シードアーのダイビング日記  2013年 5月 
(ダイビングの話でない時も有りますが、本部とシードアーの最新情報を・・・)

   今月のページ     トップページ

2013年 5月 30日(木)  
 水納島の透明度に歓声が上がりました!!

  霧で、何にも見えない朝!




 まるでプールの様な透明度です。




  ピッタリ隙間にはまっていました。


 霧     気温 30度    水温 24度   透明度40m
 
今日は、朝起きると雪景色の様な光景でした。

周りが真っ白で、何も見えません。

霧は次第に深くなり、全て白く包み込んでしまいました。

日が昇れば、霧は消える事が多いのですが、今日はとうとう1日霧の日です。

ボートを出し水納島が近付くと霧はなくなりました。
ゲスト様がボートの上から海を覗くと「うあー、凄すぎる! きれいっー!」と叫ばれました。

確かに今日の水納島は、今までにないくらい透き通っています。

40m離れた根がはっきりと見えています。
透明度も40m以上あり、計りきれません。

海と言うより大きな水槽の中を潜っているようです。

コップの水が透けて見えない様に海の水が見えません。

泳いでいても、空を飛んでいる様な感じです。
今日のゲスト様も「ハナヒゲウツボを見たい。」と、リクエストがあったので、捜しに行きました。

見つかるかどうか、又ドキドキが始まれます。

 「やったアー。居た!」そしてゲスト様に教えようと思ったら、何と引っ込んでしまいました。

「なんで!近づいてもいないのに」とゲスト様と顔が合わせにくくなりました。

しかし、ここには何箇所かいるので気を取り直して、又捜しに行きました。
有難い事に、すぐにもう1匹のハナヒゲウツボを見つける事が出来ました。

時々グルクンの群れが流星群の様に流れて行きます。

イシガキフグが隙間にピッタリはまっていました。

自分の体の大きさに合った隙間は、居心地がいいのでしょうか。

じっとしています。

同じ魚でも、ムンクの「叫び」の様なハナヒゲウツボと、「何事にも動じない。」と言った顔のイシガキフグはとても対照的です。

水納島の抜けるような透明度とサンゴの綺麗さに感動した1日でした。


本部でダイビング!   GO  DIVE!

2013年 5月 29日(水)  
 水納島、水中環境保全活動!!!
  スタッフの集合写真!




30㎝以上ある大きなオニヒトデが沢山いました。


 このサンゴを守らなければ!
 晴    気温 30度    水温 24度   透明度30m以上
 
今日は、本部町ダイビング協会主催の水中環境保全活動の日です。

5/20にも、協会で保全活動をした時は、オニヒトデを200匹駆除しました。

しかしそれでも、あちこちにオニヒトデの食害痕があり、このままではきれいな水納島のサンゴが、全滅する恐れがあるので、再度実施する事になりました。

水納島の南側の浅瀬は綺麗なテーブルサンゴが沢山あります。

ただ浅すぎるのでダイビングでは、利用できませんがスノーケリング等では、十分楽しめます。

このテーブルサンゴがオニヒトデに狙われています。

そして水納島に着いて、海に入るとオニヒトデの食害痕だらけの悲しくなるような光景がありました。

ここは数水納島では目立ったオニヒトデの発生は無かったのですが、今年は異常なほどの大発生をしてます。

今日は、アシビーブルーさん。アクアポポさん。マザーアースさん。ウミテングさん。美ら海ダイバースさん。フィールダイブさん。ダイブナッツさん。そしてシードアーの8ショップで対応しました。

全体的にとても大きなオニヒトデが多く、30センチ以上ある大きなのが142個体も有りました。

全体では、322個体のオニヒトデを駆除しました。

しかしオニヒトデは夜行性なので、昼間見た数の3倍近くが生息している。と言われています。

すると この水域だけで1000匹のオニヒトデがいる事になります。

時々ファンダイビング中に好意でオニヒトデを駆除して下さるゲスト様がおられますが、私達はオニヒトデ出を駆除する時には、オニヒトデの棘も通さない丈夫なグローブを使用しています。

又、万一刺されたスタッフがいた場合は、すぐに刺されたスタッフを介護し、解毒する為の湯を用意していたり緊急対応体制を整えて実施しています。

以前、オニヒトデを駆除された方がアナフィラキシーショックを起こされる事故がありました。

ゲストの皆様は、オニヒトデの駆除はされない様にお願いします。

水深が1~2mの浅瀬にもオニヒトデが多く、ただ波があったので波のもまれながらの作業も有り、とても大変でしたが、水納島のサンゴが復活してきているので、何とかサンゴを守っていきたいと思った1日でした。

本部でダイビング!   GO  DIVE!

