シードアーのダイビング日記  2014年3月 
(ダイビングの話でない時も有りますが、本部とシードアーの最新情報を・・・)

  今月のページ     トップページ

2014年 3月 31日(月)  
大学生ダイバーが、誕生しました!

 水納島は魚が沢山います。





  海底砂漠の様です。
晴    気温 23度    水温 21度   透視度30m

オープンウォーターコースの最終日になりました。

最終日はボートを出して、水納島で最後の海洋実習をしました。

海がとてもきれいで、講習なのですがファンダイブをしているような気分になります。

オレンジ色のキンギョハナダイが沢山群れています。

オープンウォーターダイバーの深度限界の18mまで潜りました。

中性浮力もとても上手にできて、大学生たちは既にダイバーの顔になっています。

ホバーリングが出来ると「こんなに楽なんだ。」とびっくりしているようにも思えました。。
水族館で見たチンアナゴが、2m先で見る事が出来てとても驚いていました。

水中なのに遠くの景色まではっきり見えて、水納島のきれいさにも感心しています。

講習の全課程が終了し、ダイバーが誕生しました。

午後からもボートを出して、瀬底島でスノーケリングを楽しみました。

「スノーケリングで海の中を見ているだけでも、癒されます。」と言った学生の言葉が印象的です。
夜になり、泡盛で卒業を祝った1日でした。

皆さん、おめでとうございます。

本部でDIVING   GO  DIVE!

2014年 3月 30日(日)  
大学生チーム 海洋実習!

荒れた天気も午後は回復しました。

   
  疲労したダイバーを曳航する練習。
雨→晴    気温 22度    水温 21度   透視度15m

大学生のオープンウォーターコースの海洋実習の日です。

午前は、前線通過で荒れていたので午後からのスタートにしました。

ビーチに着くと、やはりダイビングショップの車で賑わっていました。

崎本部ビーチは、冬場はダイバーの駆け込み寺みたいです。

他の場所が荒れて潜れなくても、崎本部に来れば、何とかダイビングが出来る
事が多いです。

パディー同士で、行動する習慣の付いた大学生たちは、お互いの距離を一定に保ち安心して見ていられます。

水面は、午前の影響で少し波が有りました。

器材の水面脱着などを体験するには、とても実際的でした。
その後、足が攣った場合の対処法や、疲労しているダイバーをアシストする方法などをマスターしました。

講習中も、ロクセンスズメダイやヤマブキベラが寄ってきたり、とても楽しい講習になりました。

オープンウォーターダイバーコースは、ダイビングのテクニックや「もしもこんな事が起こったら」に対処する方法を学びます。

もうすぐ新たにダイバーが増える日も近いて来た1日でした。

本部でDIVING   GO  DIVE!

2014年 3月 29日(土)  
 チーム親方がお見えになりました! 

チーム親方! レンズ曇ってごめんなさい<m(__)m>

   
 圧倒的なキホシスズメダイの群れ!


  いつも姿を見せてくれるアオウミガメ。
晴    気温 25度    水温 21度   透視度30m

今日は、チーム親方が来られました。

親方とは、もう10年以上のお付き合いです。

今日は、天気に恵まれて気温も度まで上がり暑い1日です。
 水納島は相変わらず、水が透き通ってとてもきれいです。

海の中に入っても、360度見渡せてパノラマです

ゲスト様のお一人は、水中撮影専門のカメラマンです。
ヤシャハゼがあちこちに顔を出し始めました

アキアナゴも見に行ったのですが、とても神経質で近づくことすらできませんでした。


リーフ近くでは、キホシスズメダイが「これでもかっ!」と言う位圧倒的な数の群れを作っていました。
 ハナヒゲウツボの幼魚も顔を出していました。

日差しが強いのでリーフのサンゴの色もとてもきれいです。

「このサンゴを40分眺めるだけでいいです。」と言うゲスト様もいるほどです。
後ろを振り向くとアオウミガメが悠々と泳いでいました。

ヒレをグライダーの翼の様に伸ばして、「水中を滑空している。」と言う表現がぴったりです。

亀を追いかけるのではなく、亀に併走するようにゆっくりと泳ぐと、亀はずーっと一緒に泳いでくれました。

ウメイロモドキの群れもとてもきれいで、背中の黄色が水中に映えます。

時折クジラの声が聞こえ、ホエールウォッチングも本部では、まだ盛んです。

ゆったりした時間をゲスト様と過ごした1日でした。

本部でDIVING   GO  DIVE!

