シードアーのダイビング日記  2013年11月 
(ダイビングの話でない時も有りますが、本部とシードアーの最新情報を・・・)

   今月のページ     トップページ

2013年 11月 30日(土)  
 驚きの透明度の日!

ボートの上から撮った写真です。


クレバスが多く、地形を楽しみました。


 晴   気温21度   水温23.5度  透明度30m

 おとといと昨日が、とっても気温が下がり北寄りの風も強かったので、今日は天気が回復してもあまりいい海は、期待できないと思っていましたが、ボートを走らせると、驚きの海が待っていました。

走るボートから海を見ると海底が透けて見えるのです。

普段は濁ることの多いトウアカクマノミのダイビングポイントでも、海底が透けて漁礁ブロックがボートの上からはっきり見えていました。

まるで水中から撮った写真のように見えるのには、驚きでした。
 この場所では、今年一番の透明度かもしれません。

 先に潜っていくダイバーもはっきり見えて水槽の中を潜っているようです。

 ボートの上から、水中のカマスの群れもはっきりと見えて、まるで水族館状態でした。

2本目は、瀬底の西側に行きました。

思ったよりも波はなく、昨日の荒れた天気が嘘の様でした。

クレバスが多く、一つ一つの筋の中に入って行くのが、どんな生き物と出会えるかとても楽しみになります。

今日は、天気もいいので天井から差し込む光が、シャワーのようでとてもきれいでした。

昨日海がとても荒れたのに、今日は透明度がよくて本当にびっくりした1日でした。

本部でダイビング!   GO  DIVE!

2013年 11月 29日(金)  
 今年も感動の3日間でした!

 最後の海洋実習に向かう生徒達!


   スタッフ全員の集合写真!
 曇   気温17度   水温24度  透明度15m

 いよいよ今日が最終日となりました。

初日の好天を経験した後の昨日の厳しい天候は相当辛かったと思います。

でも生徒達はとても元気で今日も「よろしくお願いしまーす!」
と、大声であいさつを交わしました。

午前8時10分に一番最初のチームが海に入って行きました。

そして、次々と19チームが海に姿を消していきました。

やがて9時10分に最初のチームが海から上がってきました。

そして午前9時30分に最後のグループがエギジットしました。
生徒72名、1人も欠けることなく全員無事にオープンウォーターダイバーの認定を受ける事が出来ました。

皆さん!おめでとうございます。


途中耳抜きがなかなかできなかった人や思わぬ体調不良で苦しんだ人もいましたが、皆さん本当によく頑張りました。
認定手続きが終わり、修了式になりました。

インストラクター代表の挨拶を私がすることになりました。

ひょっとしたら、挨拶が回ってくるかもしれないと思い、話すことを考えていました。

私は、海には一度も入りませんでしたが、生徒一人一人全員をすぐそばで見ていたので色々な出来事が、頭をかすめ用意した文章を忘れてしまいました。

今年も、終わり近くになってひとつまた大事な体験をさせて頂き感謝した1日でした。


本部でダイビング!   GO  DIVE!

2013年 11月 28日(木)  
 生徒もインストラクターも雨にも負けず風にも負けず冬のような寒さにも負けない気持ちを持ち!

2日目は、雨混じりの厳しい天候となりました。


 生徒達は、こんな天気でもとても元気です。
 雨   気温18度   水温24度  透明度15m
  
 今朝は、風と雨の音で目が覚めました。

ビーチの集合時刻が早いので、目覚ましをかけていましたが、目覚ましが全く必要ありませんでした。

外はまだ真っ暗なので、様子が分かりませんが、風の音の強さから風速は10m以上吹いているのが分かりました。

とりあえず支度をしてビーチに向かいますが、車のワイパーを最速にしないと前が見えないほどの雨です。

ビーチに着いたのですが、真っ暗で海の様子が分かりません。

6時40分ごろになって明るくなり、海はそれほど荒れてなくホッとしました。


強い風に時折テントが揺さぶられ「ビクッ!」とする時がありました。

生徒達は「さ・寒い!」と言いながらも「よろしくお願いしまーす。」と、とても元気です。

昼ごろになってやっと雨が止みました。

生徒達が風邪をひかないように長い昼休憩を取り、午後からも1ダイブして今日のメニューを終了しました。

しかし、本当に今日は寒かったです。

防寒対策は、十分してきたつもりだったのですが、1日中ビーチにいたので私は体が冷え切ってしまいました。

それを思うと、生徒達は本当によく頑張ったと思いました。

残すはあと1日、明日はさらに気温が下がる予報ですが、なんとか海が荒れないことを祈った1日でした。


本部でダイビング!   GO  DIVE!