2013年 5月 28日(火)  
 いつも先回りしてくれた大石さん、有難う!!!
   
  光のシャワーを浴びました。





  
   見つけてくれて有難うございます!




 あっーー。カメラが曇ってる(ーー;)
 晴    気温 30度    水温 24度   透明度30m以上
 
今日も良い天気です。

日差しがきつく、日陰が恋しくなります。

つい3日前までは、雨続きで日差しが恋しかったのに、今は日陰が恋しくなりました。

日差しが強いので海の中に差し込む光もとてもきれいです。

瀬底島の洞窟では、天井から差し込む光がシャワーの様です。

水納島では、ハナビゲウツボの幼魚と成魚、そしてピンクのカエルアンコウがいるので捜すのに、気合を入れていました。

この3種がいる事は分かっているのに、昨日は見つかっていないのです。

今日、初めてここを潜るゲスト様がおられるので、「何が何でも捜さなければ!」と、意気込んでいました。

世の中には良い人も居るもので、私も海に入り、ハナヒゲウツボの生息水域に入ると、早速見つけて私に教えてくれる人がいました。
那覇のダイビングショップ「R-style」の大石さんです。

お陰で、ハナヒゲウツボの成魚を難なくゲスト様に紹介出来たので、「では次は、ハナヒゲウツボの幼魚を・・・!」と捜していると、又、大石さんが来て「関さんハナヒゲウツボの幼魚は、あっちだよ!」と教えてくれました。

「有難う!」とお礼を言いながらも「きっとハナヒゲウツボ探知機が、販売されていてこっそり持っているのでは!」と思いました。

「最後はカエルアンコウをゲスト様にお見せしなければ・・・!」と捜していると
また、ハナヒゲウツボ探知機を持っている大石さんが、「関さん、カエルアンコウはあっちだよ!」と教えてくれました。

「カエルアンコウ探知機も持っているのか!」と、びっくりしました。

お陰さまで、お見せしたい生き物のフルコースを見て頂けて、感謝でした。
 気温が急に上がったので、水中のあちこちでサーモクラインが発生しています。

水深を深くした時に、水温が急に下がりカメラが何と曇ってしまいました。

そんな時に見つけたのがツノザヤウミウシです。

夏の使者のトウカムリもあちこちに出てきて、いよいよ夏到来です。

海の中は、既に梅雨明けの夏の様になってきた1日でした。


本部でダイビング!   GO  DIVE!

2013年 5月 27日(月)  
 沖縄も夏日の今日!!!

 瀬底大橋から見た今日の海!




  大喜びのダイブナッツのマッちゃん達!



赤いイソバナに3匹の白ハダカハオコゼ!
 晴    気温 28度    水温 24度   透明度30m以上
 
本土は夏日の所も多いようですが、沖縄も今日は夏日になりました。

瀬底大橋から見る海は、夏そのものです。

青い海と白い雲、そして透き通った空が全て揃った沖縄の今日です。

今日は、月曜日なのに土曜日と勘違いしているのではと思うほど、多くのダイバーの方がシードアー号に乗船されました。

夏日効果なのでしょうか?

水納島は、海に浮かぶ宝石の様に輝いて見えます。
何しろ、ダイビングポイントに着くと海底がはっきりと手に取るように、透き通って見えます。

この天気に、本部のダイブナッツさんのマッちゃん達も大喜びです。

 天気がいいので、浅場のサンゴは自然光でも素晴らしい写真が撮れます。

太陽の光に照らされて、サンゴも本来の綺麗な色を見せてくれます。

最近毎日と言っていい程この場所に来ています。
 これって、スカイツリーと同じなのではと思いました。

東京に行ったらスカイツリーが見たいですよね。

同じように、水納島に来たら一度はこの場所に潜ってほしいと思うのです。

今までにな何人のダイバーがここを訪れたか分かりませんが、ここを潜った殆どの方が、サンゴの綺麗さに驚かれています。

何しろ毎日と言っていい程、ここを潜っている私達でさえ、この場所を飽きる事が無いのです。

「綺麗な物は飽きる。」と言う言葉を聞いた事がありますが、この場所だけは当てはまらないように思えます。

何回、潜っても飽きの来ないこの場所を、皆さんにもご紹介したいと思った1日でした。


本部でダイビング!   GO  DIVE!

