シードアーのダイビング日記  2013年 6月 
(ダイビングの話でない時も有りますが、本部とシードアーの最新情報を・・・)

  今月のページ     トップページ

2013年 6月 30日(日)  
 水納島は今日も最高です。! 

 今日も水納島ダイブです。


  やっーーと見ーつけた!


もう何年目か分からなくなったリピーター様
 晴   気温 32度   水温28度  透明度 30m以上 
  
ガンガン照りと言う言葉が、ピッタリの今です。

強い日差しのお陰で海の中は、とても明るく水中に居るとは思えません。

かなりブランクをお持ちの方も来られましたが、水納島の透き通ったそしてとても明るい海に、癒されたのでしようか、2ダイブ目が終わる頃には、「とても余裕がありましした。」と、言って頂けとても嬉しくなりました。
昨日に引き続きサメ穴に行ってみると全く昨日と同じサメの額にコバンザメがくっついていました。

うっとおしくないのかなー?

尻尾の方ならまだ我慢が出来ても、頭にくっつかれると頭に来ないでしょうか
そして嬉しかったのが、ウミテングを見つけられた事です。

実は、近くに引っ込まないヤシャハゼがいて、「こんなに近づいてるのによく引っ込まないよね!」と感心していると、私の右手横にウミテングがいたのです。

ヤシャハゼに視線が集中していたので、手元のウミテングに気が付かなかったのです。

探すと見つからないし、探してない時に見つかるし、何だかこのちぐはぐが私の人生そのもののように思えてきました。
人生を感じた後は、ハダカハオコゼを見に行きました。

結局4個体のハダカハオコゼがいました。

チビちゃんが2匹と成魚が2匹です。

たま4匹が揃って赤いイソバナに乗っている時があります。

 赤いイソバナに白いハダカハオコゼが4匹も乗ると、白い花が咲いている様に見えます。
 今日は、午前2ダイブのゲスト様と午後から2ダイブのゲスト様がお見えになった1日でした

本部でダイビング!   GO  DIVE

2013年 6月 29日(土)  
 水納島でのダイビング再開!! 

 風もやっと弱くなりました。




  サメ穴には、いつも通りいてくれました!
 晴   気温 30度   水温28度  透明度30m 
  
毎日、風の方向と波の高さのチェックで明日の予測を立てていますが、やっと今朝は風が静かになりました。

カーチベエーが強いと、波の音が良く聞こえます。

そんな時は海を見なくても、予想が付いてしまいます。

今日は、波音や風音で起こされる事も無く朝まで熟睡できたので、当然海も静かでした。
三重県から来られている、ダイビングショップ「シレーナ」の大井さんは元は、モトブンチュウで数年前まで本部でダイビングの仕事をされていました。

本部の海を知っているだけに水納島への気持ちも強い訳で、今日水納島に来れてとても嬉しそうです。
強風の後でも、水納島の透明度は30m以上有ります。

この透明度を皆さんに見て頂けて本当に良かったです。

皆さんの口から出てくる言葉も「凄い。」とか「きれいすぎる!」等感激されています。
久しぶりにサメ穴に行くと、サメも普段通りに居てくれました。

ちょんまげの様にコバンザメを額にくっつけています。

ヤシャハゼやチンアンゴも忙しそうに流れに向かって泳いだり餌を取ったりしています。 
 待ちに待った水納島で、3ダイブした1日でした。

本部でダイビング!   GO  DIVE

2013年 6月 28日(金)  
 今日もカーチベーの日が続く (ーー;)! 

 静岡県のお茶畑の上を泳いでいるみたい!



   今日は写真を撮る事が出来ました。
 晴   気温 30度   水温28度  透明度15~20m 
  
、一昨日も昨日も今日も、カーチベエーが続いて、少しうんざりモードのこの頃です。

しかしそうは言っても潜れるだけでも有難いのかもしれません。

私は、昨日も一昨日も、その前もこの場所を潜っていますが、ゲスト様にとっては初めての場所なので、スタッフがテンション下がっていてはいけないので、気持ちを切り替えてダイビングを楽しみました。
カーチベエーのお陰で毎日潜っているこの場所ですが、良く見るとここのサンゴ群の大きさにはびっくりします。

200~300mも天の川の様にサンゴの群落が続いているので、とても見応えがあります。

最近はツバメウオも集まり始めました。

こデバスズメダイの群れは、場所によっては水面を覆い尽くす程います。
 そして今日は、やっと緑のハダカハオコゼの写真を撮る事が出来ました。

緑の葉にまぎれているので、良く見ないと見落としてしまいそうになります。

このハダカハオコゼの様に葉っぱに紛れ擬態しているハダカハオコゼや水納島では、赤いイソバナに乗っているとても目立つハダカハオコゼなどがいたり、この種はとても不思議です。

体形的には擬態が専門の様に見えるのですが、実際の所はどうなのでしようか。

魚に聞かないと分からない話ですが・・・気になりますね。

結局私は3日間同じ場所に来ましたが、それなりに面白かったのが意外な1日でした。

本部でダイビング!   GO  DIVE

2013年 6月 27日(木)  
 今日もカーチベーの日! 
細いトンネルに入って行くのはドキドキします!



