シードアーのダイビング日記  2013年 9月 
(ダイビングの話でない時も有りますが、本部とシードアーの最新情報を・・・)

   今月のページ     トップページ

2013年 9月 30日(月)  
9月最後は、やはり水納島・瀬底島2島ツアーです! 

   水納島の写真を撮るゲスト様!




  
今日もカメと出会いました!
 晴    気温 30度    水温28度   透明度30m  
 
 9月最後の日になりました。

今日も、水納島と瀬底島のダイビングです。

水納島は相変わらず海に浮かぶ宝石の様に輝いて見えます。

海外のリゾートの島の様です。

今日は、オオモンカエルアンコウを見に行きました。

ピンクの海綿に寄り添うようにぴったりとくっついています。

ピンクの海綿にくっついているのは自分の体の色が分かっているからのようです。
 最近、カメとも良く出会いますが、今日もカメと出会いました。

カメと出会える回数が多いのでとても嬉しいです。
午後からは、瀬底島に行きました。

トンネルは細いのですがハタンポが沢山群れてビックリします。

 ライトの明りから逃げるようにハタンポ達が集団で移動するとき、体がキラキラと光とてもきれいです。

トンネルの出口はハートを逆さにしたような形で、通る時に少しコツが要ります。
トンネルを出ると一気に明るくなり、ダイビングが終わり水面に上がったような気分になります。

水納島と瀬底島を潜れてゲスト様もとても喜ばれた1日でした。

本部でダイビング!   GO  DIVE!

2013年 9月 29日(日)  
 皆さん満足された1日!
 今日のゲスト様!







  
私の小指とイロブダイの赤ちゃん(右端)!




    今にも寝そうです!
 晴    気温 30度    水温28度   透明度30m  
 
 今日も水納島でダイビングをしました。

昨日よりも穏やかな感じがします。

ウミテング探しに行ったのですが、私は見つける事が出来ず、ゲスト様が見つけてくださいました。

写真を撮っても分かりにくいウミテングは、完璧な保護色です。

いつもペアでいてとても可愛らしいです。
 沖の根では、ツムブリが集まりホンソメワケベラにクリーニングをしてもらっていました。
ツムブリがクリーニングされるのを見るのはとても珍しいです。

普段泳ぎ去ることの多いツムブリなので近くでなかなかじっと見れることはないのです。

口を大きく開けたり、クリーニングされる時は他の魚たちと全く一緒です。

さらに珍しいのは、イロブダイの本当に小さな赤んちゃんを見つけた事です。

左の写真の指は、私の小指です。

拡大しているので親指のように見えますが小指なのです。

右端に写っているイロブダイの赤ちゃんの大きさも大体分かると思いますが、1センチ程度です。

こんな小さなイロブダイの赤ちゃんを見たのは初めてなのでビックリしました。

そして、今日はカメとも良く出会いしました。

砂をかぶっていました。

そっ~とゲスト様が近づいても、逃げようとしません。

きょろきょろと周りを見回して、じっとしていました。

その後、別の場所でもカメがじっと休んでいて、瞼が閉じて寝ていました。

カメの気持ちよさそうな表情に思わずうっとりした1日でした。

本部でダイビング!   GO  DIVE!

2013年 9月 28日(土)  
 水納島・瀬底島2島ツアーの日! 
   
   久しぶりのハナヒゲウツボ!



時間が止まったかのようにじっとしているアカマツカサ!


 晴    気温 30度    水温28度   透明度30m  
 
 風が少し収まり今日はは水納島に行く事が出来ました。

波は多少ありましたが、ダイビングするには問題が有りませんでした。

しばらく水納島に来ていなかったので、サンゴの色鮮やかさが目にしみます。

 ハナヒゲウツボも顔を出していてなぜかホッとします。

リーフのサンゴは相変わらずきれいです。

今年の春先にオニヒトデが水納島で大量発生しました。

何度か駆除をしましたが、ダイビングシーズンに入り各ショップの皆さんも私も忙しくなり、6月から駆除が出来ていなかったのですが、サンゴがずっと元気でいてたくれてとても安心です。

今年は、台風が少なく海水温が30度まで上がり、本部近辺のサンゴの白化が、テレビで報道されたりしました。
ここにきて台風が発生して海水が撹拌されて水温が下がり始めたので、さらに安心です。

水納島のサンゴはずっとこのまま残ってもらいたいです。

午後からは、瀬底島に行きアカマツカサを見たり洞窟の中をダイビングしたりしまた。

久しぶりに水納島でダイビング出来て、嬉しくなった1日でした。

本部でダイビング!   GO  DIVE!