2013年 5月 26日(日)  
 瀬底島の透明度が、抜群の日!!!

那覇から80キロも離れたシードアに毎回わざわざは来て下さるゲスト様。




  トンネルの中です。



  
  抜群の透明度の瀬底島です。
 晴    気温 26度    水温 24度   透明度30m以上
 
今日は、久々に太陽が出ています。

天気予報は、曇り空で時々雨マークも有りましたが、久々の太陽です。

わざわざ那覇から2時間もかけてゲスト様がお見えになりました。

とても時間に正確な方で、集合時間の8時30分ピッタリにいつも来られます。

たぶんシードアーの手前50m位の所でシードアーに8時30分に着く様に時間調整しているのではと思うほど毎回秒単位の正確さです。

以前まで、鉄道関係の方ではと思っていました。

今日は、瀬底島の地形を楽しんで頂きました。

ですが、ウミウシが多くレモンウミウシやミゾレウミウシ・クロスジリュウグウウミウシ等次々と現れて足が止まってっしまいます。

オラウータンクラブなども居たりして、完全に足止めです。
そして目の前をイソマグロが悠々と泳いで行きました。 

又、今日の瀬底島の透明度は、昨日までと打って変わって抜群に良い状態です。

40m先までも見渡せているようです。

シードアのブログでトンネルを良くご紹介していますが、左写真がトンネル内部です。

ここにイセエビがいたり、ミナミハタがいたりします。

 トンネルの上部が所どころ割れています。

岩の割れ目から光が差し込むと、トンネル内部に光の筋が出来て、映画の1シーンを見ているようです。

細いクレパスの壁面には、タワシウニと言う棘の鋭いウニが着いている場合が有るので、手を壁に着く時は注意が必要です。

私の後ろからついてくるダイバーは、まるで洞窟探検隊の様です。

慣れたルートとはいえ、緊急時に直浮上出来ない環境なので、それなりに注意が必要です。
 瀬底島には、トンネルだけでなくドームの様な場所も有ります。

行き止まりではありますが、垂直に立ちあがった崖は思わず見上げてしまいます。

瀬底島をリクエストされた瀬底島通のゲスト様も喜ばれた1日でした。

本部でダイビング!   GO  DIVE!

2013年 5月 25日(土)  
 ビギナー思いのやさしいベテランダイバーに感謝!!!

水納島は波が高かったですが、瀬底島は湖の様です。

   
   ニシキアナゴが生息しています。



  ツバメウオが沢山います。
 曇・雨    気温 26度    水温 24度   透明度15~20m
 
今日は、昨日より風が弱まったので、水納島に行ってみました。

・・・が水納島に近づくと波が高くなりました。

全員がベテランの方ならば潜れるそうですが、ビギナーの方もおられるので瀬底島に戻りました。

天候のせいで昨日までしばらく瀬底島のダイビングが続いていますが、ベテランの方も快く瀬底島のダイビングを了承して下さり、ベテランの皆さんに感謝です

瀬底島に着くと、水納島の荒れ模様が嘘の様に静かで、皆さんホッとしています。

「安心して潜れる。」と言う気持ちになれる事が大事で、既にストレスから解放されています。

ウミウシは相変わらず多く、色々な種類のウミウシが見れています。
 瀬底島のダイビングが、続いていますがポイントを変えてあちこちで今日はは潜りました。

ニシキアナゴが見られる場所も有ります。

その周りにはヤシャハゼも多く、カメラはのダイバーにとって被写体に困りません。

 その後、トウアカクマノミを見に行きました。

ここには漁礁が海底に有りますが、その周りに沢山のヤマトカマスが群れています。

海の色とカマスの色が同化し分かりにくいので、急に沢山のカマスが目の前に現れてくる感じです。
 ツバメウオが群れる時も多く、今日は30~40匹程のツバメウオが群れを作っていました。

水深が10メートルと浅いのですが、ここでもヤシャハゼを見る事が出来ます。

以前はここでカンパチに囲まれ渦を巻かれた事も有りました。


水納島に行けない日が続いていますが、それでも色々と楽しめた1日でした。

本部でダイビング!   GO  DIVE!