2013年 11月 27日(水)  
 今年で14回目の修学旅行のダイビングスクール!

 午前6時20分 崎本部ビーチに向かう途中。






 ビーチは、生徒たちで一杯になりました。
 晴   気温23度   水温24度  透明度20m
  
 今日から、本土の高等学校のオープンウォーターダイバーコースが始まります。

 毎年恒例で今年で14回目ほどになります。

14年前から参加しているので、「このコースが始まると11月も暮れになったなあ。」という気持ちになります。

 午前6時30分にビーチ集合ですが、まだ外は真っ暗です。
 スタッフチームは、22名にもなります。

 明るくなり出すと、ビーチには72名の生徒のダイビング器材がびっしり並んでいました。

やがて午前8時になり生徒たちがやってきました。
 体育科の生徒達なので、とても元気がよく返事もしっかりしています。

この生徒達を見ていると「日本の未来は明るい!」と、自信を持って言える気がします。

 5年前までは、私も海に入っていましたが、最近はインストラクターの皆様のまとめ役という形になることが多くなりました。

 今日は気温も上がり、海も穏やかで最高のダイビング日和となりました。

明日は海が荒れそうで気温も下がりそうです。

なので今日は、出来るだけ沢山の事を実施しました。

元気な高校生は、初めての海で疲れているはずなのにとても元気に海から上って行きました。

 午後5時、今日1日のすべての仕事が終わりました。

 海に向かってジャンプしているのは、生徒たちではありません。

 最後までビーチに残って片づけをしていたインストラクターたちが海に向かってジャンプしていました。
 今日一日、生徒たちと一緒に頑張ったインストラクター達を見て、なんだかジーンときた1日でした。

本部でダイビング!   GO  DIVE!

2013年 11月 26日(火)  
 瀬底の海ん人様のダイビングスクール。

 学科の時間です。









 MR.ウミンチュウ様
 晴   気温21度   水温24度  透明度20m
  
 昨日の天気は、大荒れでダイビングは中止となりました。

今日からOWコースなので海の状態がとても心配でしたが、とても良い天気になりホッとしました。

今日から瀬底のウミンチュウの方のダイビングスクールです。

普段から海に潜っている方ですが、キチンと講習を受けて安全に潜りたいそうです。

ダイビングの勉強は、本を読むより体で覚えてきたというゲスト様にとって、机の勉強はとても久しぶりのようでした。
ゲスト様は、ウミンチュウなのでご自身のウェットスーツやマスクやフィンもお持ちです。

 海に行くとゲスト様の顔が、輝きだしていました。

 学科の時の眉間のしわも、海では笑顔に変わっています。

見るからに「海が好き。」そして、「ここで自分は育ってきた」という気持ちが伝わってきました。

 海に入ると、自分の家に入るように自然にゲスト様は、海に入って行きました。
 ゲスト様があまりにも自然なのでダイビングスクールをしているのか、ファンダイブなのかわからなくなってきそうです。
そんなゲスト様の目を引いたのがワカヨウジでした。

ゲスト様もたくさん潜ってこられた海の中ですが、このワカヨウジには今まだ気がついたことがなんったそうです。


この時期になるとよく見ることができます。
 海洋実習の1回目が終わり、学科の続きがあります。

ダイブテーブルで、またゲスト様の眉間にしわが見え始めましたが、とても真剣なゲスト様に私も真剣になった1日でした。


本部でダイビング!   GO  DIVE!

2013年 11月 23日(土)  
 今日は、体験ダイビングと水納島のダイビング!

 体験ダイビングのゲスト様の勉強タイムです。


   
    暖かくてマグもウトウト。
 晴   気温21度   水温25度  透明度30m
  
 天気は、とても良くダイビング日和です。

今日は、体験ダイビングのゲスト様がお見えになりました。

まずは、30分ほど学科を受けて頂き、その後ウェットスーツに着替えていよいよ海に行きました。

波もほとんど無く、ビーチから見る海はとてもきれいです。
海に入って、足の立つ浅い所で練習を20分ほどしました。

ときどき足元を小さな魚たちが泳いで行きました。

沖合に出ると、ロクセンテスズメダイやヤマブキベラたち遠慮なく近づいてきます。
【ゲスト様のログデータ】 
潜水地       崎本部
潜行開始時間  10時00分
浮上開始時間  10時53分
潜水時間     53分
最大深度     約5m
透明度       30m以上

見た生物  ロクセンスズメダイ・オヤビッチャ・ハマクマノミ・ヤマブキベラ
        オジサン・ヨメヒメジ・クマノミ・オグロトラギスなど

その頃ボートは、水納島でダイビングをしていました。
今日もハナヒゲウツボを見たり、ウミテングを見たりゲスト様もとても満足された1日でした。


本部でダイビング!   GO  DIVE!

