダイビングに行けないので、いつもツアーの初日はドキドキしたり前回と同じ失敗をしてしまいます。」と言う声を良く聞きます。

その失敗の解決策をインストラクターの方に聞いてログブックに記入しておき、次回ダイビング行く前にログブックを読み返せば、前回の記憶が蘇り同じ失敗をしなくて済みます。

例えば、「耳抜きがしづらく、潜行にいつも時間が掛かる。」と言う方も「つばを飲み込んだらすぐに直った。」等と言う事も書いておくといですね。。

そんな些細なことでもログブックに記入しておくだけでツアー前に読み返せば、、同じ失敗をしなくて済みます。

私たちインストラクターも、様々なゲスト様とご一緒させて頂きますが、「問題を抱えているゲスト様にこんなアドバイスをしたら劇的に改善した。」と、記入したりしています。

なのでログブックをキチンと付けているインストラクターは、様々な悩みを持っているゲスト様に色々な処方の引き出しを持っています。

私達にインストラクターにとっても、その様な訳でログブックはとても大事なのです。

又、ログブックは、ダイビングと言う仕事をしてきた私の人生そのものの証です。

皆さんもログブックを付けると最高の参考書になりますよ。

本部でDIVING   GO  DIVE!

2014年 9月 16日(火) 
  若い女性4名の体験ダイビングは、とても緊張しました。

      お勉強の時間です。


 


女性に囲まれ、マグも嬉しそうです。


   
晴   気温 32度   水温 30度  透視度 15m

今日は、知人の娘さんの体験ダイビングです。

小学生の幼いころから、知っているのですが、大学生になるとすっかりきれいになって誰が誰だか分りませんでした。

若い女性の体験ダイビングをするのはとても久しぶりなので、ちょっと緊張です。

一体、今まで何人の方の体験ダイビングをしてきたのか考えると「なんで緊張してるんだあー?」と、思うのですが、理由は分かりません。

とにかく緊張なのでした。
4名の方がいるので、スタッフと2人でご一緒させて頂きました。

勉強が終わり、足の経つ浅い所で、練習も終りいよいよ海に入ります。

海の中で呼吸するのはとても感動します。
ダイビングのコツがすぐにつかめる時もあれば、コツをつかむのに少し時間がかかる事もあります。

たとえ少し時間がかかっても全く問題ありません。

「だって全く初めての事をしているのですから。」 

4名のゲスト様は、ハマクマノミやカクレクマノミ、オジサン、クキベラ、ロクセンスズメダイなど見る事が出来ました。

ショップに戻り、ログブックを付けて私のログにも皆さんのサインを頂きました。

皆さんの笑顔を見れて、とても嬉しくなった1日でした。

本部でDIVING   GO  DIVE!

2014年 9月 15日(月) 
  ゲストの皆さんが♡を作りました。

    女性のハートは、とてもきれいです。


 

   男のハートは、如何ですか?びみょー
    (実は左側は、私です。)


    
   ベテランゲスト様も締めくくりは♡でした。
   
晴   気温 32度   水温 30度  透視度 30m

海はとてもきれいで、天気も良くダイビング日和です。

水納島では、ハナヒゲウツボがずっーといてくれるので、とても有難いです。

ゲスト様もとても嬉しそうなので、私も嬉しくなります。

ウミテングも、見る事が出来で見たい生き物が色々と見れます。
 ゲスト様の写真を撮ろうとカメラを構えると、ゲスト様がハートマークを作りました。

女性お2人で作るハートマークはとても可愛いです。

その時、私もパディーを組んでいた男性のゲスト様とハートマークを作りました。

後で見るとハートを作っている左側の私が歪んでいます。

この写真を柏本船長が見ればきっと「ハートが歪むのは心が歪んでいる証拠。」と、そんな事を言われそうな気がしました。

 最近は、キビナゴの数が増えました。

一時「キビナゴが少ないのでアジサシが今年は少ない。」と、言われていましたが、最近はアジサシも増えてきました。

 キビナゴが増えると、ツムブリも姿を現します。

 こんな食物連鎖を見ていると「これが生態系なんだ!」と、呟いてしまいました。

今日も3ダイブが終わり、夕日が眩しい時刻になりました。

「サンセットダイバーの写真を撮りましょう。」と、ベテランゲスト様にカメラを向けると、ベテランゲスト様もハートマークを作ってくれました。

大型カメラを持ちファイアーマンのベテランゲスト様は、とってもフランクな方で、心が温かくなった1日でした。

本部でDIVING   GO  DIVE!

2014年 9月 14日(日) 
  ボーちゃんが岩から出てきてびっくりした日!

   ダイビング歴30年のベテランゲスト様


 

    流星群の中にいるようです。


   クジラ岩のタマンの群れ!  
晴   気温 32度