2013年 5月 24日(金)  
大荒れの天気でも、瀬底島で湖の様なダイビング!!
 外海の大荒れが嘘の様です。





  色々なウミウシが見れます。
 曇・雨    気温 26度    水温 24度   透明度15~20m
 
今日は、風が強くなり水納島には行けませんでした。

風速が13mの予報で、朝シードアーから海を見ると、白波が立っていました。

しかし北東の風の時は、瀬底島の西側はべた凪になり、良く潜る場所のラビリンス等は湖の様に静かです。

早速ラビリンスに行くと、イセエビがいました。

トンネルの中では、ミナミハタがいつもお腹を上にして泳いでいます。

ハタンポの群れがライトに照らし出されるとキラキラ光りとてもきれいです。
 細いクレパスの先に有る広場では、最近キンチャクガニを良く見かけます。

シチセンベラの濃い虹の様な模様も印象的です。

 小さな生き物も多くゆっくりと捜していくと、ハナオコゼにも出会います。

 黒と白のブチのハナオコゼも居ます。

 今は、オヤピッチャが岩肌に卵を沢山産み付けて、薄紫色の卵で岩肌が変色しています。
 私達が近付くと、親のオヤピッチャはすぐに逃げてしまい、無防備となった卵は、ヤマブキベラやフエヤッコに食べられてしまうので、近づかないようにしなければいけません。

ウミウシも多く、フジナミウミウシなども見れた1日でした。

本部でダイビング!   GO  DIVE!

2013年 5月 23日(木)  
 やっと見つかったオモンカエルアンコウの巻!!
ダイビングショップ「パレード」のオーナー
深澤氏


  見つかるまでに一週間掛かりました。


もうすぐ、コブシメ達も孵化します。
 曇・雨    気温 26度    水温 24度   透明度30~40m
 
今日は、新潟県のダイビングショップ「パレード」のオーナーの深澤氏がシードアーに遊びに来てくれました。

深澤氏は、写真を見ればお分かり頂ける様に、梅雨を全く感じさせずいつも朗らかで、真夏の太陽の様な方です。

水納島は、サンゴだらけの場所や真っ白な砂地が続く場所等、色々有ります。

海底を見ながら泳いでいると、ヤッコエイが砂の中に潜っていました。

私達が気がついたとは思っていない様で、ひたすらじっとしています。
 そっと静かに大人しく近づけば、1m位まで寄って写真を撮る事が出来ました。

ヤッコエイの目は、こっちを向いたりしているのですが、それでもじっとしているのは「ダイバーに気付かれていない。」と思っているからでしようか。

そして今日は、5/17以来捜し続けていたピンクのオオモンカエルアンコウがとうとう見つかりました。

5/16にジャム2の宮田インストラクターが見つけてから1週間経ちました。

5/17から今日まで、シードアー号には合計43名のダイバーが乗り込み捜し続けていたのですが、やっと今日見つかりました。

ピンクのオオモンカエルアンコウは、1年ぶりくらいなのでとても嬉しかったです。
 
今日の功労賞は、ダイビングショップ「リベルテ」の木村インストラクターです。

彼が探し出しました。 拍手パチパチ!
その後、クジラ岩に移動すると抜群の透明度です。

こんな雨模様の天気なのに、40m以上の透明度があります。

遠くの根まで見えています。
サンゴだらけのこの場所は日は、コブシメの卵も沢山ありました。

コブシメにとってこの場所は、特別な場所の様です。

とっくりの様な形になったイソギンチャクを大きく広げようとしているのかハナビラクマノミが慌ただしく泳いでいました。

抜群の透明度と、一週間ぶりにオオモンカエルアンコウが見つかりホッとした1日でした。

本部でダイビング!   GO  DIVE!

2013年 5月 22日(水)  
 ハナヒゲウツボの幼魚と成魚!!
      
 幼魚は、いつもの場所に戻っていました。


  どんよりした天気でも、水中はとても明るく感じます。
 曇・雨    気温 26度    水温 24度   透明度25~30m
 
どんよりとした天気が続いています。

天気こそ、ぱっとしませんが、波は、殆どなくコンディションは上々です。

最近ハナヒゲウツボの幼魚を見失い、どこに居るか分からなくなっていましたが、今日は成魚・幼魚共に顔を出してくれました。


ボートの上でハナヒゲウツボのブリーフィングして、いよいよ潜りに行ってハナヒゲウツボがいないと私達の眼は、視力3.0位でハナヒゲウツボを捜しています。
ハナヒゲウツボを見つけられなかった時の私達の顔は、とても情けない顔をしているので、決してゲスト様には見られたくないのですが、見つけた時は嬉しくてゴブシメの様な垂れ目になっているはずです。

複数のハナヒゲウツボがいるようなので、じっくり捜すのも面白いです。
沖合では相変わらずグルクンの群れが、流星群の様に通り過ぎて行きます。

こんな天気でも、海底が綺麗な白い砂地なので海の中は、意外と明るく感じます。
 
その後、瀬底島に行きました。

トンネルやアーチがあるので、くぐるのがとても楽しいです。

特にトンネルの中に入る時は、「何が潜んでいるのかな?」と期待感も広がるので、わくわくします。
今日は、午前2ダイブ・午後2ダイブの4ダイブです。

「梅雨の雨や曇りのこんな天気でも、海の好きな人はいるんだなあー!」と感心した1日でした。

本部でダイビング!   GO  DIVE!