2014年 3月 28日(金)  
 大学生のオープンウォーターコース! 夜は、バンドマンに変身した日。 

 海はいつ来ても気持ちいいです。
  
 
  浅い場所でエア切れの練習。
晴    気温 23度    水温 21度   透視度15m

今日も天気に恵まれて、とても暖かいです。

東風で海も穏やかで、コンディションはとてもいいです。

春休みでビーチが込むかもしれないので、早めに行動した為、私たちが一番乗りでした。 

180㎝ある大学生が背うおタンクは、とても小さく見えます。

ダイビクング器材の装着に問題がないかパディー同士確認してもらいます。

千葉県からきている大学生には、沖縄の海はポスターで見た景色の様にきれいに見えているようです。
今日は浅場で、ダイビングに必要なスキルをマスターしています。

講習をしている崎本部ビーチはとても静かで、浅場には十分日差しが届き、海底がキラキラしてとてもきれいです。


ダイビングに必要なスキルをすべてマスターし、いよいよ海洋実が始まります。

本部でDIVING   GO  DIVE!


■ここからダイビングの話ではありません。
 夜になり、瀬底小学校の先生の
送別会が有りました。

瀬底島の集落センターに島の多くの人たちが先生の送別会に集まりました。

瀬底島は、先生の送別会や歓迎会を盛大に行います。
私たちオヤジバンドも毎年この行事に出るのが慣例になっています。

私は、ギター担当です。

今年の曲は、ビギンの「国道508号線」と「かりゆしの夜」、「笑顔のまんま」、「三線の花」の4曲です。

島の青年の弾く三線も加わり、とても味のある演奏が出来ました。

先生方の労をねぎらいながら更けていった1夜でした。

先生っ!子供たちの為に頑張って頂き有難うございました。

本部でDIVING   GO  DIVE!

2014年 3月 27日(木)  
 お疲れさまでした。 ・・・テーブルに穴を開けてしまった1日! 

 講習が終わり母娘でダイビング!

   
    
  
   講習が終了し、記念撮影です。







  アテモヤ?と言う果物・・・・です。










 テーブルの穴をガムテープでふさぎました。。

晴    気温 23度    水温 21度   透視度30m

ゲスト様の講習、最終日となりました。

今日は、ボートを出して水納島と瀬底島に行きました。

昨日までのビーチダイブと違ってポーを出すと透明度が極端に良くなりました。
  三日間も長い間海に浸かったお母様ですが、海が本当に好きなのでしょう。

きっと体も冷えて、お疲れになっているはずなのに疲れも見せず、毎日笑顔で講習に参加されます。
その積極的な姿勢に頭が下がる思いです。

水納島では、キンギョハナダイがとてもきれいです。

真っ白な砂地がとても気持ち良く、ストレスを感じる事無くダイビングが楽しめます。

瀬底島では、ドロップオフなのでお母様は少しドキドキされたようですが、ダイビングが好きなので、ここでもゆっくりと水中の世界を楽しまれました。

3日間の講習が終わり、お譲様は、当然うまくなりましたが、お母様はとても努力され、海の世界を十分楽しめるようになりました。

ご一緒で来てとても嬉しくなりました。

Cカードの申請手続きをしたり、ログブックを付けたりして、3日間を振り返りました。

また、お母様、お譲様とお会いできる日がとても楽しみになりました。

さて、現在、我が家には4名の大学生が下宿しております。

下宿と言っても長男の友達なのです。

大学生たちは、変わった果物を買ってきました。

「アテモヤ」と言う果物で、私は初めて見ました。

アボガドの食感と似ているのですが、経験した事のない甘さで(甘すぎるという意味ではありません)言葉で表現するのが難しいです。
アテモヤを食べている長男の友達が、頑丈そうに体をしているのでついつい、「腕相撲しよう!」と言ってしまいました。

強そうな人を見るとチャレンジしたくなるのです。

もちろん勝てれば嬉しいですが、自分の体力がどの程度なのか知る良い機会にもなっているので、あちこちで勝負を挑んでしまいます。

ところが、ゴリラの様なこの兄ちゃんと勝負している時に、力が入りすぎてなんとテーブルに穴を開けてしまいました。

「なんで腕相撲でテーブルに穴が開くんだ!」とか、「このテーブルお安物だったんだ!」とか、びっくりしてしまいましたが、奥さんの顔を見る事ができませんでした。

私の奥さんは、何も言いませんでしたが「相変わらず子供みたいな事をして!」という表情が見て取れました。

でも私としては、ジャイアンと呼ばれているゴリラの様な大学生と勝負出来たのは、嬉しかったです。」

もちろん勝負の続きはしませんでした(*^_^*)

ばつが悪くなったので、その後静かにビールを2人で飲んだ1日でした。

本部でDIVING   GO  DIVE!

2014年 3月 26日(水)  
 頑張られたゲスト様に感動した日! 

 海もとてもきれいです。



 オオウミウマが!