2013年 11月 21日(木)  
 水納島のダイビングも再開!

 思わぬところに居ました。




          
 曇・晴   気温21度   水温25度  透明度25~30m
  
 天気はどんどん穏やかになってきました。

今日は、水納島でダイビングです。

約2週間ぶりの水納島なのでとてもわくわくします。

海に飛び込み周りを見ると、とてもきれいなので嬉しくなりました。

普段いる事のない場所にサメがいたので少しびっくりです。
サメも私を見て驚いたのか私に背を向けてしまいましたが、しばらくするとまた顔を出していました。

瀬底島では、ニシキアナゴが良く見られますが、水納島でもニシキアナゴを見る事が出来ます。

 水納島のニシキアナゴはチンアナゴに混じっています。

 色合いがとてもきれいなので私も大好きなアナゴの一つです。
  岩陰には、アカククリがいました。

ゆったりと海に体を預けるような感じで漂っているようにも見えました。

 しばらく水納島に来ていなかったので、ハナヒゲウツボが居るか心配しましたが、難なく見つける事が出来ました。

 リーフ際には、相変わらずハナゴイの紫色が目立っていました。

フタイロハナゴイやケラマハナダイなども群れて、海の中は華やいで見えます。

 天気にも恵まれて、水納島を楽しんだ1日でした。

本部でダイビング!   GO  DIVE!

2013年 11月 20日(水)  
 瀬底島で2ダイブしました! 

  いつも、背後からしか撮れません!




















  ノコギリダイの群れが目を引きます。
 曇・晴   気温21度   水温25度  透明度25m
  
 海は、日が経つごとに静かになってきました。

昨日は、ボートが出せませんでしたが、今日は瀬底周りのボートダイビングが出来るようになりました。

ジョーフィッシュは、相変わらずあちこちで見る事が出来ます。

しかしいつもカメラに背を向けるのは、習性なのでしょうか。

カメラに背を向けていますが、しっかりとその大きな眼で後ろも見ています。

「頭の形状から、ひょっとしたら巣穴から顔を出す態勢では、後ろを見るにはこの姿勢の方が見えやすいのかな。」と、思ってしまいました。
アカハチハゼがペアで居て、仲良く餌を取っていました。

ただ、ものすごい勢いで地面の砂をほおばり鰓からダンプカーが砂利を落とすように砂をはきだして居る姿にちょっと驚きでした。

よほどお腹がすいているのか、私達がいても全く気にせず、地面に顔を突っ込んでは砂を鰓から吐き出していました。
 水温も台風後一気に24度まで下がった時が有りましたが、今は25度で推移しています。
 ほぼ例年並みの水温に戻りました。

ダイビングが終わりに近づき安全停止をすると、ノコギリダイの群れがすぐそばに居ます。

今更ノコギリダイの写真を撮るつもりは全くないのですが、ここに来ると決まって何枚かシャッターを押してしまいます。

同じような写真が何十枚もあるにもか関わらず、写真を撮ってしまうのです。

まるでここに来ると、ノコギリダイに魔法を掛けられたようです。

結局、今日もノコギリダイを撮ってしまった1日でした。

本部でダイビング!   GO  DIVE!

2013年 11月 19日(火)  
 ボートは欠航になりましたが、ビーチでがっちり潜りました。 

ゲスト様は本当にうれしそうです。



 ビーチでも探せばいるものですね。



   
    魚も沢山いました。
 曇・晴   気温21度   水温25度  透明度15m
  
 昨日天気予報を見て今日はおそらくボートは出せないだろうと思っていましたが、その予想は的中しました。

 そんな訳で今日は、ビーチをしっかり潜ってきました。
 今日は、平日の火曜日にもかかわらず多くのダイビングショップが崎本部のピーチに集まっていました。

 タイミング良く私達がビーチに着いた時、1台分の駐車スペースが空いて
何の苦労もせず車を止める事が出来ました。
  多少波打ち際では、揺れていましたが海の中に入れば全く平気です。

ビーチダイブでも、探せば色々な生き物がいました。

キンチャクガニを見つけた時は、ゲスト様は大喜びで写真を撮られていました。

そして、大きなハマフエフキが
、ゆうゆうと泳いでいました。
 少し離れたところで、黒い塊が膨らんだり萎んだりしていました。

 ゴンズイの幼魚でした。

この塊が海底から浮き上がって泳いでいる時は、UFOの様に見えました。

 1年ぶりというゲスト様ですが、すっかり勘を取り戻されました。

クマノミも4種類見て来ました。