2013年 9月 26日(木)~27(金)  
本部の海は、沖縄のダイバーの味方でした。

 塩川沖の水中富士。




 
最近ジョーフィッシュ運の無い私でしたが!
 晴    気温 30度    水温28度   透明度20m  
 
 気圧配置が西高東低の冬型の気圧配置になり、強い北東風が吹いています。

 この風の影響でここ数日本島各地のビーチは大荒れの様です。

本部の海は、こんな日が続いてもとりあえずどこかでダイビングが出来ます。

その為かシードアー号にも、多くの県内のショップ様のご利用が続いています。

9/26は、瀬底島と本部側でダイビングしました。

 ツバメウオやヤマトカマスが沢山群れているところが有ります。

 かなりの数なので結構夢中になってしまい事が有ります。
本部の沖には、富士山の様な形をした大きなコブハマサンゴが有ります。

数百年も経っているようです。
9/27は、瀬底島を中心に潜りました。

最近ずっと影を潜めていたジョーフィッシュが、やっと顔を出し始めました。

この辺りにはジョーフィッシュの巣穴は沢山あります。
洞窟に行けば、イセエビがいて相変わらずハタンポの群れがダイバーの行く手をふさぐ感じでものすごい数で群れていました。

波浪注意報が連日発表され、本島の各地でダイビングが出来ない日が続いているのに本部は、ダイビングする事が出来てとても有難く思った1日でした。

本部でダイビング!   GO  DIVE!

2013年 9月 25日(水)  
遠い台風、でも波高し! ビーチボールは浮き具代わりに使わないで! 

 今日は、港に一番乗りでした。















 
海に漂うビーチボール!
 晴    気温 30度    水温28度   透明度20m  
 
 シードアーのボートを利用した下さるダイビングショップ様も、多くおられます。

私が港に着いた時には、北谷や宜野湾から来られるショップ様は、ご集合の時間よりも早く到着されている事が多いです。

シードアー号をご利用頂くショップ様が早く港にご到着されているとも私も少し慌ててしまうのですが、今日は港に一番乗りなので、ゆっくりタンクを降ろしたり準備をする時間が有ります。

今日も、北寄りの風が強く、沖縄本島各地のダイビングに影響が出ているようです。

その為か、遠く那覇からもダイビングショップ様が来られました。

今日は4つのダイビングショップ様にご利用して頂き、船長の私を含め総勢14名と大人数となりました。

沖縄本島の各ビーチで、ダイビングが出来なくても本部なら大丈夫と云う事を皆さんよく御存じなのです。
昨日、ラビリンスだけは静かで「頭がラビリンスで一杯でした。」とブログに書いたようにラビリンスは確かに今日もベタ凪でとても良いコンディションです。

そんなわけで今日もラビリンンス中心のダイブとなりました。

遠くを見ているとビーチボールが流されていきます。

近くのビーチで遊んでいる人が流してしまったのですが、ビーチボールを決して浮き具代わりには使わないでください。

ビーチボールは、浮き輪の様につかまるところがないので、手からするりと抜ける事が多いです。

風が今日みたいに強いと、手からすり抜けたビーチボールは、すぐに流されます。

必死に追いかけて泳ぎ、気が付いたら足が立たなくて、溺れる事が有ります。

浮き輪はその様な心配が有りません。

実際にボートで見かけるのは、ほとんどビーチボールで浮き輪が流されているのはめったに見る事はありません。

ビーチボールを浮き輪代わりに使うのはとても危険です。

沖縄はまだ暑く海水浴シーズンですが、皆様のどうか残された夏を安全にお過ごしください。

水難事故が起こらないようにと願った1日でした。

本部でダイビング!   GO  DIVE!

2013年 9月 24日(火)  
テレビ局の撮影スタッフもやはりプロでした!  頭が「ラビ」・「ラビ」・「ラビ」になった日! 
 テレビ局の撮影スタッフ!