2013年 5月 21日(火)  
 船底掃除と、まさかの同窓生との出会い。そしてライブ! 船底掃除の日!
   
   ヘラとタワシを持っていざ海へ!


  
磨いた後のペラは、綺麗で芸術品の様です。





  ここで、同じ高校の先輩に会うとは!



 曇    気温 26度    水温 24度   透明度 6m
 
今日、港に行き乗合に来られるショップ様をお待ちしていましたが、時間になってもお見えにならないので、連絡してみると、私の勘違いで別の日と言う事が分かりました。

きっと今日は、「船底掃除をしなさい。」と、神様が時間をくれたように思いました。

なのでこれ幸いと、船底掃除にかかりました。

潜るたびにシードアー号の船底を見ると、フジツボや藻が生えて「何とか、しなければ!」と気持ちばかりが先行する毎日でした。

こんなに、船底が汚れていると、毛糸のセーターを着て泳ぐようなもので、燃費も良くないしエンジンに負担もかかるし、スピードも出ないし、良い事は一つも無いのです。

ただ、全長15m有るシードア号の船底掃除は、ただ事ではなくとても大変です。

しかし、不思議な物でタンクを背負うと簡単に、ダイビングモードに気持ちが変わり、ヘラとタワシを持ってさっさと海に入って行きまとした。

船首側から掃除をするか、船尾側から掃除をするか、人によって違うと思いますが、私はいつも船首から掃除をしています。

プロペラを見ると白い点の様なフジツボの子供たちが沢山ついています。
 これがエンジンに負荷を掛けています。

プロペラ掃除は、磨くと見違えるように綺麗になりピカピカに戻るので、とてもやりがいがあります。

さて、午前10時から海に潜り、上がって来たのは午後2時です。

途中でタンクを1回交換にボートに上がりましたが、さすがにへとへとでした。

家に戻り遅めの食事を取って、一休みです。

今夜は、「ひやみかちライブ」と言うイベントがあり、私も参加者の一人になっています。
 ショップから5分ほど歩いた所に有る居酒屋で、月一の定期コンサートなのです。

 近所の知り合いと一緒に飲んでいたのですが、出身高校の話になった時に、その人はわたしの7期上の先輩である事が分かりました。
しかし、東京の品川の高校出身者が瀬底島で出会う事など想像もしていなかったのでピックリです。

その後は「先輩おごって!」とか、ここの支払いは「後輩にね!」など暖かな時間が過ぎて行きました。

私も演奏に熱が入り、とても良いライブをさせて頂く事が出来ました。

梅雨空の沖縄ですが、心は晴れ晴れした1日でした。

本部でダイビング!   GO  DIVE!

2013年 5月 20日(月)  
 水納島・瀬底島 2島ツアー!

   作りものを見ている様な鮮やかさ!



 作りものではと思う見事なポーズ!



 曇    気温 26度    水温 24度   透明度 15~30m
 
今日は曇り空です。

海は相変わらず穏やかで、ダイビングには最高です。

シードアーもゲスト様の数も一段落し、いかにもGW明けと言う感じになりました。

今日のゲスト様は、水納島の大ファンです。

リーフのサンゴが、作りものを見ているように綺あまりにも麗なので、いつもこの場所をリクエストされます。

しかし、今年はオニヒトデが異常に多く発生しています。
私は参加できなかったのですが、今日は本部町ダイビング協会のメンバーによるオニヒトデ駆除があり、水納島の南側周辺で200匹ものオニヒトデが確認されました。

協会の皆様、お疲れさまでした。

赤いイソバナに白いハダカハオコゼがチョンと乗っていて、写真を撮るのを待っているようでした。
 午後からは、瀬底島に行きました。

大雨が降ったせいで、少し濁りがありましたが、トンネルやクレパスには、相変わらず多数のアカマツカサが私達を出迎えてくれました。

安全停止するちょうど良い深度にノコギリダイとアカヒメジも群れていて、
写真を撮るのに夢中になっていると3分がすぐ過ぎてしまいます。

梅雨空の今日でしたが、北部の海を下゜スト様が堪能された1日でした。


本部でダイビング!   GO  DIVE!