 余裕が出てきました!
晴    気温 25度    水温 21度   透視度15~20m

天気は今日も良くて、気温が25度まで上がりました。

明るい日差しに海も透き通ってエメラルドグリーンになっています。
今日も講習が続きます。

お母様は、苦手なスキルが有っても決して諦めようとせず、頑張りました。 

一つ一つスキルが出来るごとに、嬉しそうなお母様です。
本当にうれしそうなので、私もとても嬉しくなりました。 

オオウミウマがいたり、水中は結構楽しめました。

また、カクレクマノミもいて講習を楽しくさせてくれます。
ジュゴンのすきなアマモの生えている所にオオウミウマがいました。

良くここで見かける事が有ります。

クマノミはとても可愛くて、じっと見つめていました。
お譲様は、ここの海の生態系などについての勉強となります。 

お母様は、潜るたびに苦手スキルを克服されました。

自立したダイバーまで、あと一歩です。

シードアーを訪ねて来て頂けとても嬉しくなった1日でした。

本部でDIVING   GO  DIVE!

2014年 3月 25日(火)  
 天気に恵まれました。! 
 海はとてもきれいです。













 色々な生き物が身近にいます。

晴    気温 23度    水温 20度   透視度15~20m

今日から講習が始まりました。

海はとても静かで、足の経つ浅瀬は透き通ってとても気持ちいいです。

海底を覗くとジュゴンのえさになるアマモが沢山はえていました。

お母様は、オープンウォーターダイバーへのアップデートなので限定水域トレーニングから始まります。

 私よりも、ご年輩のお母様ですがとても若々しくずっとお若く見えます。

 とても真剣に、そして一所懸命にスキルにチャレンジされ、私も頑張りました。


その後、交代してお譲様のアドヴァンス講習です。
 PPBでは、ウェイトベルトのウェイトの位置を細かく調整し、水中姿勢が安定するようにします。

 最小限なのウェイトでダイビングできるようになると体の負担が少なくなります。

 又、魚の様に水中でじっとして浮く事が出来れば、立ち泳ぎ状態になる事もなく無駄な体力を使わないで済みます。


身体の大きな男性インストラクターは、きっと肺活量も大きく空気消費量が大きいですが、ダイビング後、小柄な女性ダイバーと空気残圧があまり変わらないのは、男性インストラクターがPPBを実践しているからです。

昼食は、近くのそば屋さんで食べました。

私はいつも、スペシャルと言う三枚肉とトロトロ軟骨とソーキが入ったそばが好物です。

そしてメンタイコ入りのご飯を食べて午後のダイビングに備えました。

午後からもお母様のチャレンジは続きました。

お母様は毎回真剣でとても感動します。
お譲様は、ここの海の生態系などについての勉強となります。 

海も、天気も満足できた1日でした。

本部でDIVING   GO  DIVE!

2014年 3月 24日(月)  
 アドヴァンスコースと、アップデートコースにご参加のゲスト様。

右端は、1964年東京オリンピックフェンシング代表の荒木様。





大学生は、ワイルドです。(瀬底ビーチにて)
晴    気温 23度    

今日も穏やかな天気になりました。

今日は、学科講習です。

お母様は、スクーバダイバーからオープンウォーターダイバーにアップデートされます。

お譲様は、アドヴァンスドオープンウォーターダイバー資格を取得されます。

今の資格は、フィリピンで取得され、時々地元で潜られているダイビング好きの親子のゲスト様です。

お譲様はとてもおきれいな方で「女優さん。」かと、思いました。

お母様は、とても穏やかでいかにも優しい感じのお母様です。

一番右端にいるのが、いつもお付き合いして下さる元東京オリンピックフェンシング代表の荒木様です。

荒木様とは、20年以上のお付き合いをさせて頂いておりますが、いつもダンディーで憧れます。

瀬底島に戻ると、オープンウォーターコースを受講する為に合宿で瀬底に泊っている大学生たちが、日没後も海で遊んでいました。

まさかと思ったのに、水着で泳いで大喜びです。

先程お会いしたお母様と お譲様とは、全く対照的な4人組です。

明日からは、講習で熱気があふれそうな1日でした。

本部でDIVING   GO  DIVE!

2014年 3月 23日(日)  
 天気に恵まれ、ホエールウォッチングも出来た日! 
 オーシャンビーチ北谷の皆様。






今日もサメが居ました。


晴    気温 21度    水温 20度   透視度30m

今日は、連休の最終日です。

久々にシードアー号も10名以上のお客様で賑わっています。

今日は、北谷から、「オーシャンビーチ北谷」と「アークエンジェル」の皆様がシードアー号に来られました。

 さっそく水納島に行きました。

海は意外と静かで、太陽に照らしだされて水納島がとてもきれいです。

 海外のリゾートの様に眩しく見えます。

水納島は周囲3㎞ほどの
小さな島ですが、小中学校が有ります。
小中合わせて、全校生徒が4~5名と言う可愛い学校です。

島の周りのリーフはサンゴで覆われてとてもきれいです。

今日も、サメ穴に行くとサメがいました。

この時期はサメが良く見れます。

その後瀬底島に行きました。

ラビリンスと言う場所は、迷路のように水路が有ったりしてとても面白いです。

狭いトンネルから出る時は少しハラハラらしますが、ハタンポの群れがきらきらしてきれいです。
 3ダイブ目が終わり、港に戻る途中クジラと出会いました。