  デバスズメダイが乱舞してます。
 晴   気温 30度   水温28度  透明度15~20m 
  
今日も、カーチベーが続いています。

そんな訳でシードアーだけでなく多くのダイビング船も、瀬底島の島影でダイビングをしています。

島影ですが、トンネルも有ったり変化を楽しむ事が出来ます。
綺麗なツバメタナバタウオを見たり、イセエビを見たりしました。

 緑色のハダカハオコゼがいたのをゲスト様が教えてくれました。

この辺りでは緑のハダカハオコゼは珍しいです。
 写真を撮る事が出来ず残念でしたが、ゲスト様はとても喜ばれていたので嬉しくなりました。

サンゴの群生地では、ツバメウオも最近群れを作り始めました。

まだ4~5匹程度の小さな群れですが、思わず見とれてしまいます。

カスミアジも最近は姿を現し始めて、サンゴ礁の小魚に襲いかかっていました。

水温も28度近くなり、スカシテンジクダイも増えてきました。

今日も、カーチベー、が強かったので、無理せダイビングを楽しんだ1日でした。


本部でダイビング!   GO  DIVE

2013年 6月 26日(水)  
 無理せずに良かったと実感した日! 
   ユビエダハマサンゴの群生!




    天候が急変し嵐になりました!
 晴   気温 30度   水温28度  透明度15m 
  
今日も、南西の風が強く波が高くなっています。

水納島に行こうと思いましたが、波が高いので無理せず瀬底島の島影でダイビングを楽しみました。
この南西の風は南夏至風と言って、方言でカーチベーと言います。

梅雨が空けて、梅雨前線が北上すると強い南風が吹きます。

大体1週間ほど続きます。
 今日、この南夏至風の影響で、波高も2~3mと高くなっています。

そんな時でも瀬底の島影ではサンゴの大群落を見る事が出来ます。

辺り一面サンゴだらけで、ニシキテグリも夕方になると時々顔を出します。

お茶畑の様に続くサンゴは、天の川の様です。

3ダイブ目になり、水納島に行こうと思いましたが、やはり波が高いので無理せず瀬底島の陰でダイビングをしました。

すると、天候が急変し雷と共に嵐のように突風が吹いて来ました。

海もみるみる荒れて来ましたが、私達のいる場所は、安全な場所でした。

無理して水納島に渡っていると、更に波が高くなったので帰って来られなかったかもしれません。

「控えめは、最大の防御だなあ。」と改めて実感した1日でした。


本部でダイビング!   GO  DIVE

2013年 6月 25日(火)  
 今日も水納島でのんびり過ごした日! 
       
   自分で見つけられると嬉しいですよね!



    小指と大きさを比べてみました。


   子供たちがあちこちに居ます。。

 晴   気温 30度   水温27度  透明度40m 
  
今日も、眩しい程の日差しの日です。

ピンクのオオモンカエルアンコウがいるのは分かっていましたが、中々自分で見つけられませんでした。

しかし今日、やっと見つける事が出来ました。

こんな時ってとても嬉しいですよね。
ハナヒゲウツボの幼魚は、ずっと1週間以上同じ場所に居てくれます。

まだとても細くストロー位の細さです。

時々、小魚を見ては体をひょろひょろと伸ばしてきます。

でもまだ子供のせいかとても用心深くすぐに引っ込んでいきます。
 ハダカハオコゼの子供もいます。

私の小指と比べてみても分かるように、とても小さいです。

この子供が2匹います。
 海の中は相変わらず抜群の透明度で、遠くのダイバーもはっきり見る事が出来ます。

水が透き通ってるので、水が見えない感じです。

海の中に居るのに少し不思議な感じがします。
 サラサゴンペの子供が赤いイソバナに乗りのこっちをじっと見ていました。

春は、色んな生き物たちの産卵の時期で今は子供たちが孵り、あちこちで見る事が出来ます。

水納島でのんびりダイビングを楽しんだ1日でした


本部でダイビング!   GO  DIVE

2013年 6月 24日(月)  
 瀬底島・水納島2島ツアーの日! 
   久しぶりの成魚です。



    ウミテングが今は見れます。
 晴   気温 30度   水温27度  透明度40m 
  
最近は、水温もぐんぐん上がりとても気持ちいいダイビングが続いています。

透明度も抜群で、毎日のダイビングがとても楽しくなります。

久しぶりにハナヒゲウツボの成魚が顔を出していました。