2013年 5月 19日(日)  
 シニアダイバーの希望の星の伊藤さん!

   73歳でこの元気さ!





 グルクンが流星群の様に過ぎて行きました。



 曇    気温 26度    水温 24度   透明度 15~30m
 
J&Mダイバースのツアーにご参加の伊藤さんは、73歳です。

2007年のブログを振り返ると、この時もご参加されていたように思えます。

その頃から全くお変わりのない元気な伊藤様です。

私よりも15歳も、先輩です。

伊藤さんから見れば、私はまだ若造です。
元気の秘密は、毎晩の晩酌に有るようにしか思えない伊藤さんです。

昨夜も、三線居酒屋ではじけていた伊藤さんは、ストレスなど小指の爪ほども溜めないはじけ方です。

私も調子に乗ってギターを持ってステージではじけてしまいました。
健康なら、73歳でもダイビングが楽しめる私達のお手本の様な方です。

さて、海の中では魚達の群れが沢山見る事が出来ました。

ヨスジフエダイの黄色は海のブルーと調和してとてもきれいに見えます。

テングハギとヨスジフエダイがお互いが「一緒に居ようよ!」と言ってるように一緒に居ます。

グルクンの数も増えて来ました。
 午後からは瀬底島に行きました。

透明度は雨のせいで多少悪いのですが、サンゴがとてもきれいでした。

又期待していなかったのですが、ハナヒゲウツボの幼魚がいました。
水納島では、見る事が出来無かったのでとても喜びました。

J&Mダイバースさんの3日間のツアーも今日で終了です。

親しい友人に会えたり、目標とする人生の先輩ダイバーに会えたり、とても有意義な3日間でした。


本部でダイビング!   GO  DIVE!

2013年 5月 18日(土)  
 J&Mダイバースさん ダイビング!! 

   べた凪の海です。




   遠かったですが、巨大なカメが!




 雨    気温 26度    水温 23度   透明度 25~30m
 
梅雨時期なので雨模様は、当たり前と言う事で今日もしっとりした天気です。

海は昨日よりも穏やかで、波一つありません。

ダイビングポイントに着くと海も透けて海底がはっきりと見えています。

沖の根には、キンギョハナダイが群れてとてもきれいです。

この時期は、孵ったばかりのキンギョハナダイも多く、小さいながらも流れに負けない様に必死に尾びれを振って泳ぐキンギョハナダイの子どもを応援したくなります。
その後クジラ岩でコブシメの産卵を見に行こうと思ってクジラ岩に行ったのですが、コブシメは居ませんでした。

しかし最近クジラ岩には、水納島の主の巨亀が良く姿を現します。

5/14にも巨亀を見ましたが、今日も堂々と泳いでいました。

左の写真は見にくいのですが、甲羅の大きさは1m以上有る大きなアカウミガメです。

前の手と手の長さは2m位あります。
 その後もアオウミガメを見たり、亀と良く出会いました。

3本目は瀬底島に行きました。

3月頃にツノダシの大群が良く姿を現しますが、今日ツノダシの群れと遭遇しました。
3月の大群には及びませんでしたが、ツノダシの群れはとてもきれいです。

 雨模様の天気でしたが、3ダイブして満足出来た1日でした。


本部でダイビング!   GO  DIVE!

2013年 5月 17日(金)  
 神戸からJ&Mダイバースさんが、来られました!! 

 雨ですが、海はとても静かです。




    
   白と赤のお目出度い色合いです。


 雨    気温 26度    水温 23度   透明度 25~30m
 
毎年、お盆に来られる神戸のJ&Mダイバースさんが来られました。

もちろん今年のお盆も来られます。

ボスの大橋さんとは、何年のお付き合いになるか分からないほど長いお付き合いをさせて頂いておりれます。

今日のゲスト様は少しブランクのある方もおられたので、水納島の波の無い穏やかな場所でダイビングの勘を取り戻して頂きました。

雨模様の天気ですが、エントリーして海の中を覗くと遠くまで透き通っています。
昨日よりも透明度が増している様な気がします。

 ボートの錨のロープを使って潜行していくとヤマブキベラやクラカオスズメダイ、オジサン等が集まってきます。

鮮やかな魚達に気を取られ、ブランクだった事を忘れてしまいます。