  
ダイバーと交信するスタッフ!
 晴    気温 30度    水温28度   透明度20m  
 
 台風の影響が今日も続き風が強い1日です。

ですが瀬底島のラビリンスは、こんな日も静かです。

相変わらずハタンポの群れが、トンネルから溢れ出ていました。

今日は、午前2ダイブ 午後2ダイブの合計4ダイブでした。

午後からの2ダイブは東京のテレビ局の撮影スタッフが来られました。

撮影の為の、水中マイクと水中ビデオのテストなのです。

静かな場所を希望されたので又ラビリンスにご案内しました。

ラビリンスに行くまでは、波が高いのですが、さすが撮影スタッフの方々は、荒れた環境は慣れているせいか、全く平常心で黙々と仕事をこなしていきます。
ラビリンスに着くと、海はとても静かになり湖の様に静かです。

局の方から頼まれて、水中のダイバーと交信テストを依頼されました。

水中のダイバーの声は、割れて聞き取りにくかったのですが、慣れてくると聞き取れるようになりました。
さて、午後の1ダイブが終わ一旦港に戻り、別行動の撮影スタッフが乗船しました。

行先は又ラビリンスです。

今度は大型の水中ビデオを2台降ろして、撮影のテストを実施しました。

ボートからアンテナを海に降ろして水中のダイバーと会話するのですが、流れが有るのでアンテナもかなり流され水面近くまで浮いています。

ダイバーから「このフルフェースマスクは鼻が痛い!」という声が聞こえてきました。

顔に合っていないいないフルフェースマスクは、時々鼻や顎が痛くなります。

又フルフェースマスクは、浮力が大きいので顔が上に引っ張られて慣れていないと結構大変なのでした。

そんな苦労もありますが、黙々と仕事をこなす撮影スタッフにもプロを感じました。

今日は、3回もラビリンスと港を行き来したので、頭の中がラビリンスでいっぱいになった1日でした。

本部でダイビング!   GO  DIVE!

2013年 9月 23日(月)  
 現役バリバリダイバーととても明るい女性ダイバーのゲスト様!  
  海が大好きなゲストの皆様!


  
初トンネルはとてもドキドキします。


  水納島はサンゴにはとても癒されます。。
 晴    気温 30度    水温28度   透明度30m  
 
 台風が近くにいるので風が少し強いです。

そんな今日は、Cカードを取ったばかりの現役バリバリのゲスト様も来られました。

Cカードを取った後の初ファンダイブにシードアーを選んで頂けるなんてとても嬉しくなります。

 ならばと、私も気合を入れて海に入る時の良い写真を撮って上げようと頑張りました。

・・・が、シャッターを押そうと思った瞬間、後ろにいたゲスト様と「ゴッツン!」と、ぶつかってしまったので、何と「足」だけの写真となってしまいました。

何かの写真展に出せば、これはこれでタイトルをつけると立派な作品になるのではと思うほど、見事な「足」だけの写真でした。

・・・がさすがにゲスト様にはお見せできませんでした。

まあそんな事は忘れて海に入るととても気持ち良い海が待っていてくれました。

私の失敗を忘れさせてくれる本部の海はやはり最高です。
水納島に行けば、さらに透明度がよく、30メートル以上も見えていました。

Cカードを取ってすぐにこんな海に潜るとダイビングにはまってしまうのは当然の様な気がしました。
海の中に入ると時間の感覚もずれてしまい、50分があっという間に過ぎていきます。

現役パリバりダイバーと、とても明るい女性ダイバーの皆様と潜った1日でした。

本部でダイビング!   GO  DIVE!

2013年 9月 22日(日)  
 水納島・瀬底島 2島ツアー! カメラを忘れて文章力で勝負の一日!  
『写真1』
ダイバーの泡がレンズの様になって水面に浮いてくる写真が有ると思って下さい。
 

















『写真3』
真っ白な砂地が続く海底にスカシテンジクダイが無数に群れて小さな泡が舞っているような景色の写真が有ると思って下さい。
 晴    気温 30度    水温28度   透明度30m  
 
 まずい!

カメラを持ってくるのを忘れてしまった。

今頃カメラは、居心地の良いフワフワしたタオルの上で熟睡をしているはず。

ならば、文章力で勝負の一日です。

ボートが走り始めると北寄りの心地よい風が、体に当たり爽やかさと同時に秋の訪れを感じさせます。

そんな今日は、シードアー号には2チーム計15名のダイバーが乗船しました。

ダイビングに慣れている皆さんは、手際良く付きから次へと海に姿を消していきます。

水面に浮いてくるエアーを覗き込むと水中のダイバーがはっきり見えます。

『写真2』
ここには、洞窟の中に入ろうとしている好奇心で目がギラギラしているダイバーの写真が有ると思って下さい。
洞窟に近づくと、光の量も少なくなります。

天井のわずかに隙間から差し込む光が
、スポットライトの様にダイバーを照らしています。

洞窟の中から溢れ出たハタンポが行く手を遮っていますが、私達が進むと一斉に道をあけてくれます。

2本目は水納島に行きました。